萌妃の寵愛絵巻

Spread the love

(追記7)
第36話最終回まで見ました。
なんか脇役の話ばかりで肝心の萌妃と皇帝の関係については最後まで深くは描かれず拍子抜け。
別に見なくてもよかったかな。

(追記6)
第28話まで見ました。
今回は2話に渡ってよくある花嫁を奪う映画「卒業」のオマージュでした。

ゲストの女優さんの顔が皆似たような顔で同じ女優を使いまわしてるのかと錯覚しそう・・でもこの手の顔は好きです。

結末はバレバレでしたがそこに至るまでは二転三転で良かったです。

(追記5)
第19話まで見ました。
他愛のない話がメインですがアメドラで言えばシットコムみたいな感じで舞台やキャストがほぼ固定でほのぼのとした雰囲気で気楽に見れるのがいい。

皇帝から自由の身を約束された萌妃ですがこれまでは興味がなかった皇帝にほのかな恋心が芽生え始めてきています。

全36話なんでまだ色々と引っ張るんでしょうけど。
萌妃の友達がキャラが立ってていいですね。

(追記4)
第9話まで見ました。

色彩が綺麗ですね。

明るくて楽しくて気軽に見れて結構お気に入りです。
特にどうこう言う話でもないんですけどね。

(追記3)
第7話まで見ました。

なに皇帝の抱き枕作ってるねんw

本作はロケ地や舞台セット、調度品、衣装などは全て本格宮廷モノ仕様。
全く手を抜かずこういうラブコメ(まだ全然ラブ要素ないけど)を作れるのは素晴らしい。
こんな大金掛けてコメディドラマ撮れるのは中国くらいでしょう。
しかも古装劇にする必然性皆無だし、小道具とセリフは現代劇だし。

固定ページ: 1 2 3

コピーはできません。