六指琴魔

(追記4)
第10話まで見ました。
暗くて重い王雪梅パートとコメディタッチの呂麟パートが交互に流れてなんか不思議な気分になります。
譚月華を演じる後藤希美子さんのコメディエンヌぶりは素晴らしい。
いかにも日本人的な名前ですが台湾人だそうで37歳の若さで癌で亡くなられたそうです。

(追記3)
第9話まで見ました。
王雪梅役の人、なんか見た覚えがあるようなないような・・
ニン・チンさんという女優さんらしい→最初ニン・ジンと書いてあって検索してもさっぱりわからんかった。
寧静と漢字がわかり調べると・・
なんと!!
大秦帝国で宣太后(=羋八子)さんを演じてる人じゃないですか!

この人なんか存在感ある女優さんだと思ってたんですよね。
超ベテランでした。

コミカルな譚月華を演じてるのは後藤希美子という女優さんです。

話はいかにも武侠物って感じでロードムービー調です。
誤解が重なり復讐の連鎖になって登場人物間で殺し合いが続きますが、どこかで止まるのでしょうか?
多分、「許す心」がテーマの作品なんでしょうね。

(追記2)
第7話まで見ました。
無事に琴をお届けしました→開けたら琴ではなく生首でした→怒った受取人に呂騰空の妻は殺される
なんか凄い雑な展開。
予想通り王雪梅による復讐劇ですね。
生首は韓平で父の韓遜は激怒。
犯人は六指であると見当をつける。

(追記1)
第4話まで見ました。
天魔琴を弾いてる女性はニッキー・ウーと仲良くなりそうな感じですね。
ということは呂麟が運んでるのは偽物の琴なんでしょうか?
もしかしたら18年前の関係者を呼び寄せて復讐する為におおっぴらに運ばせてるのかもしれません。

テキストのコピーはできません。
通知を有効にしますか?    はい 結構です