名家の妻たち

00-5-中国時代劇・歴史ドラマ事典

(追記18)
第48話最終回まで見ました。
まあ、それにしても最初から最後まで胸クソ悪い話でした(笑)。

最後の2話の悪徳官兵乱入以降はもう最後の処理に困ってヤケクソになって取って付けたような終わらせ方でしたね。確かに盗賊を早い段階で登場させたのはこの為の伏線だったのかもしれませんが、中国ドラマ特有の「序盤のんびりダラダラ、終盤駆け足詰め込み」パターンそのものに思えます。

ラストシーンも意味不明で作った側は綺麗にまとめたつもりなんでしょうけど、ちっとも感動できません。

中盤以降想像していた勧善懲悪のエンディングとは全く違う、ある意味斜め上の「とりあえずまとめて皆殺し」という度肝を抜く展開で確かに意外ではありましたが、こういうのを見るために我慢してここまで見た訳じゃないんですけどねえ。

全体を振り返ると確かに「胸糞悪いけど面白い」ドラマではありました。ストーリー自体はかなり凝ってはいましたが、その分、粗も目立ちました。

しかしこのドラマが秀逸なのは脚本じゃなくてキャストの演技ですね。
特に大奥様、青木さやか似の正妻馥芳、第二夫人梅香、第六夫人碧荷。
この4人は本当に素晴らしかったです。最初の3人はベテランだと思うので巧いのも納得ですが、碧荷役の人は若いのにこんな難しい役どころをこなして凄いなあと思いました。

色々文句も書きましたが総じていつも次回が楽しみになるレベルの高いドラマでした。

(追記17)
第45話まで見ました。
残り数話になって、これまで極悪非道の限りを尽くしてきた馥芳が乙女になって、初めの頃は良い人だった梅香がエキセントリックな悪キャラになりきってしまい、なんか立ち位置が完全に入れ替わっています。でも急に馥芳が弱気になり過ぎているのはちょっと違和感があります。

最初から一貫して変わらないのは大奥様の策略の巧さくらい。

このドラマ、そもそも乾笙が優柔不断でなくもっと毅然として対応をしていたら全く問題など起こっていなかった訳でその都度、応急措置しかしてこなかった彼が一番悪い。

それにしても梅香役の人の演技が本当に凄い。もうそれだけを楽しみに見てるようなものです。

(追記16)
第44話まで見ました。
登場人物の中で一番の悪人は誰かというとやはり大奥様なのではないでしょうか?
馥芳がいくら悪いと言っても大奥様と比べると小物です。
この辺の中ボス~ラスボス設定なんかも「宮廷の諍い女」の華妃が中ボス、皇后がラスボスというのを踏襲していますね。

それにしても胸くそ悪い話を50話近くも見続けされるのは非常にキツイ(笑)。

「秘密Aを知ってる人物は〇〇と△△、秘密Bを知ってる人物は◻◻と▽▽」という構成がこのドラマの一番面白いところです。

(追記15)
第42話まで見ました。
41-42話とついにクライマックスに。まだ6話もあるのに全部ネタバレして大丈夫なのと心配になりましたが、まだ全員が知らない事実が少し残ってる(これまで妊娠しなかった馥芳が何故急に身ごもったか?など)のと新たに加わった馥芳と乾楓の関係などで引っ張って行くんでしょうか?

馥芳のこれまで行ってきた悪行はほぼ明るみに出ましたが、采薇の父親が馬社長に殺された件や梅香の子供が死んだ件はまだ残ってるのでこの辺りがこれからの焦点ですね。

それにしても大奥様と馬社長は悪賢いですね。

あと、采薇と乾笙が涙ながらにお互いにこれまでの事を謝罪して抱き合うシーンは「鹿鼎記 ロイヤルトランプ」における公主と韋小宝と同一人物は信じられません。

大量に伏線を巻き散らかして、最終盤で回収に掛かる脚本と何よりも俳優陣、特に女優陣の卓越した演技力が素晴らしい作品にしてると思います。馥芳、梅香は極端な表情でわかりやすい上手さですが、碧荷役なんかはかなり難しい表現を求められてるのでこの女優さん若いのになかなか凄いなと思います。

(追記14)
第40話まで見ました。
基本的には同じことの繰り返しで飽き飽きするんですが、梅香と采薇の仲違いや馥芳の悪事をこれまで全て担ってきた侍女の景蘭が死んだ事でちょっとだけ進展した気がします。

そもそも48話にするほどのドラマではないと思うし、同じパターンの繰り返しで時間の無駄とは思いつつ、女優陣の演技力の素晴らしさで持ちこたえてるようなものですね。

大奥様、馥芳、梅香、采薇、碧荷に侍女は若いのからおばちゃんまで演技が凄く良いです。
特に今回は梅香役の人が怪演でしたね。美人なのに表情筋を極限まで動かして恐ろしい位の顔芸でした。

