中国ドラマ・ラブ史劇「于正プロデュース作品」総評

Spread the love

中国の古装劇(時代劇)を60本程見てきたのでそろそろまたまとめの記事を書こうかと思ったのですが、流石に数が多くて大変なので、今回は人気プロデューサーの于正(ユー・ジョン)さんが手掛けた作品に絞って感想を書いていきたいと思います。

于正(ユー・ジョン)さんの作品は「ハズレがない」です。
どれも一定のクォリティが担保されているので安心して見れます。
しかも画作りが綺麗でどれも花が沢山あり、衣装が素晴らしいです。
そして脚本は凝ってて数多い伏線回収とどんでん返しが楽しい。
自分の制作室を持っていて、大体お馴染みの俳優陣で固められています。

一応中国での放送順に採り上げます。また代表作の一つ「宮 パレス~時をかける宮女~(宮鎖心玉)」シリーズについてはまだほとんど見れてないので割愛しています。

【1】2010年「美人心计」(邦題:「美人心計~一人の妃と二人の皇帝~」)

于正の出世作です。ルビー・リン(林心如)主演。
中国三大悪女の一人、呂雉(呂后)の圧政下で時代に翻弄される姉妹を描いたドラマです。
2010年作ということで、今ではすっかり主役級の俳優・女優陣が大量に脇役で出てきて今では考えられない豪華な布陣となっています。

ルビー・リンは呂后の手先の女スパイといった役どころですが、スピーディーかつ二転三転する怒涛の展開。脚本が素晴らしくドキドキハラハラします。

上手く騙したつもりがお見通しだった・・・という諜報合戦が見どころです。

タイトルに美人と付く割には美人はヤン・ミー位しか見当たりません。
ルオ・チンはこの頃から情けない皇帝役専門みたいな扱いだったんですね。

ストーリーは非常に面白いのでお勧めです。
お勧め度=★★★★

【2】2011年「唐宫美人天下」(邦題:「則天武后~美しき謀りの妃」)

美人シリーズ第二弾。前作に引き続き「中国三大悪女」の則天武后(武則天)を取り上げます。
前作よりもこっちのほうが断然美人の数は多いです。ヤン・ミーは続投です。
則天武后を演じるチャン・ティン(張庭)さんは何故かファン・ビンビン主演の「武則天」にも別の側室役で出ています。

歴史上の人物が出てくるものの史実とはほぼ無関係の完全フィクションです。ミステリー仕立てになっていますが荒唐無稽な話でお気軽なエンターテイメントといったところです。

お勧め度=★★

固定ページ: 1 2 3 4

コピーはできません。