Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ads

雲中歌~愛を奏でる~

LINE@登録
この記事は書かれてから1年以上が経過しています。
読む際にはご留意下さい。

(追記)
百合役の人がまさか「花千骨」のチャオ・リーインとは。
こっちでは地味なので全然わからなかった。
ちなみに「花千骨(はなせんこつ)~舞い散る運命、永遠の誓い~」は途中で脱落した。

(追記:2019/1/28)
第45話最終回までみました。
最終話は霍成君がメインみたいな構成でしたね。
霍家の末路は史実に基づいてますし、幼い皇太子が優しすぎるというのも、後に元帝として儒教に傾倒して国を傾ける未来を暗示しています。

ラストシーンは予想外のなかなか印象深い終わらせ方で心に染みます。見る人によって自由に解釈できますね。

ドラマ全体としては前中盤、テンポが遅く感じた事もありましたが、その分各キャラクターを繊細に描けたのでその事が終盤の感動に繋がった事を思えば意味があったなと思います。いいドラマでした。

(追記:2019/1/21)
第41話までみました。
今回は感動回でした。
やっと孟珏が砂漠であった少年だということを告白。
このドラマ、色々紆余曲折がありましたが無駄に思えた長さが最後になって効いてきました。
まだ4話残ってますがいいドラマだと思います。

(追記:2019/1/19)
第40話までみました。
劉病已(劉詢)の子が孔子を学ぶシーンなんかは、劉奭(後の元帝)が儒教に傾倒してしまうという史実を暗示していますね。

ドゥ・チュンは「傾城の雪」「水滸伝」「隋唐演義」と見てきましたが、どれも抑制された落ち着いた演技で派手さはないですがいいですね。

(追記:2019/1/13)
第36話までみました。
それにしてもこのドラマ中盤までゆっくりのんびり穏やかな進行だったのにここに来て目まぐるしい展開。
劉賀役の俳優さんはなかなか良かったです。霍成君を演じる女優さんも素晴らしいですね。

史実通り劉賀は即位したものの速攻で廃されました。
霍光、その夫人の顕、娘の霍成君、劉病已→劉詢(宣帝)、許平君、昭帝、上官皇太后までが実在の人物でメインの雲歌と孟珏が架空の人物というよく考えたら不思議な構成ですよね。通常はメインが実在する人物で主筋に関係のない脇役が架空という方が多いと思うのですが。

(追記:2019/1/8)
第34話までみました。
どこかで見た顔・・・と思ったら「ハンシュク」の恋人役の人登場。制作室が同じだと音楽も役者も大体共通してますね。

それにしても雪だるまを作った直後に死ぬとか「宮廷の泪・山河の恋」のドルゴンが死ぬ流れと同じですね。

ところでこのドラマ前半かなりゆったりとした進行だったのですが、今思えば時間を掛けて各キャラクターの描写を丁寧にやり、関係性も視聴者に深く印象付けてきたのでこの終盤の怒涛の展開により説得力とか共感を生んでるような気がします。

(追記:2019/1/4)
第31話までみました。
今回も良かったです。
百合さんの自己犠牲も感動ものですが昭帝の雲歌の行く末を思いやる気持ちにも胸を打たれます。
中盤以降盛り上げ方がダイナミックになってきました。
この前も書きましたが「ハンシュク」の使い回しのBGMが色んなシーンにマッチする万能さで凄い!

ところで于安は良いですね。こんな部下がいたらいいなって思います。

(追記:2019/1/2)
第30話までみました。
29話は感動回でした。なんかやっとこのドラマ見続けて良かったと思えたエピソードでした。
相手の事を思うが余り敢えて冷たくするのはよくある事ですがなかなか憎い演出です。

フィクションの恋模様はさておき、史実では昭帝の死後、霍光が劉賀を擁立するもすぐに廃立し、その後に劉病已が宣帝として即位するので、その流れに沿うようにドラマも進行してます。今回は霍光が劉賀と劉病已を取り込もうとしてるのでこの辺りも見どころですね。毒殺については独自解釈でしょうけど。

(追記:2018/12/30)
第28話までみました。
BGMの一部が「ハンシュク」の使い回しですね。映像が華やかで花が多用されてるところも似てますし、作風も近いです。

ですが、「ハンシュク」の方がテンポも強弱の付け方も完全に上。あちらが陥れられる~解決~陥れられる~解決といいリズムでサクサク進むのに対してこちらは完全に中だるみ。大した陰謀もなくウジウジ悩む男女4人の恋模様を垂れ流してるだけ。

