月に咲く花の如く

(追記29)
総評です。
まず本作は名作と言っていいでしょう。
脚本、映像、音楽、演出どれをとってもレベルが高い。

映像は美しく、かつ撮り方も凝ってます。
BGMも情感を盛り上げてくれました。

演技は脇役、端役レベルまで文句なし。
本作は悪人が多く登場しますが、本当にどいつもこいつも憎たらしい。あと嫉妬に燃える胡咏梅や呉漪も迫真の演技でしたし、呉蔚文や沈四海に周老四といったおじさん達も流石の安定感。

自分的には趙白石役の人が良かったですね。

そしてなんと言っても周瑩役のスン・リー。
実は「宮廷の諍い女」の時は周りが凄過ぎてスン・リーはいいとは思えなかったんですが、本作では神憑り的な演技でした。

ストーリーの方は度重なる試練に負けない周瑩の姿に心を打たれましたが、彼女の知恵や才気にも感心しました。劇中で范蠡の商訓が何度か出てきましたが本ドラマは商売をやってる人にも是非見て欲しいですね。ビジネスの本質を突いてるシーンが数多くあり、非常に参考になりました。

一方ラブロマンスの方は結局成就せぬ恋ばかりで感動的なラブストーリーを期待して見ると肩透かしに遭うかもしれません。

終盤の周瑩と沈星移のやり取りには若干違和感を覚えました。沈星移の立ち振る舞いに関してだけはちょっと設定ミスじゃないかと思います。

悪役である杜明礼の結末も取って付けたような感じが否めません。あれ程抜かりなかった人間が最後急に愚かになるのは明らかな演出ミスですね。

いくつか不満な箇所はあるものの総じてみるといい作品には間違いないし、ここ最近観た中では上位に位置するドラマでした。

(追記28)
第74話最終回まで見ました。
長かった…

沈星移は最初から最後まで愚かでしたね。呉沢も。

西太后がWikipediaに載ってる実物とそっくりの女優さんでびっくり!

周瑩は実在の人物なので齟齬がないようにするにはああいう結末にするしかなかったんでしょうね。

(追記27)
第70話まで見ました。
物語冒頭の謎が一気に解明しました。

中国ドラマの悪い共通点ですが終盤駆け足で一気に伏線回収してしまうところが本作でも出ています。

あれ程スキのなかった杜明礼が急に雑魚キャラになったり色々と強引な展開です。

極悪人の一人がやっと天誅されました。

ここまでは丁寧な描き方だったのですが急に雑になった感が否めません。

(追記26)
第66話まで見ました。
日本礼讃シーンが沢山挿入されますが、よく中共が認めましたね。未だに抗日ドラマ作ってるのに。

最近は中国のニュースサイトが日本をベタ褒めする記事を載せる事も多いのですがついつい深慮遠謀を疑ってしまいます。

日本に行ってた沈星移。周瑩に酷い言葉を浴びせ突き放した時には少しは計算できる男になったかな?と思いましたがまだまだ脇が甘いような…

一方で趙白石の方はちょっとだけ賢くなったみたいですが杜明礼と対峙するにはまだ甘い気がします。

「変法を行なった商鞅の末路がどうなったか…」

中国人には常識ですが、分からない日本人の方は是非
「大秦帝国 第一部」をご覧下さい。春秋戦国時代に中国の西の果ての遅れた国だった秦が商鞅の変法を取り入れて強国になり、それがやがて秦の始皇帝の中国全土統一に繋がるのですが、この秦にとっての大恩人である商鞅自身は既得権益を奪われた貴族の恨みを買い、車裂きの刑に処されるという非業の末路を迎えます。

