独孤伽羅~皇后の願い~

(追記34)
全話見た総評です。
この2年位の間に見た中国ドラマの中では2番目位に面白かったかも。
これまで見た全ての中国歴史ドラマでもBEST10に入るレベル。

よく練られた脚本。
出演者全員が高い演技レベル。
舞台セット、衣装、音楽全て良し。

自分のタイプの美女はいなかったけど。

そんな中でも一番このドラマを支えたのは曼陀を演じたリー・イーシャオ(李依暁)さん。
これまでも沢山見てきましたが、割とチョイ役というか控えめな役どころが多くてこんなに凄い演技力の持ち主だとは思いませんでした。
正に怪演。
ストーリー自体は重め・暗めの内容のはずですが曼陀の存在がコミカルで毎話飽きずに見ることができました。
他の俳優陣は実力者揃いではありますが地味でしたからね。

振り返ってみると曼陀パートを除くと100点満点で50点位のドラマなんですよ。
多分可もなく不可もなくって評価でした。
それを90点位まで押し上げたのは曼陀というキャラクターのおかげです。

冷静に宇文家の皇帝を見ると愚帝だらけで滅んで当然。
歴史モノとしての面白さはなかったですが、隋唐への序章としては楽しめました。

(追記33)
第55話最終回まで見ました。

中国の歴史ドラマは台詞に故事からの引用が多いですが本作の脚本家は三国志がお気に入りのようです。

曹丕と献帝の関係は「三国志 Three Kingdoms」で細かく描かれています。

ところで・・

最終回なんですが性懲りもなく悪巧みを巡らす曼陀さん。

息子・李淵を焚きつける曼陀さん。

自分と似た宮女を楊堅の元に送り込む。リー・イーシャオ(李依暁)さんの一人二役。

かなり昔に立てたフラグを回収する時が来ました。覚えてますか?





最後どこまで描くのだろうと見てましたが・・

よくあるナレーションで「その後」を語るパターンでした。

楊広に楊堅が殺されるという描写はなかったですね。

続きは「隋唐演義」で。って感じですね。

(追記32)
第54話まで見ました。
楊堅に禅譲する件があっさりと速すぎて感慨もなにもないですね。

「随」を「隋」にした理由は劇中セリフで説明がありました。

ちょうど「隋唐演義」に上手く繋がる感じで終わりそうです。

ところで秦~漢~三国~晋までと隋唐のドラマは沢山存在しますが、五胡十六国時代のドラマって知らないです。
南北朝は「蘭陵王」「王女未央-BIOU-」がありましたけど。

さて妹が皇后になって屈辱の曼陀さん。
息子の李淵もよそよそしくて気の毒ですね。

自分の立ち位置をよくわかってらっしゃる曼陀さん。

このドラマって8割方、曼陀を演じたリー・イーシャオ(李依暁)さんで保っているようなものです。

脚本家はよっぽど曹操の事が好きみたいですね。もう5回以上台詞に曹操の名前が出てきてます。

それと楊堅にフラグ立てさせるのも好きですね。

ていうかここで終わってもいいのにもう1話・・曼陀さんの反撃あるのか?

(追記31)
第53話まで見ました。
中国古装劇のあるあるというかお決まりの
「終盤駆け足詰め込み過ぎ」問題
がこのドラマでも。
ほとんどダイジェスト版みたいにナレーション形式で説明とか手を抜きすぎ。

どうして最初に台本の配分とかちゃんと考えておかないんでしょうね。

暗愚な宇文贇はたった8ヶ月で幼い息子に譲位。

秋詞さんはとうとう曼陀を見捨てましたね。
こんな善良な娘が悪魔みたいな主人に仕えさせられて精神が破綻寸前だったのでしょう。

ここまで繊細に描いてきて名作だと思ってきましたが急に雑な感じに。
史実との辻褄合わせも色々無理やり感がありますね。

楊堅が権力握るまであと僅かです。
まずは随王に。
曹操もまずは魏公、それから魏王、息子の曹丕が魏王を継いで漢を滅ぼして魏帝になりましたからね。

ところで李淵が楊広と同じ年頃みたいですが「隋唐演義」を見た後だと違和感を感じたので調べてみました。

楊堅=541年生まれ
楊広=569年生まれ
李淵=566年生まれ
李世民=598年生まれ

ということで李淵は楊広より年上ではありますが同年代ですので本作の描写で間違いないですね。
むしろ「隋唐演義」だと楊広と李世民が同年代に感じられたのですが実際は30歳も離れていたんですね。

