Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ads

王女未央-BIOU-

LINE@登録

(追記2)
第10話まで見ました。
李敏峰と李長楽の兄妹とその両親は本当にゲスいですね。
このクズ家族の卑劣な行為をこれから見続けないといけないと思うとゾッとします。せっかく「名家の妻たち」のゲス地獄を見終わった所なのに(笑)。中国のドラマは必ず人間のクズが出てくるので疲れます。

しかも李未央の侍女の一人は内通者だし。まるで「24」

おそらくドラマ全体の2/3位までは正義がボコボコにやられて悪がのさばるという見ていてストレスしか感じない展開なんでしょうね。

正義が勝つターンになるまで辛抱できるか・・・

李常茹役のマオ・シャントンが唯一の癒やしキャラですね。
ティファニー・タンは可愛いので頑張って見続けます。

(追記1)
第3話まで見ました。
李未央になりすまして李家に入り込む馮心児。
自分がおばあさまからもらった玉佩を戦利品として李長楽が賜るところを目の前で見つめる李未央。

家族を皆殺しにされた恨みと怒りが何度も燃えたぎるのですが女一人で復讐できる訳もなくグッと堪える。
それにしても李未央役のティファニー・タンは夏菜にしか見えません。中国ドラマを見ていると俳優・女優の顔が日本人にもいそうな顔が多くて親近感を覚えます。それにしてもフット岩尾似がイケメン扱いなのは納得できん。

李長楽役のリー・シンアイは何度見ても異様に目が大きくて、生身の人間というよりアニメ顔なんですよね。
確かに可愛いと言えば可愛いのですがちょっと目が極端に大きすぎて不自然。「ハンシュク~皇帝の女傅」の時と同じくヒロインに意地悪をする役どころですが、イマイチ悪になりきれない感じなんですよね。
犬顔のマオ・シャオトンはいつものように可愛い妹キャラです。この子は常に健気な良い子役ですよね。

ティファニー・タンは後々出てくるルオ・チンとリアルで結婚したそうです。中国の俳優X女優は共演をきっかけに結婚するパターンが多いですね。

ストーリー自体は流石にある程度予想はつくのであまり期待はできませんが、一応美女揃いなので気軽に我慢できるところまで続けてみます。

***

とりあえず見てみました。
お馴染みの顔があちこちに。
「良いおじさん」と言えばこの人!という位、もう数え切れない位沢山のドラマに出てる人が第1話で早速殺されちゃってます。

ヒロイン役はどことなく釈由美子とか夏菜に似てますね。

そしてこのヒロインをいびり倒す母娘の母親の方は「宮廷の泪・山河の恋」で主人公である玉児の母親役で出てた人ですね。←よく見ると違うかも・・・

娘の方は「ハンシュク~皇帝の女傅」で主人公ハンシュクの恋敵かつ同僚で嫌がらせばかりしてた寇蘭芝役だったリー・シンアイ(李心艾) 。この人、お目目ぱっちりで可愛いのに性格極悪の役ばかりで可哀想。でもインタビューでは悪人の方がやり甲斐があると答えてました。

関連記事
スポンサーリンク
ads

シェアする

スポンサーリンク
ads