昭王~大秦帝国の夜明け(大秦帝国第三部崛起)

(追記28)
第38話最終回まで見ました。
基本的には史実に忠実で有名な故事のエピソードが数多く映像で見られて感慨深かったです。

細かい事を言えば「鼎の軽重を問う」たのは武王ではなく楚の荘王ですし、范雎が処刑されたことになってるのは新しく出土した古文書に「王稽・張禄(=范雎)死す」と記されていた事からこちらを事実として採用したんでしょうね。

(追記27)
第37話まで見ました。
六国連合は衰退した周王朝を担いで錦の御旗にして秦に立ち向かおうとします。

白起を殺して范雎も投獄した昭王は酒を仰いで苦悩します。
そこへなんと恵文王の亡霊が・・まさかのフーダーロン(富大龍)特別出演。
相変わらずの存在感です。

(追記26)
第36話まで見ました。
昭王に直接思いの丈をぶつける白起。
御説御尤もなんですが相手は王なので余りにも遠慮のない物言い過ぎるのでは?

秦は歴代国に尽くした忠臣を誅殺したり迫害してきました。
商鞅しかり張儀しかり。
白起も同じ運命を辿る訳ですが范雎は危機一髪逃れるんですよね。悪運が強い男です。

(追記25)
第34話まで見ました。
この大秦帝国第三部には故事になったエピソードが非常に沢山取り上げられていて楽しい。

平原君は連れて行く食客三十人を選んでいたが、難事であるため厳選したこともあって、もうひとりが決まらない。この時に食客の一人の毛遂と言う者が同行したいと名乗り出てきた。平原君は「賢人と言うものは錐を嚢中(袋の中)に入れておくようなもので、すぐに袋を破って先を出してくるものです。先生が私の所へ来てから3年になるが、評判を聞いていません。お留まり下さい」と断った。毛遂はこれに「私は今日こそ嚢中に入りたいと思います。私を早くから嚢中に入れておけば、先どころか柄まで出ていましたよ」と答え、この返答が気に入った平原君は毛遂を連れて行くことにした。これが「嚢中の錐」の原典である。



コピーはできません。