瓔珞<エイラク>〜紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃〜(延禧攻略)

清朝ドラマの基礎知識「清朝ドラマにハズレなし!」

(2021/9/22 追記・修正しました)

中国歴史ドラマを沢山見てきましたが、何故か清代を取り上げたものが多いですね。

自分も最初はよくわからず見ていたのですが色々調べながら見てみるとその時代背景からドラマの理解度も深まります。

中国4000年の歴史と言われていますが、数多くの王朝が興っては滅びを繰り返してきました。日本みたいに単一の王朝が2000年も続く方が例外と言えるでしょう。

三皇五帝がいたとされる神話時代から始まり、王朝としては夏〜殷〜周〜春秋戦国〜そして始皇帝による秦が初めて中国全土を統一。

しかしその秦は2代であっけなく滅び、その後、漢があとを継ぎます。漢字、漢民族はここから名付けられました。

漢は一度新に簒奪されたので、前漢〜新〜後漢〜そして日本人に一番人気の三国時代。

以下、晋〜五胡十六国〜南北朝と来て、遣隋使・遣唐使でお馴染みの隋〜唐〜五代十国〜宋、ここでチンギス・カンの孫クビライ(フビライ)率いるモンゴル帝国に全土を征服された王朝が元。

その後、漢民族が取り返したのが明ですが、結局今度は女真族に征服されてしまいます。それが清です。

つまり清というのは漢民族の国ではなく女真族という北方民族による征服王朝なのです。女真族は後に満州族と改めます。清の前は金と号していました。

清のドラマだけは一目見ただけですぐに見分けがつきます。何故なら男性が皆「辮髪」だから。辮髪というのは前頭部は髪を剃って後頭部だけ伸ばして三編みにしています。

昔の日本人はあの髪型を中国人独特のものと思ってラーメンマンという漫画のキャラクターにもなっていますが、漢民族はあんな髪型は元々していなかったのに清王朝に強制されたのです。辮髪を拒否する者は死刑にし「頭を残す者は、髪を残さず。髪を残す者は、頭を残さず」と言われました。

あと清のドラマの特徴としては前述した時代背景から明(漢民族)と清(満州族)の対立が織り込んであります。

そしてもう一つは清が明を倒す際に呉三桂という明の将軍が清に寝返っていてその事で歴史が変わったのでよく登場します。この時寝返った相手が清朝のドラマでお馴染みのドルゴンでした。

清朝の皇族だけではなく反清復明の人物や清朝の重臣オーバイ(オボイと表記されることもある)などは複数のドラマに登場しますので色々見ていく内に覚えていくと思います。

【オススメの観る順番】