月に咲く花の如く

(追記29)
総評です。
まず本作は名作と言っていいでしょう。
脚本、映像、音楽、演出どれをとってもレベルが高い。

映像は美しく、かつ撮り方も凝ってます。
BGMも情感を盛り上げてくれました。

演技は脇役、端役レベルまで文句なし。
本作は悪人が多く登場しますが、本当にどいつもこいつも憎たらしい。あと嫉妬に燃える胡咏梅や呉漪も迫真の演技でしたし、呉蔚文や沈四海に周老四といったおじさん達も流石の安定感。

自分的には趙白石役の人が良かったですね。

そしてなんと言っても周瑩役のスン・リー。
実は「宮廷の諍い女」の時は周りが凄過ぎてスン・リーはいいとは思えなかったんですが、本作では神憑り的な演技でした。

ストーリーの方は度重なる試練に負けない周瑩の姿に心を打たれましたが、彼女の知恵や才気にも感心しました。劇中で范蠡の商訓が何度か出てきましたが本ドラマは商売をやってる人にも是非見て欲しいですね。ビジネスの本質を突いてるシーンが数多くあり、非常に参考になりました。

一方ラブロマンスの方は結局成就せぬ恋ばかりで感動的なラブストーリーを期待して見ると肩透かしに遭うかもしれません。

終盤の周瑩と沈星移のやり取りには若干違和感を覚えました。沈星移の立ち振る舞いに関してだけはちょっと設定ミスじゃないかと思います。

悪役である杜明礼の結末も取って付けたような感じが否めません。あれ程抜かりなかった人間が最後急に愚かになるのは明らかな演出ミスですね。

いくつか不満な箇所はあるものの総じてみるといい作品には間違いないし、ここ最近観た中では上位に位置するドラマでした。

(追記28)
第74話最終回まで見ました。
長かった…

沈星移は最初から最後まで愚かでしたね。呉沢も。

西太后がWikipediaに載ってる実物とそっくりの女優さんでびっくり!

周瑩は実在の人物なので齟齬がないようにするにはああいう結末にするしかなかったんでしょうね。

(追記27)
第70話まで見ました。
物語冒頭の謎が一気に解明しました。

中国ドラマの悪い共通点ですが終盤駆け足で一気に伏線回収してしまうところが本作でも出ています。

あれ程スキのなかった杜明礼が急に雑魚キャラになったり色々と強引な展開です。

極悪人の一人がやっと天誅されました。

ここまでは丁寧な描き方だったのですが急に雑になった感が否めません。

(追記26)
第66話まで見ました。
日本礼讃シーンが沢山挿入されますが、よく中共が認めましたね。未だに抗日ドラマ作ってるのに。

最近は中国のニュースサイトが日本をベタ褒めする記事を載せる事も多いのですがついつい深慮遠謀を疑ってしまいます。

日本に行ってた沈星移。周瑩に酷い言葉を浴びせ突き放した時には少しは計算できる男になったかな?と思いましたがまだまだ脇が甘いような…

一方で趙白石の方はちょっとだけ賢くなったみたいですが杜明礼と対峙するにはまだ甘い気がします。

「変法を行なった商鞅の末路がどうなったか…」

中国人には常識ですが、分からない日本人の方は是非
「大秦帝国 第一部」をご覧下さい。春秋戦国時代に中国の西の果ての遅れた国だった秦が商鞅の変法を取り入れて強国になり、それがやがて秦の始皇帝の中国全土統一に繋がるのですが、この秦にとっての大恩人である商鞅自身は既得権益を奪われた貴族の恨みを買い、車裂きの刑に処されるという非業の末路を迎えます。

(追記25)
第65話まで見ました。
ま、彼が死んだのはフェイクだと思ってましたけど。
冷たくあたるのも勿論理由があるのは明白。

コピーはできません。