(追記25)
第65話まで見ました。
ま、彼が死んだのはフェイクだと思ってましたけど。
冷たくあたるのも勿論理由があるのは明白。

周瑩に関わる男二人は今まで杜明礼にやられっ放しだったので流石に今回は慎重に敵にバレないように隠密行動という事でしょう。

急に乙女になった周瑩には気の毒な仕打ちではありますが。

(追記24)
第60話まで見ました。
死罪を言い渡された周瑩。

面会に来た趙白石に対して彼女は
「こうなったのも大志を抱いたせいだ」と語ります。

何度もやっと全てが上手く行きそうになった途端、何度もどん底に突き落された彼女の言葉に見ていてグッと来るものがあります。

「正しく生きても世の中が間違ってる」

このシーンの彼女の台詞は心を動かされるものばかりです。

「陥れた相手も手口もわかっているのに」
趙白石の台詞にもやっと敵を認識してくれたかと思いました。もっと早くなんとかならなかったのかと。

そしてまさかまさかの展開…
このドラマ見る人の予想を裏切るのが得意ですね。

(追記23)
第58話まで見ました。
ラスボスの杜明礼は別として悪女が次から次へと登場しますね。

このドラマ名作だとは思うんですが、主人公が試練の連続で見ていてツラい。こういうトコトン主人公がいたぶられて悪役が強すぎるのは「傾城の雪」以来ですかね。

「宮廷の諍い女」とか「名家の妻たち」は中盤以降、主人公側の反撃のターンになるのですが、本作はもう終盤に入ってますが未だにボコボコにされる一方です。

それにしても古今東西、権力者や政府って腐敗するのが当り前なんですね。

(追記22)
第54話まで見ました。
沈家の仕業により呉家が仕入れた茶葉が全部水に浸かってしまいます。

全て捨てようとする周瑩の前にその茶葉をくれという老人が現れる。

カビが生えてるのにと訝しむ周瑩に対してその茶葉で入れたお茶を飲ませる老人。

飲むと美味しい。
これ、緑茶ですよね?
と言う事はもしかして発酵して烏龍茶になったとか?!

緑茶→烏龍茶→紅茶と発酵度合いによって変わるんですがそれを発見したことにするんですかねえ〜
*紅茶からさらに菌を使って発酵させたのがプーアル茶で劇中でイメージされてるのはプーアル茶みたいです。

なかなか面白い展開です。

相変わらず杜明礼と沈家の連中は極悪非道ですね。

(追記21)
第51話まで見ました。
ある意味感動回であり、ちょっと意外な展開でした。
周老四は最後に良い事色々言い残しましたね。
胡咏梅は最後まで毒婦でしたがやっと報いを受けました。

ここから舞台は上海へ…

(追記20)
第50話まで見ました。
愚かな胡咏梅はいい気味ですね。
それにしても敢えてこんなブスをキャスティングしたんですかね〜性格の悪さが顔に滲み出て確かにハマってますけど。

周瑩の父、周老四は本当にクズ親父ですね。これまでも散々娘に迷惑掛けてきて懲りない馬鹿親です。見ていてイラッときます。

あいも変わらず杜明礼は極悪非道ですね。ラスボスなのでなかなか尻尾を掴ませませんが。

周瑩の商売はやっと軌道に乗ってきました。

で…重大な事実が判明するかも…

(追記19)
第47話まで見ました。
このドラマはビジネスをしている人にオススメですね。周瑩の人心掌握術は参考になります。敵を赦して味方にしてしまう手際は素晴らしかったです。

春杏は本当にいい子ですね。人の心の痛みがわかって思いやりがあって…こういう女性が一番好きです。

上海に行った沈星移から電報を受け取った周瑩。
破壊された織布局を再建する為、壊した張本人達を雇い入れる周瑩。従業員に株を買って貰い、それを元手に中古機械を購入。説明書が英語なので教会の牧師に翻訳を頼む。でもみんな西洋人を怖がり近づこうとしない。安心させる為に周瑩は趙白石の手を取り牧師と握手させる。

