女医明妃伝~雪の日の誓い~

(追記13)
第50話最終回まで見ました。
なんかやっと終わってくれたって感じです。
朱祁鈺の生母である呉皇太后は最初から最後まで感じの悪いババアでしたね。
まだ孫皇太后の方が頭が良いだけマシでした。

メインの3人も優柔不断な人間ばかりで好きなキャラクターが1人もいないドラマとなりました。
それなりに飽きない脚本ではありましたが・・
微妙な出来でしたね。

王道士役の人は「風中の縁」でもリウ・シーシーと共演してましたね。

(追記12)
第47話まで見ました。
黒死病(ペスト)が都で流行。
真っ先に民を見捨てて避難する陛下と皇后。

ドタバタに乗じて允賢を抹殺しようとする皇后・汪美麟。
暗殺未遂これで何回目でしょうか?

感染者の治療にあたる允賢達と手伝う太上皇・朱祁鎮。
最後に允賢の妊娠が発覚。あの無理やり朱祁鈺に襲われた時の子ですね。

治療の場面は昨今のコロナ対応の医師とダブります。
昔から人類は疫病と戦ってきたのですね。

(追記11)
第46話まで見ました。
リウ・シーシーの出てるドラマってリウ・シーシーを二人以上の男が奪い合うって話ばかりですけど、
「宮廷女官 若曦」
「風中の縁」
と本作を並べた場合、「風中の縁」が飛び抜けて良い作品でリウ・シーシーの良さが存分に発揮できてましたけど、「宮廷女官 若曦」はストーリーはまあまあでしたけどリウ・シーシー自体はあまり良くなく、本作はストーリーも劉詩詩もパッとしません。

允賢自体が一体どうしたいのかハッキリしない態度で見ていてイライラしますし、こんな女性を兄弟喧嘩してまで争う意味がわかりません。
どちらも正規の皇后のほうが良い女性に思えますし。
汪美麟は悪人ではありますが朱祁鈺に対してだけはずっと尽くしてますしね。

基本的に劉詩詩って陰気臭くてウジウジした女なんじゃないかと本作と「宮廷女官 若曦」だけ見たら勘違いしてしまいそうですけど「風中の縁」ではそんなことなかったですしね。

陰気臭いキャラクターという設定なんでしょうけどドラマ自体が陰気臭くてつまらなく感じます。

(追記10)
第43話まで見ました。
孫皇太后と朱祁鈺の豹変ぶりがやはり違和感を感じずにはいられません。

ところでリウ・シーシーはこういう苦難に耐えるという役どころは合ってませんね。
「宮廷女官 若曦」でも陰気臭くてパッとしませんでしたし。「風中の縁」の時のように利発な役どころの方が合ってます。

コピーはできません。