神雕侠侶 ~天翔ける愛~

神雕侠侶 ~天翔ける愛~

(追記24)
全体の感想としては面白さ、作風含めて同じ金庸原作・于正工作室制作の「月下の恋歌 笑傲江湖」と同じ位のレベルですね。

元々は新聞小説がベースなので、細かいエピソードの集合体で登場人物も多く毎回何かしらの事件が起こるのですが物語全体を通しての何か大きなテーマとかメッセージがある訳でもなく心に残るものもありません。

これまで金庸原作ドラマは5作見ました。

「射鵰英雄伝 レジェンド・オブ・ヒーロー」
・「神雕侠侶 ~天翔ける愛~」
「天龍八部」
「月下の恋歌 笑傲江湖」
「鹿鼎記 ロイヤルトランプ」

このうち
「神雕侠侶 ~天翔ける愛~」と「月下の恋歌 笑傲江湖」
「天龍八部」「鹿鼎記 ロイヤルトランプ」
がそれぞれ同じスタッフによる作品でキャストも多く重複しています。

原作的には「射鵰英雄伝 レジェンド・オブ・ヒーロー」、「神雕侠侶 ~天翔ける愛~」は残る「倚天屠龍記」と共に「射鵰三部作」とされているシリーズモノです。

金庸作品は何度もドラマ化されていますのであくまでも自分が見たバージョンでの感想とはなりますが、
「天龍八部」「鹿鼎記 ロイヤルトランプ」は傑作レベルの出来、残りはまあまあといったところでしょうか?

映像的には「射鵰英雄伝 レジェンド・オブ・ヒーロー」が綺麗でなおかつ戦闘シーンも迫力があって良かったです。

なお本作「神雕侠侶 ~天翔ける愛~」は「射鵰英雄伝」を知らないと分かりづらいところが多いのでどのバージョンでもいいので「射鵰英雄伝」を先に見たほうがいいと思います。