独孤伽羅~皇后の願い~

(追記34)
全話見た総評です。
この2年位の間に見た中国ドラマの中では2番目位に面白かったかも。
これまで見た全ての中国歴史ドラマでもBEST10に入るレベル。

よく練られた脚本。
出演者全員が高い演技レベル。
舞台セット、衣装、音楽全て良し。

自分のタイプの美女はいなかったけど。

そんな中でも一番このドラマを支えたのは曼陀を演じたリー・イーシャオ(李依暁)さん。
これまでも沢山見てきましたが、割とチョイ役というか控えめな役どころが多くてこんなに凄い演技力の持ち主だとは思いませんでした。
正に怪演。
ストーリー自体は重め・暗めの内容のはずですが曼陀の存在がコミカルで毎話飽きずに見ることができました。
他の俳優陣は実力者揃いではありますが地味でしたからね。

振り返ってみると曼陀パートを除くと100点満点で50点位のドラマなんですよ。
多分可もなく不可もなくって評価でした。
それを90点位まで押し上げたのは曼陀というキャラクターのおかげです。

冷静に宇文家の皇帝を見ると愚帝だらけで滅んで当然。
歴史モノとしての面白さはなかったですが、隋唐への序章としては楽しめました。

(追記33)
第55話最終回まで見ました。

独孤伽羅~皇后の願い~

中国の歴史ドラマは台詞に故事からの引用が多いですが本作の脚本家は三国志がお気に入りのようです。

独孤伽羅~皇后の願い~

曹丕と献帝の関係は「三国志 Three Kingdoms」で細かく描かれています。

ところで・・

独孤伽羅~皇后の願い~

最終回なんですが性懲りもなく悪巧みを巡らす曼陀さん。

テキストのコピーはできません。
通知を有効にしますか?    はい 結構です