昭王~大秦帝国の夜明け(大秦帝国第三部崛起)

(追記28)
第38話最終回まで見ました。
基本的には史実に忠実で有名な故事のエピソードが数多く映像で見られて感慨深かったです。

細かい事を言えば「鼎の軽重を問う」たのは武王ではなく楚の荘王ですし、范雎が処刑されたことになってるのは新しく出土した古文書に「王稽・張禄(=范雎)死す」と記されていた事からこちらを事実として採用したんでしょうね。

(追記27)
第37話まで見ました。
六国連合は衰退した周王朝を担いで錦の御旗にして秦に立ち向かおうとします。

白起を殺して范雎も投獄した昭王は酒を仰いで苦悩します。
そこへなんと恵文王の亡霊が・・まさかのフーダーロン(富大龍)特別出演。
相変わらずの存在感です。

(追記26)
第36話まで見ました。
昭王に直接思いの丈をぶつける白起。
御説御尤もなんですが相手は王なので余りにも遠慮のない物言い過ぎるのでは?

秦は歴代国に尽くした忠臣を誅殺したり迫害してきました。
商鞅しかり張儀しかり。
白起も同じ運命を辿る訳ですが范雎は危機一髪逃れるんですよね。悪運が強い男です。

(追記25)
第34話まで見ました。
この大秦帝国第三部には故事になったエピソードが非常に沢山取り上げられていて楽しい。

平原君は連れて行く食客三十人を選んでいたが、難事であるため厳選したこともあって、もうひとりが決まらない。この時に食客の一人の毛遂と言う者が同行したいと名乗り出てきた。平原君は「賢人と言うものは錐を嚢中(袋の中)に入れておくようなもので、すぐに袋を破って先を出してくるものです。先生が私の所へ来てから3年になるが、評判を聞いていません。お留まり下さい」と断った。毛遂はこれに「私は今日こそ嚢中に入りたいと思います。私を早くから嚢中に入れておけば、先どころか柄まで出ていましたよ」と答え、この返答が気に入った平原君は毛遂を連れて行くことにした。これが「嚢中の錐」の原典である。



他人から何か言われた時の切り返し方一つで運命は変わるものだと改めて思い知らされました。


一方、白起は范雎のせいで昭王から責められています。


全て史実通りの進行です。

(追記24)
第32話まで見ました。

苦渋の決断で趙の投降兵20万を殺した白起。
戦で殺した25万と合わせれば45万人となります。
当然妻の趙蔓に責められます。

ところで白起の妻が趙人だったというのが事実かどうかはわかりませんでした。
その方が白起の苦悩を強調できるというドラマ上の脚色かもしれません。

(追記23)
第31話まで見ました。
歴史に残る重大局面に入ってきました。

白起は史上最も多くの人間を殺した殺戮マシーンとして歴史に名を留めています。
しかしここでは捕虜を生かすか殺すか苦悩する人間白起の姿が描かれています。
合理的に考えれば殺したほうが良いんですよね。
でも道徳的・倫理的に非常に辛い選択ではあります。

(追記22)
第30話まで見ました。
趙括が部下に孫子の兵法を諳んじるように命じるシーンはシニカルですね。
正に机上の空論。
理論ばかりで実戦はそんなに都合よく進みません。
趙の兵45万はこのボンクラのせいで命を落とす羽目に。

年端も行かぬ少年二人に焦点を当ててるのはこの戦の悲惨さを強調する為でしょうね。

(追記21)
第28話まで見ました。
弁舌は滑らかで巧みな趙括ですが実は口だけ達者な役立たずです。
彼を起用した時点で趙の運命は定まってしまいました。

趙括の母親が趙王に面会して父趙奢は息子を全く評価してなかった事を明かし、将軍として起用しないよう懇願したシーンまで史実通りです。

(追記20)
第26話まで見ました。
「事実は小説より奇なり」と言います。
最近完全フィクションのドラマも見ますがやはり面白くない。
何故なら余りにも都合の良すぎる設定が多いから。

やはり本作のように史実に基づくドラマは面白い。
三普である趙・魏・韓、そして南の大国楚。
これらの思惑や戦略が微妙に違うのが流れを複雑化させている。

趙は魏と楚にも一緒に戦って欲しい。
いっぽう韓は趙に以前援軍を拒否されたことを根に持っている。
魏は秦を倒したいのは山々だが魏王は秦を恐れている。

相変わらず合従しても温度差があるのでどれくらい持つのか不安です。
・・と思ってたら秦が飴と鞭で見事に魏を懐柔。
魏は楚との同盟を破棄しました。

(追記19)
第24話まで見ました。
Wikipediaに載ってる史実通りの進行です。

魏斉は趙の宰相の虞卿と共に信陵君(無忌)を頼りましたが断られた為自害。
その後、秦は韓を攻め、上党を割譲することになりましたが、上党は趙への帰属を希望。
趙がこれを受け入れたため秦は趙を猛攻。