周瑩に手を握られた趙白石は茫然。どれだけウブなんだか。

(追記18)
第45話まで見ました。
周瑩は苦難の連続で可哀想ですね。

沈家のおばあちゃんが呉家に乗り込んで来て周瑩を罵ります。

周瑩は関係者を一堂に集めて生涯再婚しないと誓います。衝撃を受ける沈星移と趙白石。

ずっと重苦しい展開で見るのも疲れます。
まだ30話もあるんですよね。
名作なのは間違いないですし、スン・リーの演技も素晴らしいんですが、何度も繰り返し見たいドラマではないですね。

どれだけ妨害されても決してへこたれない周瑩の姿には感銘を受けるのですが、すぐに報われることはなく、何度も試練を与えられる姿を見続けるのは精神的に滅入ります。

こういう中国ドラマ多いですね。

(追記17)
第39話まで見ました。
まさかの胡咏梅から杜明礼への引き抜き・・というか事実上の求婚。

ところで杜明礼と配下の査坤の関係がイマイチよくわかりません。査坤は杜明礼の事をご主人と呼ぶ割には平然と脅したりしてますし、結局二人共貝勒の下僕なのでほとんど対等なのかもしれません。

(追記16)
第34話まで見ました。
山賊に誘拐された周瑩と沈星移御一行。
死を前にして周瑩に愛の告白をする沈星移。
趙白石も命懸けで皆を救出。もしかしたら彼も周瑩の事を好きになったのか?

今回も黒幕は杜明礼なんですが、沈星移の父親は大体の事は知っていても沈星移自身も周瑩も杜明礼のことをちょっと胡散臭い位にしか思ってないんですよね。
この後沈星移と周瑩の関係が近づけばお互いの情報を繋ぎ合わせて杜明礼が諸悪の根源だとわかると思うのですが…

(追記15)
第31話まで見ました。
呉家も沈家も綿布を大量生産して売り出すものの、胡咏梅が質のいい洋布を販売しだしたので客を全部取られ全く売れない事態に。

沈家の主は杜明礼に泣きついて、その杜明礼は胡咏梅にしばらく休業をお願い。胡咏梅はその要求を拒否した代わりに株を2割差し出す。

杜明礼は悪党ですが胡咏梅には子供の頃餓死寸前の所を助けてもらった恩があり、彼女に対してだけは冷酷になれないみたいです。

商売の話はとても興味深い。商いの基本は古今東西変わりませんから。

(追記14)
第29話まで見ました。
今更ですが、これ実話が元になってるんですね。
勿論脚色はあるでしょうけど完全フィクションと違って狙ってないのがいいですね。

商売人として再出発した周瑩。
早速商売の真髄を見せてくれています。
沈星移も道楽息子だったのがなかなか筋がいいかもしれません。

現在中国ドラマ7本同時視聴中ですが本作がダントツに面白いです。

スン・リーもこの役にピッタリ。こっちの方が地に近いんじゃないでしょうか?

(追記13)
第25話まで見ました。
やっと毒婦柳婉児に天誅が下りました。
このドラマにおける悪役は柳婉児と杜明礼ですが、杜明礼はラスボスぽいのでまだまだ暗躍を続けそうです。取り敢えずは殺人鬼の糞女が死んでスッキリしました。

呉家の話は一段落で次は沈家の災難ですね。

(追記12)
第22話まで見ました。
柳婉児の手下で虚偽の告発をした宝来って「皇帝の恋 寂寞の庭に春暮れて」で小徳子だった人ですね。あの時はいい人役だったのに今回は悪役。