(追記30)
第52話まで見ました。
曼陀のヒステリーババアぶりがエキセントリック。
でもちゃんと計算しながら言い返すところが偉い。

漢の文帝は劉邦の子供で呂后の粛清の嵐から逃れた人ですね。

魏の明帝とは曹丕の息子、曹叡の事です。
生母の甄氏は元々は袁紹の次男袁煕の妻でしたが袁煕が公孫康に殺された後、曹丕が妻にしました。
ですので曹叡は曹丕ではなく袁煕の子供ではないか?とも言われています。

(追記29)
第51話まで見ました。
宇文邕の最期は感動の名場面でした。

息子は暗君なので残りは楊堅の簒奪で終わりですかね?

(追記28)
第49話まで見ました。
ついに宇文邕が宇文護を始末します。
この1話で時間の流れが急に速くなりました。
一体何年進んでるのか?

一方、曼陀は李淵を産みます。
楊堅は隋の、李淵は唐の創始者です。
隋も唐も二代皇帝は次子が長男を殺して即位しています。

(追記27)
第48話まで見ました。
悪巧みが露見して宇文邕に殺されそうになる曼陀。
毎度のことながら迫真の演技。

一方、楊堅は伽羅に自らの野望を打ち明けます。

王朝の移り変わりを話す楊堅。

五胡十六国~南北朝時代の前は司馬氏の晋、その前は曹氏の魏・・まあ全土統一したとは言えないですが・・その前が漢の劉氏ですね。

日本人は三国志が好きですが中国の古装劇見てると歴史上の偉人の中では圧倒的に曹操の名前が頻出しています。

「三国志 Three Kingdoms」を見ればこの辺りの流れが全部理解できます。

(追記26)
第47話まで見ました。
性懲りもなく暴走する曼陀。
いつも横で「そんなこと言って大丈夫なのかしら」とやきもきする侍女・秋詞の表情がいいですね。
三姉妹の侍女、春詩・秋詞・冬曲の中で秋詞が一番善良なのに主が一番極悪人で気の毒ですね。
今侍女の名前を並べて見て気づきましたが春夏秋冬から取っただけではなく音曲の言葉で揃えてるのも風流です。

(追記25)
第44話まで見ました。
楊堅を救出に向かう曼陀と伽羅。

伽羅は身重。
お腹の子は楊広ですね。
そのまま流れた方がこの夫婦にとっては良かったのに。

残った唯一の姉と和解したい伽羅の言葉に絆される曼陀の表情がこれまた素晴らしい。
日本人女優でこのレベルの演技できる人は今はいないかもしれません。
この人の顔芸は神の領域です。
でも「三国志 Three Kingdoms」「項羽と劉邦 King’s War」の時は単に綺麗なだけの女優さんだったんですけどね。

(追記24)
第43話まで見ました。
滅多に褒めない私ですがこのドラマは本当によく出来ています。

史実とラブストーリーのバランスがいいです。
意外とこれが難しくて史実ほとんど無視で単なる歴史上のキャラ使っただけのラブ史劇が多いですからね。

随州へ赴く楊堅。
私は最初「随」は誤字だと思ってました。
だって楊堅が建てた国は「隋」ですから。
でも調べたら地名は「随」で王朝名は「隋」だそうです。

随州へ行ってからの10年は早送りの描写でいつの間にか長男楊勇が生まれています。
楊堅・楊勇とも悲惨な末路が待ち受けています。
本作では隋の建国までのはずなのでそこまでは描かれませんが。

ていうか冬曲は結局楊堅の従者と結婚したのね。

陸貞さんよく登場しますね。
思えば他のドラマ見てるから理解が深まるところも多いです。
楊堅・楊勇・伽羅は「隋唐演義」に、陸貞は「後宮の涙」に出てきます。

(追記23)
第42話まで見ました。
第41回は感動回でした。
あまり感動しない私ですらウルウルしました。
それにしても皆さん本当に迫真の演技です。

皇帝宇文毓と皇后般若揃って亡くなり、宇文邕が新帝に即位。
ここからいよいよ宇文護をいかに倒すのか?楽しみです。

(追記22)
第38話まで見ました。
このドラマ初めから曼陀の悪事に時間割いてますけど終盤への伏線なんでしょうか?
曼陀の事を善良だと思ってるのは楊堅一人ですが、そんな彼もやっと曼陀の本性を知ることになりそうです。

