美人心計~一人の妃と二人の皇帝~

「美人心計~一人の妃と二人の皇帝~」です。

(追記9)
40話最終回まで見ました。
最後の最後に凄いオチが・・
しかもチャン・モン(張檬)をラストシーンの数秒だけ後の衛子夫として登場させるという贅沢な使い方。

妙人は最初から最後までクズでしたけど、慎児の娘の王チはまともでしたね。

全体的な完走としては目まぐるしく展開するジェットコースターのようなドラマでした。
昨今の中国のラブ史劇は70話80話も当たり前で、その割には単なる引き伸ばしの為のどうでもいいエピソードで水増しされたものが多いのですが、今作は濃密でハイテンションのまま終わりました。そういう意味ではかなり面白かったです。

雲汐(猗房)=後の皇太后が完璧でないのも話にリアリティが出て良かったです。妙人や慎児、王チの悪行の内、かなりの数が知らないままだったんではないでしょうか?これを全てお見通しみたいに無敵キャラにしてしまうと面白さは激減してしまいますからね。

周将軍は最後まで報われず気の毒でした。

そして、美人心計というタイトルの割にはほとんど美人はいませんでした。

美人三部作の中では一番いい出来かと思います。
次作の「則天武后(美人天下)」は則天武后を題材にしていますが史実無視のミステリー仕立てでそれなりに面白いのですが、ちょっととっちらかった印象があります。でも美人はこちらのほうが沢山出てきます。

第3作の「宮廷の泪・山河の恋」「宮廷の諍い女」の丸パクリみたいなストーリーと設定で荒涼とした心象を表現した寒々しい作品です。

于正作品は皆一定のクォリティを担保されているので安心して視聴できます。
今から思えば後に主役級に出世する俳優陣が脇役で出ていて贅沢な布陣でした。

(追記8)
36話まで見ました。
性根の腐った女、妙人と慎児の娘である王チの戦いが最後の見どころです。
王チに関しては母親の悪行三昧も含めてウンザリするほど見てきた訳ですし、ここ数話は妙人の小賢しさも十分知り尽くしてるので悪の頂上決戦みたいな様相を呈しています。それにしてもどういう落とし所にするんでしょうね。

(追記7)
29話まで見ました。
前回までで一段落して、年月は流れ雲汐(猗房)と慎児の息子が大きくなったところから物語はリスタートです。

皇太子と良い感じになるのが于正ドラマを筆頭にあちこち出まくっているタン・ジャー(鄧莎)さん。

「宮廷の泪・山河の恋」では主人公の妹、「ハンシュク~皇帝の女傅」では主人公の同僚で良き理解者、「孤高の花~General&I~」では主人公に嫉妬する女を演じています。
気づきませんでしたが「則天武后(美人天下)」「後宮の涙」「蘭陵王」にも出ていたそうなので、名バイプレーヤーですね。

ところで于正の作品ってメインストーリーが終わってからの後日談的な話を後半に引っ付けるのが多いですね。「宮廷の泪・山河の恋」「ハンシュク~皇帝の女傅」でもそんな構成でした。
代替わりしたり、敵が入れ替わったり・・別に要らないっちゃ要らない蛇足に感じるのですが・・

テキストのコピーはできません。
通知を有効にしますか?    はい 結構です