長平の戦いは白起最大の戦で趙兵20万人生き埋めを含めて45万人を殺戮したとされています。

変な脚色が全く無く安心して観れます。

(追記18)
第22話まで見ました。
今回は范雎の「睚眦の恨み」を映像化。
前作の張儀も秦に来る前にボコボコにされて出世してから復讐しましたが、全く同じパターンです。
張儀は蘇秦の合従策に対抗して連衡策を唱えましたが范雎は遠交近攻策を献じます。
もうウィキペディアをそのまま映像にしてるようで楽しめました。




范雎に小便を浴びせた須賈は范雎が秦の丞相になったとも知らず見すぼらしい姿に同情し着物をくれてやりました。
そのことで命拾いするのですが。



大国である秦の丞相に小便を掛けた訳ですから命乞いに必死です。

(追記17)
第21話まで見ました。
外戚に牛耳られたり兄弟に地位を狙われたりするのは古今東西変わりません。
今回は母の息子を思う気持ちにグッと来るものがありました。

それにしてもこの大秦帝国を第一部から見てる立場としては統一までの苦難の道が果てしなく険しく辛いものであったのにたった二代で終わらせたのは罰当たりという他ありませんが、そもそもは嬴氏の血筋ですらない呂不韋の息子に乗っ取られたのだから仕方ないのかもしれません。

(追記16)
第20話まで見ました。
戦国四君の趙の平原君と魏の信陵君が登場。
この辺りはある程度下調べしてから見た方がより理解が深まるでしょうね。

(追記15)
第19話まで見ました。
大秦帝国第一部は孝公(嬴渠梁)と商鞅の物語。
第二部は恵文王(嬴駟)と張儀のペア。
そして第三部は昭襄王(嬴稷)と范雎。
二人の出会いもこの3組とも似通っています。
最初はなかなかお目通りも叶わず、その後もすぐには認めて貰えない。

しかし一度信任を得た後は君臣の間柄とは言え親友に近い関係になっていくのも共通しています。

(追記14)
第18話まで見ました。
范雎も前作に登場した張儀も初期にボコボコに殴られて出世してから復讐したという同じようなエピソードがあります。
共に秦で宰相になったのでかなり似通った半生です。

(追記13)
第17話まで見ました。
前作「縦横」からの回想シーンがありましたが懐かしいですね。
大秦帝国はやはり第1部から見るべき作品だと思います。
恐らく中国史の知識もなくいきなり本作から見始めたら訳わからない事ばかりかと思います。

義渠駭が秦を三普(趙・魏・韓)と共に討つ計画を立て、それが韓の宰相によって昭王に知らされる。
義渠駭は嬴稷の母である宣太后のかつての恋人であり配下は皆それを知っているので義渠駭を誅殺するのを躊躇う。

結局は宣太后自らかつて愛した男を殺しました。
息子の天下の為に。

息子の方も愛した女性を死なせる事を母親から強いられ拒む事は相成りませんでした。

なんかしみじみとしました。

さて范雎登場。
歴史上の重要人物なんですがこんな小穢い初老のうだつの上がらなさそうな外見でなんかがっかり。

(追記12)
第15話まで見ました。
前回の「和氏の璧」に引き続き、「黽池の会」の故事を忠実に再現。
変な脚色もなく歴史の勉強にもなる王道の作り。
その後の鄢・郢の戦いにおける白起の水攻めも史実通り。

思えば自分は前作縦横も見てるので羋八子が祖国の楚から秦に嫁いだのも見てきてます。
羋八子は様々な苦難を経て宣太后となった。
自分の息子が自分の祖国の住民を大量虐殺するのはちょっと耐え難いものがあるでしょうね。

この楚人が大量に死んだ時に生まれたから子楚と名付けられた赤ん坊。
この赤子こそ後の荘襄王であり、始皇帝の父(形式上ではあるが)なのです。

屈原も縦横から見てきたのでこの最期には悲哀を感じます。
入水自殺も史実通り。
屈原の無念を鎮めるため、人々は楝樹の葉に米の飯を五色の糸で縛って、川に投げ込むようになった。
これがちまきの由来だそうです。