(追記21)
第36話まで見ました。
正月に赤子が産めるように曼陀の腹をさすっていたのは復讐を企む者でした。
せっかく産んだ娘は殺されましたがとっさの機転で李澄の叔父に罪を擦り付ける曼陀。
今回の曼陀役である李依暁の演技は神の領域です。
沢山中国のドラマ見てきましたが演技力の最高峰は李依暁で間違いないですね。
中国の女優さんは巧い人多いですけど群を抜いています。

一方の伽羅と楊堅ですが・・

完全にフラグを立ててしまいました。
この誓いの通りに子に殺される運命です。
御愁傷様。

(追記20)
第34話まで見ました。
宇文護が皇帝宇文毓に皇后般若の最初の子の父親は自分だとバラすシーンとそれによって激怒した宇文毓が伽羅に刀を突きつけ真偽を問いただしてる時に間に入った皇后が真実だと認めたシーン。
この2つのシーンは全ての登場人物が迫真の演技で素晴らしい。

あと仲の悪かった楊堅と伽羅が打ち解けていく様子を丁寧に描いてるのもいいですね。

まだ20話程残ってますが自分の中では名作の評価確定です。
繊細な心理描写とそれをこなすだけの俳優陣の力量。
滅多に褒めない私も本作は大絶賛します。

(追記19)
第28話まで見ました。
楊堅は無理やり伽羅と結婚させられましたがまだ曼陀を諦めきれません。

これ回想シーンですが、初見時は何とも思わなかったのですが、今気づいて
「あーーーーーーー!!!!」

この誓いの通りに楊堅は肉親に殺される運命です。

「隋唐演義」では楊堅が息子である楊広に殺されるシーンがあります。

このドラマ見た人はぜひ

も見て下さい。

曼陀は隴西郡公の李昞に嫁いで最終的には唐の高祖李淵を産むので実は一番の勝ち組なんですよね。

よくよく考えてみれば伽羅の産んだ楊広(後の煬帝)は隋二代皇帝で中国史上最悪の暴君
曼陀の孫の李世民(後の太宗)は唐二代皇帝で中国史上最高の名君

いや~人生わからないものです。

(追記18)
第27話まで見ました。
独孤信退場。
演じた黄文豪さんは素晴らしいバイプレーヤーですね。

「傾城の雪」での杭敬亭、「月下の恋歌 笑傲江湖」の岳不群。

一癖も二癖もあるキャラクターを演じさせたら右に出る者はいないです。今回は優しく律儀な父親を見事に演じきりました。

脇役端役まで演技レベルが非常に高くてもう完全に日本は負けているなとつくづく感じます。
般若は前から上手だなと思ってましたが伽羅役も巧いです。

やがてこの楊堅と伽羅の子供が後に父親である楊堅を殺すことになろうとは・・
「隋唐演義」ではこの二人の子供であり、後に中国史上最大の暴君と言われた煬帝(楊広)が登場します。

宇文護はカッコいいですね。

(追記17)
第26話まで見ました。
史実通り伽羅は楊堅に嫁ぐ事になりました。
なおこのエピソードに登場した独孤羅という独孤信の長子は実在の人物です。

(追記16)
第25話まで見ました。
セリフに歴史からの引用が多くて楽しいです。
董卓に比せられた宇文護は自分は曹操だと言い返してました。
独孤信が宇文毓を諌める時には勾践の名前を出してました。

勾践が主人公のドラマです。

この作品を見ておけば自殺なんか誰も考えないと思います。
名作です。

さて、宇文毓は最初から優柔不断で無能に描かれてましたが結局自滅。
ところで麗華ちゃんは史実では楊堅と独孤伽羅の娘なのでここは脚色がありますね。

(追記15)
第22話まで見ました。
皇后が曼陀の元に送り込んだ王氏凄いですね。
これだけ舌先三寸で相手をコテンパンに言い負かせたらさぞや気持ちいいでしょう。
もっとも、これは皇后の威光があるからこそですけど。
曼陀も側室連中に虐められっ放しでしたけど姉が皇后になって救われましたね。

(追記14)
第21話まで見ました。
あっという間に宇文毓が新帝、般若は晴れて念願の皇后に。
展開早いですね。
宇文毓の帝位は短期間のはずなのでこの後も激動の展開でしょうか?
・・と思ったら早速宇文毓が水銀を盛られる・・・早!