(追記13)
第28話まで見ました。
「実はあの時の〇〇はこういう作戦でした」と回想シーンやら説明的な会話を挿入するのは演出方法としては一番安直で良いとは思えません。

流産と父の死以降は采薇も戦略的になって正妻との騙し合いになってきてますが、どうもご都合主義ぽくってスマートとは言えない展開です。

馬一族が白家にとっての敵ですね。

(追記12)
第22話まで見ました。
采薇の作戦がドンピシャにハマりすぎてちょっと出来過ぎな感じもしますが・・
青木さやかが第六夫人(碧荷)に対抗する為に采薇の禁足を解くように大奥様に進言するというのもちょっとご都合主義ですね。

でもパターン化を防ぐために合従連衡を繰り返すのは脚本上仕方ないですね。

(追記11)
第20話まで見ました。
非常に面白いです。
この作品、「宮廷の諍い女」の時代設定を変えたような感じで最初はやられっぱなしのヒロインが途中から復讐の鬼になるという流れも同じです。采薇は子供を失い自らも死にそうになってやっとこれまでの自分が甘かったと反省します。

正妻&第三夫人、大奥様+第二夫人+第六夫人連合と各々の利益の為に派閥を組んでます。
采薇は禁足処分の上に正妻が送り込んだ使用人の為にまたもや酷い目に遭いますが流石に今度はすぐに反撃に出ます。

それにしても正妻が青木さやかにしか見えません。「傾城の雪」の杭景珍並みに悪魔ですが、こちらは大奥様も大概悪人なのとその二人が対立してるところが面白さの元となっております。

(追記10)
第18話まで見ました。
盛り上がって参りました。
17話は非常に胸糞悪い話だったんですが、この作品の素晴らしい所は正義VS悪という単純構図ではなく複雑な利害関係が入り乱れてるところです。

まあ采薇は随分前から、碧荷に気をつけろと第二夫人にも注意されて自分でも薄々気がついてたはずなのにいつまでも側に置いてるから自業自得とも言えます。乾笙も間抜けですがこの二人に関してはストーリーの展開上賢すぎると面白くないのでちょっと抜けてるのは仕方がない。

あと演出も素晴らしいですね。大奥様が第二夫人にも家の切り盛りを分担させると言った瞬間に普通なら正妻の顔のアップにするところを手をギュッと握りしめるところを映すとかなかなか洒落てます。

正妻がとことん采薇を攻撃続けるだけでしたら視聴者もウンザリすると思いますが、そこに大奥様と第二夫人を上手く絡める事で決して一強体制にはならず次の展開が読みづらく非常にワクワクします。

(追記9)
第15話まで見ました。
正妻の陰謀によって密会していたように偽装されて陥れられた乾楓と采薇。
当然采薇は全否定しますが、乾楓はこれを逆手にとって密会を敢えて否定せず采薇を自分のものにしようと画策。
なかなか複雑な展開でよくできています。

それにしても碧荷が内通者だといい加減気づけよと思います。どんなに鈍感でも流石にこれだけ続けば気づくだろうに。この辺はご都合主義のような気もしますね。

(追記8)
第13話まで見ました。
起こる事件がバリエーションに富んでいて飽きないですね~。
単なる正妻の側室いじめだけでは長い話数持たせられないですもんね。

スパイをスパイするという二重構造がワクワクします。
特に今作は正義(第五夫人采薇、乾笙)VS悪(大奥様、正妻、第三夫人、碧荷、馬家)という単純な図式ではなく、いい人なんだけど采薇への思いを断ち切れない長男乾楓や正妻への復讐心から采薇の味方をして利用しようとする第二夫人がストーリーを複雑化させてワクワクさせてくれます。内通者が何人もいてまるで「24」みたいです。

(追記7)
そう言えばこの作品で一番優しい第四夫人役の人、なんと「天龍八部〈新版〉」の天山童姥をやってた人と知ってビックリ!真逆のキャラじゃないですか?いや~中国の女優さんの芸達者度は凄いです!

