昭王~大秦帝国の夜明け(大秦帝国第三部崛起)

(追記28)
第38話最終回まで見ました。
基本的には史実に忠実で有名な故事のエピソードが数多く映像で見られて感慨深かったです。

細かい事を言えば「鼎の軽重を問う」たのは武王ではなく楚の荘王ですし、范雎が処刑されたことになってるのは新しく出土した古文書に「王稽・張禄(=范雎)死す」と記されていた事からこちらを事実として採用したんでしょうね。

(追記27)
第37話まで見ました。
六国連合は衰退した周王朝を担いで錦の御旗にして秦に立ち向かおうとします。

白起を殺して范雎も投獄した昭王は酒を仰いで苦悩します。
そこへなんと恵文王の亡霊が・・まさかのフーダーロン(富大龍)特別出演。
相変わらずの存在感です。

(追記26)
第36話まで見ました。
昭王に直接思いの丈をぶつける白起。
御説御尤もなんですが相手は王なので余りにも遠慮のない物言い過ぎるのでは?

固定ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

コピーはできません。