(追記13)
第20話まで見ました。
般若は恐ろしい女ですね。
宇文護の子供を懐妊、それを宇文毓の子供として産む事にします。

ところでこのドラマ、独孤三姉妹と宇文護、宇文毓役のキャスティングは役柄にピッタリですね。
般若は強い女、伽羅は純粋。
宇文護はエキセントリック。宇文毓はひ弱で頼りない。
曼陀は流石にウザく感じてきましたが、それだけ演技は巧いということで。
三姉妹の侍女は皆しっかり者ですね、こういう秘書が欲しい位。

キャスティングで唯一の問題が宇文邕と楊堅の顔似すぎの件。

一応史実通りに宇文家の帝位たらい回しがこれから始まるみたいです。

(追記12)
第17話まで見ました。
盛り上がって参りました。
いや~めちゃくちゃ面白いです。
宇文護役の人も般若の女優さんも巧いですね。

雑魚の趙貴の謀で伽羅は謀反の首謀者として陥れられ拷問を受けます。
般若は父や陛下や夫である宇文毓に助けを求めますが誰も助けてくれません。
冷静さを失った般若は宇文護を頼り・・・

いやいや妹死にそう言うてるのに何してるん?

(追記11)
第16話まで見ました。
伽羅の新しい侍女になった冬曲は利発で可愛くていいですね。
こういう子を嫁にできたら幸せになれそうです。

さて宇文護の暗殺計画が進んでますが般若は暗殺をけしかけて一方で宇文護に鎧を贈るなど二股戦略でしょうか?

今回出てきた故事の引用の説明です。
「鴻門の会」は項羽が劉邦を宴に招いて暗殺しようとした実話から。
「項羽と劉邦 King’s War」では実際にそのシーンが見れます。

独孤信が剣舞の際に詠った「短歌行」というのは三国志の主役曹操が詠んだ有名作。
「三国志Three Kingdoms」で見れます。

(追記10)
第15話まで見ました。
前回から曼陀しばらく退場で穏やかな展開に。

陸貞登場。
自分は陸貞が主人公のドラマ「後宮の涙」を見ていたので「あーそういえば白磁器作ってなー」と思い出しました。磁器作りで有名なんですかね。

(追記9)
第12話まで見ました。
もうストーリーより曼陀の顔芸が楽しみ。
こんなに細かくしかもダイナミックレンジを広く顔を変えられる女優さんっていないんじゃないかって思う位。

だから般若と宇文護のシーンとか霞んでしまう・・あ、でも1つ心に残るセリフが。
「私たちの情は深いけど縁は浅かったのよ」
そういうことあるよね。

(追記8)
第11話まで見ました。
曼陀の乳母は諸悪の根源の正に毒婦そのもの。
彼女の巡らせた一計により曼陀の純潔が李澄の父親である李昞に奪われるというトンデモ展開に。
乳母は伽羅の侍女を脅迫して全ての罪を伽羅になすりつけようと工作。
そこへ登場した長女般若の名采配により、無事に伽羅の無実は証明され乳母は自害。

結果、何故か曼陀を李昞が娶り、伽羅と李澄の婚約は破綻。
勿論、楊堅は婚約者を奪われる羽目に。
史実的には楊堅は伽羅と結ばれる予定なのでそこに無理やり合わせてきたか。

(追記7)
第10話まで見ました。
権力欲に取り憑かれた般若も恐ろしい女ですが、それ以上に嫉妬や妬みが酷い曼陀を演じる李依暁の怪演が見もの。
細かい表情を変化させ続けるのは並大抵の女優ではできません。
この姉二人に対して伽羅は純粋無垢な役どころなので別にこれでいいんですけどちょっと地味ですかね。
宇文家の男は皆独孤の女に手玉に取られてますね。

(追記6)
第8話まで見ました。
自らの謀略をペラペラと宇文邕に打ち明ける曼陀。
可愛い顔して残酷な事を平気で宣う様に呆れ返ります。
李依暁は上手いですね。主役を食ってる曼陀が面白くて仕方がありません。

(追記5)
第7話まで見ました。
側室の娘だから差別されていると被害妄想と嫉妬が激しい次女の曼陀。
「科を作る」「媚びを売る」という言葉がこれ程ぴったりな女性も珍しい。

猫の目のように目まぐるしく変わる表情が可愛いですが、この女優さんなんかどこかで見たような気がするので調べてみたら・・・「項羽と劉邦 King’s War」で虞美人を演じたリー・イーシャオ(李依暁)さんでした。