于正作品の中ではちょっと出来が悪いですね。

(追記:2018/12/24)
第24話までみました。
アンジェラ・ベイビーはTwitterのフォロワー数が初めて1億人を越えた人だそうです。
凄いですね~

23話で雲歌と戦った異民族の女性ですが「隋唐演義」にも出ていて凄く美人で気になっていたのですがやっと名前がわかりました。曲尼次仁(チュイニー‧ツェリン)さんという人らしいです。漢字だけ見ても日本人には男か女かすら判別付きかねますね。

さて話の方ですが相変わらず霍家一同が皆にとっての敵な訳ですが、間抜け揃いなのでさほど驚異にもなりません。
この辺の陰謀より可愛そうな皇后と報われぬ孟珏に同情してしまいます。

于正さんの作品は映像見たらすぐにわかるようになりましたが、今作もバランス感覚が抜群です。軽すぎず重すぎず。他のプロデューサーも見習うべきですね。ドラマ作りのお手本みたいなものです。「傾城の雪」よりは軽くて「ハンシュク」と同じくらいのシリアスさ加減ですかね。

(追記:2018/12/19)
第21話までみました。
この辺りから割と史実を織り込んできてますね。
許平君と劉病已の間に生まれた子に昭帝が劉奭と名付ける。
史実では昭帝の死後、霍光が劉賀を擁立するもののすぐに廃立。
その後を劉病已が宣帝として即位。その息子劉奭こそ後の元帝である。

同じ時期を描いた「クィーンズ 長安、後宮の乱」を並行して見てるので歴史の勉強になります。

ところで劉病已が論語を学んでいるのを昭帝が見つけて質問するシーンがありましたが、息子の劉奭が儒教に傾倒し過ぎて国を傾けるのを暗に予言しているようで非常にいいカットでした。

(追記:2018/12/16)
第20話までみました。
于正さんの作品は全て映像が華やかで美しいので見てるだけで癒やされます。
本作もアンジェラベイビーは美しいですし、霍成君役の楊蓉(ヤン・ロン)さんも好きです。

ところがストーリー自体は同じ于正作品の「傾城の雪」「ハンシュク」と比べるとテンポも悪いし、内容も良くない。今回も于安が取った行動はちょっと愚か過ぎてこれまで割と冷静沈着だった彼の判断とは思えない。あくまでも話を展開するための無理やりなこじつけに感じる。

あと主人公が記憶喪失を装ってる理由もちょっと納得し難いし、割と早めにバラしてしまうのもなんか勿体無い。
脚本と演出の双方で不味い点が多すぎて、なんかドキドキもしないしどこに面白さがあるのかわからない。
あとルー・イー(陸毅)の演技もパッとしない。諸葛亮の時は良かったのに。

そもそもこの作品はシリーズ前作の「風中の縁」と比べて酷評されたそうなのであまり期待はできないか・・

(追記:2018/12/10)
第18話までみました。
主要キャストの多くがおなじみの顔ぶれ。
しかもBGMもどこかで聞いたことあるなと思ったら「ハンシュク~皇帝の女傅」の使い回し。

アンジェラベイビーの世話してる侍女は「ハンシュク~皇帝の女傅」で公主役だった子ですね。

許平君は「秀麗伝~美しき賢后と帝の紡ぐ愛」に出てた人ですし、大司馬霍光役の寇振海はそれこそこの手の中国時代劇では欠かせない存在。「隋唐演義」にも出てました。

皇后役の毛曉彤(マオ・シャオトン)は「天龍八部」に出てたのはすぐにわかったのですが、「宮廷の諍い女」にも出てたそうで調べたら瑛貴人役だそうです。なんか子犬系と言われてて可愛いですね。

皇帝は「三国志Three Kingdoms」の諸葛亮だし、杜淳はそれこそ「水滸伝」「隋唐演義」「傾城の雪」と出まくりでもうすっかりお馴染みの人です。

まあ于正さんの作品だから有名どころばかり揃えてキャストの面でも脚本の点でも安心して見れます。

さてせっかく雲歌も相手の事を認識できたのにまさかの記憶喪失に。
次から次へとハラハラさせる展開は流石です。
あと画面がどこで一時停止させても絵になるところは「ハンシュク~皇帝の女傅」と同じですね。

(追記:2017/12/24)
第16話までみました。
やっと昭帝が百合=雲歌と認識できました。
長かった~
でも自分の正体は百合に明かさず、雲歌と知ってるという事も隠します。
朦朧としながら雲歌が他に好きな人がいるという譫言を聞いてショックを受ける昭帝。

