名家の妻たち

(追記18)
第48話最終回まで見ました。
まあ、それにしても最初から最後まで胸クソ悪い話でした(笑)。

最後の2話の悪徳官兵乱入以降はもう最後の処理に困ってヤケクソになって取って付けたような終わらせ方でしたね。確かに盗賊を早い段階で登場させたのはこの為の伏線だったのかもしれませんが、中国ドラマ特有の「序盤のんびりダラダラ、終盤駆け足詰め込み」パターンそのものに思えます。

ラストシーンも意味不明で作った側は綺麗にまとめたつもりなんでしょうけど、ちっとも感動できません。

中盤以降想像していた勧善懲悪のエンディングとは全く違う、ある意味斜め上の「とりあえずまとめて皆殺し」という度肝を抜く展開で確かに意外ではありましたが、こういうのを見るために我慢してここまで見た訳じゃないんですけどねえ。

全体を振り返ると確かに「胸糞悪いけど面白い」ドラマではありました。ストーリー自体はかなり凝ってはいましたが、その分、粗も目立ちました。

しかしこのドラマが秀逸なのは脚本じゃなくてキャストの演技ですね。
特に大奥様、青木さやか似の正妻馥芳、第二夫人梅香、第六夫人碧荷。
この4人は本当に素晴らしかったです。最初の3人はベテランだと思うので巧いのも納得ですが、碧荷役の人は若いのにこんな難しい役どころをこなして凄いなあと思いました。

色々文句も書きましたが総じていつも次回が楽しみになるレベルの高いドラマでした。

(追記17)
第45話まで見ました。
残り数話になって、これまで極悪非道の限りを尽くしてきた馥芳が乙女になって、初めの頃は良い人だった梅香がエキセントリックな悪キャラになりきってしまい、なんか立ち位置が完全に入れ替わっています。でも急に馥芳が弱気になり過ぎているのはちょっと違和感があります。

最初から一貫して変わらないのは大奥様の策略の巧さくらい。

このドラマ、そもそも乾笙が優柔不断でなくもっと毅然として対応をしていたら全く問題など起こっていなかった訳でその都度、応急措置しかしてこなかった彼が一番悪い。

それにしても梅香役の人の演技が本当に凄い。もうそれだけを楽しみに見てるようなものです。

(追記16)
第44話まで見ました。
登場人物の中で一番の悪人は誰かというとやはり大奥様なのではないでしょうか?
馥芳がいくら悪いと言っても大奥様と比べると小物です。
この辺の中ボス~ラスボス設定なんかも「宮廷の諍い女」の華妃が中ボス、皇后がラスボスというのを踏襲していますね。

固定ページ: 1 2 3 4 5

コピーはできません。