月に咲く花の如く

月に咲く花の如く

    (追記29)
    総評です。
    まず本作は名作と言っていいでしょう。
    脚本、映像、音楽、演出どれをとってもレベルが高い。

    映像は美しく、かつ撮り方も凝ってます。
    BGMも情感を盛り上げてくれました。

    演技は脇役、端役レベルまで文句なし。
    本作は悪人が多く登場しますが、本当にどいつもこいつも憎たらしい。あと嫉妬に燃える胡咏梅や呉漪も迫真の演技でしたし、呉蔚文や沈四海に周老四といったおじさん達も流石の安定感。

    自分的には趙白石役の人が良かったですね。

    そしてなんと言っても周瑩役のスン・リー。
    実は「宮廷の諍い女」の時は周りが凄過ぎてスン・リーはいいとは思えなかったんですが、本作では神憑り的な演技でした。

    ストーリーの方は度重なる試練に負けない周瑩の姿に心を打たれましたが、彼女の知恵や才気にも感心しました。劇中で范蠡の商訓が何度か出てきましたが本ドラマは商売をやってる人にも是非見て欲しいですね。ビジネスの本質を突いてるシーンが数多くあり、非常に参考になりました。

    固定ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17

    テキストのコピーはできません。
    通知を有効にしますか? はい 結構です