龍珠伝 ラストプリンセス

(追記22)
最終回まで見て全体の感想です。

見る前はどうせアイドル俳優のB級ラブ史劇でしょ?と全く期待せず、つまらなければ途中で止めるつもりで見始めましたが、最初から凄く面白かったです。

この作品、本当に脚本が素晴らしかった。
大抵のラブ史劇は歴史上の人物を登場させる割には史実完全無視だったりするのですが、本作は史実と齟齬を起こさないように上手く事実という布地にフィクションを編み込んでいく形式でこの時代の有名なエピソードはちゃんと網羅しながらオリジナルストーリーを展開しています。

特に本格ミステリー張りの伏線の散りばめ方と最終盤での回収は特筆モノでした。

中盤辺りまではコメディタッチの演出で気軽に楽しく見れて、中弛みする事もなかった。

終盤からは今までのコミカルな演出から打って変わっての悲劇的展開。本当に秀逸な脚本でした。

後は何と言っても易歓を演じたヤン・ズーですね。
自分はこの女優さんを見たのは今作が初めてでしたが、自然で伸び伸びとした演技でコミカルなシーンとシリアスのシーンも全く違和感なく完璧に演じてました。

康煕帝役の秦俊傑も熱のこもった迫真の演技でしたし、脇役陣は他のドラマでちょくちょく見かける人も多くて皆レベル高かったです。

流石に全62話はちょっと長かったので45話とかせめて50話で収めてくれたらほぼ満点ですね。

自分の今まで見た中国ドラマの中ではベスト5に入りそうな位、素晴らしかったです。

(追記21)
第62話最終回まで見ました。

最後のシーケンスで太皇太后が皇帝に語りかける場面。この辺は清の歴史に詳しいか清朝ドラマを沢山見てる人でないと分かりづらいかもしれません。恐らく中国人にとっては説明不要の常識なのでしょう。

太皇太后が康煕帝に言います。「お前の祖父は海蘭珠の危篤を知り戦場から昼夜を問わず馬を走らせ帰京し、心労が祟って亡くなった」と。

清朝ドラマ見た事ない人は何の事か分からないでしょう。自分はたまたま「皇后の記」で祖父…つまりホンタイジが海蘭珠が死の床にあると知り急遽、戦場から戻るシーンを見たところなのですぐに理解できました。

今回は歴史からの引用も多かったですね。
康煕帝がジケンを開放する際に諸葛亮の有名な七縦七禽に擬えたり、大局が読めないと項羽みたいになると言ってみたり。

最後の結末の付け方は史実と齟齬ができないようにするにはやむを得ないでしょうね。

(追記20)
第59話まで見ました。
イッキに色んな謎が解明しました。

気がつきませんでしたが大量の伏線が敷かれていたのがわかってびっくり!
本格ミステリー張りの伏線の数ですね。

あと、あの苦労した銅箱の件がなかったことになっていて文句を書こうと思ったらギリギリになってまた復活。

それにしてもあいつは胡散臭い野郎だと思っていたのですがやはりねえ…

(追記19)
第54話まで見ました。
いよいよ大詰め。
流石の康煕帝も李兄妹の正体を疑いから確信に変えざるを得なくなってきました。

固定ページ: 1 2 3 4 5 6 7

コピーはできません。