(追記11)
第14話まで見ました。
奴婢に恋した白起。

今回は「完璧」の由来となった和氏の璧のエピソードがメイン。
小学生の頃、完璧の璧を壁と書いても先生に注意されなかった記憶が・・おかしい。

「昭王」は史記から沢山逸話を拾ってるので第二部の「縦横」より断然歴史モノとしての楽しさが上です。

趙の名将廉頗登場。刎頸の交わりの藺相如も。
史記に出てくる有名人や故事の由来が頻出するのでワクワクします。
ちなみに秦王が和氏の璧と引き換えに15城を渡すつもりがないと見て取った藺相如の怒る様が怒髪天の由来となっています。
この頃は故事成句の宝庫なので「この故事はこんな話から出来たのか!」と豆知識がどんどん増えていきます。

(追記10)
第13話まで見ました。
魏冄は姉が昭襄王の母親であるのを良いことに権力を独占してやりたい放題。
特に常勝将軍である白起を弟分として従えているので無敵です。

魏を攻める白起に対してそれを待ち受けるのは魏の宰相になった薛公こと田文、またの名を孟嘗君。
ここで燕の昌国君が斉70城を落としたというセリフがあり、
「あれ?斉の70城を落としたのは楽毅では?」
と思ったら楽毅の別名が昌国君でした。
同一人物の名称が3つも4つもあるので混乱しますね。
その都度動画を止めて調べながら見ないと理解できません。
白起・楽毅は春秋戦国時代の名将両巨頭なので皆さん覚えておきましょう。

白起=秦が誇るターミネーター。趙兵40万人生き埋めをはじめ生涯で敵兵100万人を殺した
楽毅=弱小燕を導き宿敵斉の70余城を陥落させた。後に諸葛孔明が尊敬していたことで有名

(追記9)
第12話まで見ました。
大法螺吹きの蘇秦は趙と秦を丸め込んで斉を滅亡に導きます。

春秋戦国の七雄の合従連衡は面白いですね。
大秦帝国も第二部はイマイチでしたが、第三部は最初から目を離せません。

以下メモ。
史実としては、紀元前288年に燕・斉・趙・韓・魏の五ヶ国が合従して秦を攻めたが、
五ヶ国連合軍は退却した。

次に紀元前284年には今度は燕・趙・魏・韓・秦の五ヶ国が合従して斉を攻撃している。
蘇秦はこの時に活躍したというのが、この説である。
この時代は秦・斉の二大強国時代であり、蘇秦は燕のために諸国を糾合し
斉を攻撃すべく活動した外交官・間者であった

(追記8)
第10話まで見ました。
蘇秦が二重スパイどころか4重スパイでそんじょそこらのスパイ映画より面白い。
蘇秦主導により燕・斉・趙・魏・韓の連合軍は秦を攻めようと函谷関に集結。

コウモリ男で4重スパイの蘇秦は
燕に対しては「宿敵斉を滅ぼす為」
斉に対しては「宋を併呑する為」
趙に対しては「秦を滅ぼす為」
趙の宰相、奉陽君に対しては出兵してくれたら宋の首都を献上すると良い、斉王に対してはこの約束を後で反故にすればいいと説く。
秦に対してはこの一計は宿敵斉を滅ぼす為であり、秦を攻めるのは振りに過ぎないと弁明。

舌先三寸で六国の王を手玉に取ってきましたがやはり皆、胡散臭く思い、疑い始めた為、全員が敵になってしまった蘇秦。
わくわくする展開です。

(追記7)
第6話まで見ました。
今回は1話丸ごと使って故事「鶏鳴狗盗」を映像化した回でした。

それにしても秦、斉、楚共、内部が一枚岩ではなくて、様々な思惑が交錯する複雑な展開で見応えがあります。

(追記6)
第5話まで見ました。
秦、斉、楚の駆け引きは非常に興味深い。
今ちょうど米中間の摩擦が深刻になってきて、日本の立ち振舞いが難しい状況ですが、このドラマにおいては楚がそのような立ち位置です。

故事「鶏鳴狗盗」の伏線、薛公・田文(孟嘗君)が秦王に狐の皮衣を献上するシーンがあって嬉しくなりました!このシーンがあるという事は、食客が一度あげた皮衣を盗んで、函谷関で鶏の鳴き真似をするシーンもあるという事でしょうからね…と思ってたら早速、食客二人が登場。しかも名前が鶏鳴と狗盗!

