Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ads

雲中歌~愛を奏でる~

LINE@登録
この記事は書かれてから1年以上が経過しています。
読む際にはご留意下さい。

(追記)
百合役の人がまさか「花千骨」のチャオ・リーインとは。
こっちでは地味なので全然わからなかった。
ちなみに「花千骨(はなせんこつ)~舞い散る運命、永遠の誓い~」は途中で脱落した。

(追記:2019/1/28)
第45話最終回までみました。
最終話は霍成君がメインみたいな構成でしたね。
霍家の末路は史実に基づいてますし、幼い皇太子が優しすぎるというのも、後に元帝として儒教に傾倒して国を傾ける未来を暗示しています。

ラストシーンは予想外のなかなか印象深い終わらせ方で心に染みます。見る人によって自由に解釈できますね。

ドラマ全体としては前中盤、テンポが遅く感じた事もありましたが、その分各キャラクターを繊細に描けたのでその事が終盤の感動に繋がった事を思えば意味があったなと思います。いいドラマでした。

(追記:2019/1/21)
第41話までみました。
今回は感動回でした。
やっと孟珏が砂漠であった少年だということを告白。
このドラマ、色々紆余曲折がありましたが無駄に思えた長さが最後になって効いてきました。
まだ4話残ってますがいいドラマだと思います。

関連記事
スポンサーリンク
ads

シェアする

スポンサーリンク
ads