鹿鼎記 ロイヤルトランプ

(追記16)
これは中国ドラマ全般に共通する欠陥なんですが、オープニングとエンディングの映像は作品を全部撮影完了してから制作するのでネタバレになってるんですよね。だから自分は極力OPとEDは飛ばして見てましたがそれでもチラッと見てしまってなんとなく先が読めてしまった箇所もあります。

本作はミステリ的要素もあるのでぜひOPとEDは飛ばして見て下さい。

(追記15)
第50話最終回まで見ました。
最後の最後まで「これもしかして最悪の終わり方では・・」とドキドキ心配しながら見ました。

それにしても色んな細かい伏線を回収しながら進めていくストーリーテリングの才能が素晴らしいですね。
「天龍八部」と本作で金庸に興味を持って原作を読もうと思い紀伊國屋書店で探したら在庫が全てゼロ、ほんの少し問屋在庫があるだけでした。物語の作りとしてはミステリーに似ていて常に謎が提示されてちゃんと辻褄を合わせてるので凄いなと感心しました。

原作を読んでないのでどこまでが原作通りでどの部分がドラマ独自の演出かはわかりませんが非常にレベルの高い作品でした。

もっともこの作品を理解するには明から清という当時の政治状況、特に征服王朝である清に対する漢民族の思いなどを理解しておく必要があります。常に清の皇帝と漢民族の板挟みになっていた韋小宝の心情はそういうバックグラウンドを知らないと正確に汲み取るのは難しいでしょう。

その辺の最低限の事前知識さえあれば本作は非常に楽しめる作品だと思います。
個人的にはこれまで見た中国ドラマの中でTOPクラスのものだと断言できます。
また何年か経ったら見直したいです。

(追記14)
第47話まで見ました。
残り3話ですがもう既に自分的には大大大傑作決定ですね。
中国だけじゃなくドラマだけじゃなく全てのジャンルのエンタメでこれほど楽しい作品は思い出せない位です。
特に男のロマンというか出世してお金もいっぱい嫁もいっぱいで言うことなしの人生で本当に羨ましい。

同じ金庸原作の「天龍八部」とは色んな点で真逆ですがどちらも傑作だと思います。天龍八部は群像劇でしたがこちらは韋小宝が常に中心なので演じたハン・ドンに掛かる負担は大きかったと思うのですが、見事に演じきってましたね。「宮廷の泪・山河の恋」のドルゴン役とかは簡単な役どころだったでしょうが、こちらはかなり難しかったと思います。

本作は原作が素晴らしいのも勿論、演出も良かったです。
本当の意味での美女というのは神龍教の教主の妻である蘇荃を演じたチャン・シンユーさん位かと思いますが、なかなか個性的でバラエティに富んだ女優さんを揃えてたのでビジュアル面でも楽しめました。

おっさんの太監連中も良かったですし、皇帝も意外と良かったです。

映像的にはグリーンバックの合成で辮髪の頭の禿げてる部分がウニウニするのが若干気になりましたが衣装とかは良かったですね。

久しぶりに最終回で寂しくなってしまう本当にいい作品です。

(追記13)
第45話まで見ました。
ここまで全方向に良い顔をして良いこと尽くめだった韋小宝ですがとうとう全てが皇帝にバレてしまいました。
せっかく苦労して築いた信頼信用も水の泡。反清復明の組織を全て捕まえろと厳命されます。
ずっと能天気なお気楽ドラマでしたがここにきてシリアスな展開になってきましたね。

(追記12)
第39話まで見ました。
ジア・チンさんはどのドラマでも一人二役をやってますね。
「天龍八部」では阿朱と阿紫を一人で演じてましたし、「聊斎志異」では普通の状態と妖怪に取り憑かれた狂気の女を演じ分けてました。今作では母親と娘を一人二役です。本当に器用な女優さんです。

コピーはできません。