あの時は大人しい静かな美女という感じでしたが今回は真逆の役どころなので全くわかりませんでした。ということはその他にも・・

「後宮の涙」(陸貞傳奇)では、高湛の姉の長公主高湘。

「三国志 Three Kingdoms」では曹丕が内通者として司馬懿に贈った静姝。

「王女未央」ではなんとティファニー・タンが入れ替わる前の本物の李未央を演じてた!これはわからなかった。

こうやって並べると虞美人と静姝が同じ女優さんなのはすぐにわかりますが、李未央とかは全然美人じゃないし言われてもすぐには認めがたい程違う。高湘はちょうど中間位でこれを挟めばなんとか理解できる。でも今回の曼陀は李未央と表情は似てますがもっと美人にした感じですね。

なんと「射鵰英雄伝 レジェンド・オブ・ヒーロー」にも出てた。黄薬師の妻、黄蓉の母親役。

この人の凄いのは全ての役で顔もキャラクターも全く違う。
ここまで演じ分けできる女優さんって余りいないですよね。
どの役を演じても同じって人の方が圧倒的に多いですから。

さてストーリーの方ですが宇文邕は自らの寿命が10年と知ってわざと伽羅を突き放します。こういうのは辛いですね。それにしても何度見ても楊堅役と顔の区別がつきません。

独孤の女を得るものが天下を得るに従って・・
般若は宇文護から宇文毓に乗り換え
曼陀は楊堅から宇文邕に乗り換え
伽羅は宇文邕から李澄に乗り換え
なんとも軽薄な三姉妹だこと。

(追記4)
第6話まで見ました。
隴西郡公・李昞役の人は「龍珠伝 ラストプリンセス」でソンゴトゥを演じてた人ですね。中国の古装劇ではおじさん・おばさん役は結構同じ人がアチコチ出まくってるのですぐに顔を覚えてしまいます。

話自体は史実に沿ってこれから宇文さんが順番に死んでいくんでしょうね。
楊堅は次の王朝の創始者な訳ですから最後まで安泰です。

(追記3)
第4話まで見ました。
宇文邕と楊堅の顔もキャラも似てるので度々混乱します。
もっと違う顔の俳優をキャスティングすべきでしたね。
何度見ても同じに見える(笑)

(追記2)
第3話まで見ました。
般若♡宇文護
曼陀♡楊堅
伽羅♡宇文邕
というカップリングで始まりますが楊堅は段々伽羅に惹かれていく模様。
般若は宇文護を見限って宇文毓に乗り換えるとか言い出す始末。

独孤信は宇文護の警告を無視して丞相の座に。
孝閔帝はなんとか宇文護の傀儡という立場から逃れようとしますが・・
史実通りなら上手く行かないんですよね。

(追記1)
第2話まで見ました。
ツカミはOK。なかなか面白い。
基本史実ベース。

独孤3姉妹と沢山いて訳がわからん宇文なんちゃらの面々と楊堅が軸になる模様。
可愛いのは曼陀位ですかね。
楊堅は最初は曼陀の事が好きだったのに段々おてんば娘の伽羅に惹かれていく感じ。

***

前から気になってた作品です。
時代的には「隋唐演義」の前となります。

独孤伽羅の父親、独孤信を演じるのは「傾城の雪」「月下の恋歌 笑傲江湖」でお馴染みの黄文豪。この人がキャスティングされるということは腹に一物ある人物ということでしょうね。小賢しい役どころをやらしたら天下一品です。

南北朝末期が舞台で後に隋を建てる若き日の楊堅が早速登場。
彼が最終的には独孤伽羅を娶る事になるのですが、その子供の中で次男の楊広が後の隋の二代皇帝煬帝となります。

ドラマは勿論そのずっと前の話ですが、後は若い俳優・女優さんで知らない人ばかりです。

宇文姓の人物が沢山登場するので覚えるのがちょっと大変です。
とりあえず宇文護は極悪人です。
あとは独孤三姉妹の般若・曼陀・伽羅。
まずは関係性を掴んでいきましょう。

以下メモ。
宇文邕は伽羅と仲良し、いいヤツ。後の北周の第3代皇帝・武帝。
初代と二代目皇帝が共に宇文護に殺されたのでわざと愚かな振りをして宇文護を欺いて難を逃れた。

宇文覚は北周の初代皇帝孝閔帝。宇文護を除こうとするも露見し殺される。
宇文毓は北周の2代皇帝明帝。名君振りを発揮し恐れた宇文護に殺される。

コピーはできません。