大唐見聞録 皇国への使者

大唐見聞録 皇国への使者

    (追記10)
    総評です。

    見始めた時は「どうせ安っぽいC級ドラマでしょ?」と期待値ゼロでいつでもすぐに視聴をやめるつもりでしたが意外とちゃんとしっかり作られた作品でそれなりに面白かったです。

    タイムスリップモノという設定から現代の技術を大昔の人間に伝える事から生じる驚きがコミカルで前半は気軽に楽しく見れました。

    中盤からは玄武門の変にまつわる史実ベースの話が興味をそそりましたし、「誰が李安瀾の母を殺したか?」という問題や親子・兄弟関係を描くストーリー展開が上手でした。

    終盤は承乾の愚かさだけが目立つ展開でしたね。
    ラストは元々がタイムスリップという性格上こういう結末にするのはある意味必定でした。

    全36話ですし時間があれば見ても損はしない位の出来ではあります。

    (追記9)
    第36話最終回まで見ました。

    大唐見聞録 皇国への使者

    親子で1対1の対決。

    大唐見聞録 皇国への使者

    これ、本当に大事です。

    大唐見聞録 皇国への使者

    思いついたらすぐ行動の馬鹿は本当に多い。

    大唐見聞録 皇国への使者

    侯君集に人質に取られていた傾城傾国の美女・辛月は自ら刃に斬られて死亡。

    大唐見聞録 皇国への使者

    李安瀾は雲燁には知らせずに雲家のおばあさんを救出しに行くつもりでしたが彼に眠らされます。

    大唐見聞録 皇国への使者

    雲燁の捨て身の作戦成功。

    大唐見聞録 皇国への使者

    刺し違える雲燁と侯君集。

    固定ページ: 1 2 3 4 5 6

    テキストのコピーはできません。
    通知を有効にしますか?    はい 結構です