(追記6)
第9話まで見ました。
家の中だけではワンパターンになるので舞台を変えてメリハリが付いていいですね。
ハン・ドンとロウ・イーシャオのラブシーンですがお互い「鹿鼎記 ロイヤルトランプ」と真逆な役どころなので笑っちゃったりしないんでしょうか?それにしてもこの二人は芸達者ですね。

物語の方はやはり馬家が黒幕だと乾笙もお見通しみたいです。
こんな酷い目に遭いながらも関係を切れないというのはちょっとおかしい気もしますが。

(追記5)
第7話まで見ました。
「鹿鼎記 ロイヤルトランプ」でコミカルな役どころだった韋小宝と公主がシリアスな感じなので不思議な感覚に囚われます。「名家の妻たち」の方で先に婁芸瀟(ロウ・イーシャオ)を見たのであまりいい印象はなかったのですが「鹿鼎記 ロイヤルトランプ」で好印象だったので本作でもこの後期待してます。

さて、第二夫人は正妻の侍女に赤ん坊を殺されたんですね。侍女には復讐できましたが肝心の正妻青木さやかを倒すのは大変です。その青木さやかの父親は白家の畑に害虫をばら撒くという妨害工作。もう一家全員下衆の極みです。

(追記4)
第6話まで見ました。
やっと面白くなってきました。
今までは正妻と大奥様が采薇をいびり倒すだけの胸くそ悪い展開でしたが、今回は第三夫人が采薇を狙って毒蛇を放す。それを見た第二夫人が正妻の侍女の手巾を犯行現場に落としておく。結局正妻の差金と疑われる展開に。

ここまでやりたい放題で調子に乗っていた正妻。大奥様と正妻は一枚岩だと思ってましたがどうも大奥様は正妻が力を持ちすぎるのを警戒しているみたいです。

そして第二夫人は第三夫人を葬り去る方が簡単なのに敢えて第三夫人の悪行を正妻のせいにするという高度な技を繰り出します。この辺が第二夫人の頭のいいところですね。第三夫人は馬鹿だからいつでも消すことができる。でも正妻は手強いのでこちらを先に倒したいと。

ここまで我慢して見てきて良かったです。
こういう複雑な権力闘争なら見応えがありそうです。

(追記3)
第5話まで見ました。

ドラマについて語る掲示板では正妻は青木さやかと呼ばれてました。
この正妻が極悪人で、大奥様は冷酷非情です。こちらはミヤコ蝶々似ですね。
采薇役の婁芸瀟(ロウ・イーシャオ)はこういうイジメに耐える役より、「鹿鼎記 ロイヤルトランプ」での公主役のような明るい三枚目キャラの方が合ってますね。こういう不幸な役は幸薄い系のチャン・モン(張檬)さんの方がピッタリだったと思います。

それにしても毎回毎回執拗に攻撃されてウンザリしますね。
極悪度では正妻>大奥様>第三夫人だと思いますが、同情してくれるけど役には立たない第四夫人と、自己の利益の為に助けてくれる第二夫人といった感じでなかなかキツい状況が続きそうで見るのも疲れそうです。

(追記2)
第4話まで見ました。
意外とあっさり采薇は乾笙に嫁ぎましたね。
正妻が婚礼の日に妊娠中の第三夫人を幽霊に変装した侍女に襲わせまんまと流産に成功。
第三夫人は逆恨みして采薇をはさみで刺そうとしてそれを第四夫人が庇おうとして負傷。

それにしてもこういうのはやはり旦那である乾笙が一番悪いと思いますね。
正妻の馬夫人がダントツの極悪人ではあるのですが、この人から常日頃虐待されてる第二夫人は色んな揉め事を自分に有利に働くように立ち回ります。

なんとなく出自の卑しい第四夫人だけが采薇の味方になりそうですが。
正妻を家から叩き出せば全てすぐに解決するのですが勿論それではドラマになりません。

(追記1)
第2話まで見ました。
それにしても正妻の馬夫人は毎回常に誰かを害しようと策を弄してますね。
本当にとんでもない悪女です。

それに対して、まあこの手の話はありがちですが第二夫人は割と良い人みたいです。
この辺のキャラ設定はどのドラマもバランス取ってますね。

采薇は正義感だけ強くて向こう見ず過ぎるし、それに侍女が狼藉者に嬲りものにされてるかもしれないのに心配一つしないのは結構酷いです。

***

これまで中国の歴史ドラマを沢山見て来ましたが現代劇は未見です。
本作は1900年代初頭の設定なので時代劇という感じでもないのでどうしようかと思いましたが取り敢えず見てみます。

今平行して見てる作品2本にもハン・ドンが出てるのでもう見慣れましたね。
女性が多いドラマの割には一人も美女がいない・・
薬商の白家次男坊の乾笙をハン・ドンが演じています。兄の乾楓は5年前に亡くなりその婚約者だった采薇を乾笙は好きだったと・・

乾笙には既に4人の妻がいて第1話でいきなり妊娠中の第三夫人の靴に細工して流産を画策するとか完全に「宮廷の諍い女」を思い出す展開。しかもその悪辣な正妻には乾笙の義理の母親である大奥様が白家伝来の避妊薬を飲まし続けてるという陰険さ。

もうこの時点でちょっと見る気も失せますが、どこまで我慢できるか・・