霍光の息子は揃って馬鹿揃いですな。
ここまで昭帝が一人悶々と苦しんでいたのが孟珏が苦しみ番のようです。

(追記:2017/12/24)
第15話までみました。
ジリジリさせる展開。
ついに昭帝が天才料理人=雲歌というところまでわかってとうとう本人にまで会ってるのに百合という名医の弟子だと思いこんでるというあと一歩という状態。

孟珏はみんなを敵に回す事態になってきてます。

(追記:2017/12/22)
第13話までみました。
それにしても脚本が素晴らしいですね。

孟珏にはどうも卑怯な感じが否めません。
ずっと昭帝から雲歌の存在を隠し通そうとしてる訳ですからね。

アンジェラベイビーは若い頃の柴咲コウに似てる気がする。

(追記:2017/12/22)
第12話までみました。
前半の山場ですかね。
皇帝の許しも得ず勝手に兵を動かしてお互いを殺そうとする霍光と上官桀。
昭帝は無力なんですね。

孟珏の配下のくノ一みたいな人は一月とか四月とか七月とか風流な名前ですね。「琅琊榜」の夏冬を思い出します。

主君がNo2を恐れる理由がよくわかります。
中国史を振り返ると有能な宰相や将軍が数多く粛清されてます。
そうしないと自分の地位はおろか命も危ないですからね。

(追記:2017/12/22)
第11話までみました。
それにしても毎回事件が起きて飽きさせないのは流石です。
映像も綺麗ですしね~どこでも止めても絵になります。

話の方は登場人物が多くて利害関係が複雑に絡み合うのでなかなか全部を把握するのは大変です。
皇帝の他に王が3人、将軍が2人、これらがお互いを追い落とそうと企んでそれに雲歌、孟珏、劉病已らが絡んできます。

一旦見だすと本当に止まらなくなりますね。

(追記:2017/12/20)
第7話までみました。
やっと諸葛亮・・・じゃなくて昭帝と雲歌が直接接触しました。
但しお互いの正体を知らないまま。
孟珏に関してはあの砂漠の時のもう一人の男の子なのはわかりましたがまだ詳細は不明です。
霍光の娘の霍成君はタイプです。
全員がお互いの本当の素性を知るまであとどれ位掛かるんでしょうかね?

(追記:2017/12/20)
第5話までみました。
いや~面白いです!
これ「宮廷女官 若曦(ジャクギ)」と同じ原作者なんですね。
それと衛子夫の孫も絡んでますから歴史的陰謀劇としての側面もありますし。

「隋唐演義」で李淵を演じていたおっちゃんが霍光ですね。

「傾城の雪」でヒロインの友人役だった人とか于正ファミリーがぞろぞろ登場です。

霍光の娘が孟珏と絡んで、その結果劉病已の持っていた玉佩に気づくというところまで話が急激に進んでいます。
登場人物の増え方も半端なくてこの辺の展開の仕方が「傾城の雪」とやはり似てます。

孟珏の正体が少しずつ明かされてきましたがまだ全体の構図を掴むまでには至らず続きが気になります。

(追記:2017/12/19)
第3話までみました。
ドゥ・チュン登場。
彼の顔は「水滸伝」「隋唐演義」「傾城の雪」ですっかりお馴染みですが、「主人公のヒロインに他に好きな男性がいるのを知りながらそれを見守る」というシチュエーションは同じ于正プロデュースの「傾城の雪」と同じですね。

雲歌は子供の頃に再開を誓った劉弗陵が持っていた玉佩を何故か持っていた赤の他人の男を本人だと思い込む。
ここから運命の悪戯が始まる訳です。

それにしても于正作品と言うことで脇役もどこかで見た顔が多いです。
昭帝と雲歌のニアミスもあってこれからどうなっていくのか・・

****

安定の于正プロデュース作品ということで見る事にしました。
漢の武帝が死に昭帝へと代替わりする激動の時代が舞台。

最初は幼い頃の昭帝が母と兄と別れるシーンがあり、その後は謎の砂漠でのファンタジックな一幕。
時代劇や歴史ドラマというより、ファンタジーラブロマンスみたいな感じですかね。
第1話は子供が主役で2話の途中でやっと成人になったアンジェラベイビーと昭帝役のルー・イーが登場。
ルー・イーは「三国志Three Kingdoms」で諸葛亮を演じてましたが全然雰囲気が違うのでまだ同一人物だと信じられません。

それにしても于正作品は掴みが上手いですね。
あっと言う間に物語の世界に入り込んでしまいました。

まだ2話までですがこの後も随時追記していきます。

関連記事
スポンサーリンク
ads

シェアする

スポンサーリンク
ads