歴史マニアには堪らない場面の連続です。

ところで太后役の女優さんは前作「大秦帝国 縦横」からの続投ですが凄い存在感です。若い頃のシーンではお転婆娘ぽい演技でしたが、この長い年月を経て年齢を重ねながら凄味を増していく様を演じるのは高度な力量が必要だと思います、素晴らしい。

(追記5)
第4話まで見ました。
合従連衡の駆け引きが面白い。
楚王をおびき寄せ軟禁した嬴稷。
楚は斉に人質に出している芈横太子を呼び戻して新王に据えようと画策。一方、同じく楚王の息子である子蘭は秦の後ろ盾を得て自分が新王になれるのではと期待する。

秦、楚、斉それぞれの国の内部が一枚岩でなく、沢山の人間の思惑が交錯してなかなか複雑で面白い。

芈横太子は新王即位と同時に斉に領土の割譲を約束。
この案を主導したのは燕から斉に来た蘇秦。

楚という国の新王を斉をバックにした芈横と秦を後ろ盾にした子蘭が争う構図。まだ現在の楚王健在なのに。

久しぶりに本格的な政治ドラマという感じで続きが楽しみです。

(追記4)
第2話まで見ました。
早速蘇秦や田文(孟嘗君)登場。田文役はスリキンで魯粛役だった人。有名どころが多く出てきますね。

この頃は太后とその弟の魏冄が実権を握ってたので、嬴稷がそれを奪おうと苦心しているところです。

一方、薛公である田文が数多くの食客を抱え、鶏の物真似が上手な男と犬泥棒を召し抱えるシーンがある。
これはまさしく有名な「鶏鳴狗盗」の前フリですね。
孟嘗君が好きな自分はちょっと感動。
ちなみに祇園祭の山鉾巡行のくじ取らずの函谷鉾は鶏鳴狗盗の故事に因んだものです。

(2020/7/24 追記)
ケーブル解約して見れてなかったのですが、2年の歳月を経てやっと見れます!

このドラマは本格的な歴史ドラマで最近主流のラブ史劇とは違います。逆に言うとある程度の基礎知識がないとなかなか見ても理解できないかもしれません。

もっともキングダムの流行でこの時代の知識を日本人も多少は持ってきているのでタイミング的には良かったかもしれません。

自分は第一部、二部と見てきたし、この春秋戦国時代は好きな時代なのでとても楽しみです。蘇秦や范睢、孟嘗君といった重要人物が出てくるはず。

主役の昭王はスリキンで孫権だった人ですね。

ところでOPとEDが安っぽくて音楽も手抜きされてますね。第一部と第二部の音楽が重厚で良かったのでちょっと拍子抜けです。一応第二部のモチーフ再利用されたりもしてますけど…

(2018/09/25:加筆修正)
日本でもチャンネル銀河で放送が開始されてDVD-BOXも発売されました!

(2017/02/12:加筆修正)

大秦帝国第三部崛起が中国では既に放送されたらしいです。
↑どうやら2017年2月にようやくスタートだそうです。

5736789222

三国志 Three Kingdomsで孫権をやってたチャン・ボー(張博)が主役の昭襄王を演じています。

5736235204

8566591755

前作の縦横にて芈八子だった人がそのまま昭襄王の母親として宣太后役。

7036787975

369714869

ストーリー的には要になってくる白起。
5381978913

范雎
376193428

魏冉
376308204

あと何故か今更、蘇秦。
前作で張儀は主役級で出てるのに本来縦横家のもう一人の大物が出てこないのが不自然だったんですよね。

そしてなんと孟嘗君をスリキン魯粛の人が!

1859089289

鶏鳴狗盗のエピソードがある!
鶏鳴と狗盗がそれぞれキャスティングされています。

6918840106

他にも戦国四君が!

春申君
4774540861

信陵君
1370962712

この時代の有名どころが続々と。

廉頗
376927091

屈原
4528288869

この「大秦帝国」は第一部が孝公(嬴渠梁)、第二部が恵文王(嬴駟)と武王(嬴蕩)、そしてこの第三部が昭襄王(嬴稷)と秦の君主を順番に描いています。

当然最後は始皇帝(嬴政)もしくは二世皇帝(嬴胡亥)だと思われますが、残りどうするんでしょうね?
嬴政までは孝文王と荘襄王を残すのみですが二人とも短命でしたし。

日本での放送は恐らく2017年以降になるでしょうね。

コピーはできません。