さて、主役は勿論周瑩ですが、それを支える2番目の主役が沈星移になりましたね。

演じてるチェン・シャオ(陳暁)はもう何度となく見てきてます。

「後宮の涙」では準主役でしたし、「雲中歌~愛を奏でる~」「月下の恋歌 笑傲江湖」でも活躍。よく考えたらこの3作ともヤン・ロン(楊蓉)とセットで出てるんですよね。

直情的な青年が向いてる俳優さんで本作でもそんな感じですね。

(追記11)
第21話まで見ました。
呉蔚双の妻・柳婉児は毒婦ですね。
まさに悪魔の化身。

周瑩にとっては辛い状況が続きます。
それにしても呉家の連中は呉蔚文と呉聘以外全員人間の屑ですね。

(追記10)
第19話まで見ました。
最初の頃のコミカルタッチな作風から打って変わって壮絶な悲劇になってきました。

呉蔚文役の張晨光さんは本当に名優です。
素晴らしい演技です。
悲劇的な役が多くて「傾城の雪」でも本作と同じように無実の罪を着せられて殺されましたし、「則天武后〜美しき謀りの妃(美人天下)」でも途中退場。どれも印象に残る演技でした。

周瑩がやっとおおかたの事実を知ってこれから呉家東院を復興するんでしょうね。苦難の道が待ち受けてる予感。

(追記9)
第17話まで見ました。
相変わらず周老四はクズ親父ですね。
同じくクズだった沈星移は急に改心しました。

ところでこのドラマほとんど美人がいません。
基本おじさん。呉蔚文役の人は本当にいい役者です。
一番美人は沈家の玲瓏ですね。

ここからしばらくは呉家東院の凋落が始まるんでしょうね。後ろ盾がどんどん失脚してるようです。

(追記8)
第16話まで見ました。
まさかまさかの衝撃的展開…
これは意外というかちょっと予想してませんでした。

こう来るということはここから先かなりヘビーな話が待ち受けてるんでしょうね。久しぶりにドラマでショックを受けました。

呉蔚文役の人は名優ですね。この人の演技は「則天武后〜美しき謀りの妃(美人天下)」「傾城の雪」で見てきましたが味があります。

すっかり杜明礼にはめられた呉家東院はどうなるんでしょうか?

(追記7)
第11話まで見ました。
周瑩が義父に啖呵を切って呉家東院を出ていこうとするのを呉聘が引き留めるシーンは感動しました。思わず泣きそう…ピーター・ホーもなかなか良いですね。それにも増してスン・リーの演技は神がかり的です。前段の炊き出しシーンで呉聘がまた怪我をしたのではと大慌てで心配する周瑩が呉聘を抱きしめる場面が良い前振りになっていて感動を強めています。

実は「宮廷の諍い女」の時は他の演者のレベルが高過ぎてスン・リーはそれ程いいとは思わなかったんですが、今作は最高です。文句なし。

(追記6)
第8話まで見ました。
周瑩のパートはコメディタッチで笑えます。

一方、杜明礼の方は、恐ろしい陰謀が進行中…
しかも、せっかく正義の味方のはずの趙白石ですが、彼の師匠が杜明礼と組んで呉家東院を陥れようと画策。この師匠役の人「三国志 Three Kingdoms」で華歆役だった人ですね。ちなみに華歆は当ブログのタイトル「割席断交」の故事の人です。

杜明礼は胡咏梅に気があるみたいですね。

おどろおどろしい話とバカバカしい話が並行して進むところがコントラストが効いています。

(追記5)
第7話まで見ました。
周瑩が義母から歩き方を教わるシーンは思わず笑ってしまいました。スン・リーの地に近いのは周瑩じゃないかと思ってしまう程、自然です。

その上、義父まで怒らせたのに逆ギレして開き直り。
もう面白過ぎます。

コメディとして楽しめるドラマですね。

(追記4)
第6話まで見ました。
杜明礼という貝勒の手先やらが色々と悪巧みをしてそうなんですが、イマイチ謎です。

裁判官みたいな趙白石は正義感が強くて、しかもなかなか賢いので信用できる存在ですね。

それにしてもこのドラマ、美人がいませんね。
イケメンもいないし、宮廷モノではないので、セットや衣装も地味ですし、本当に脚本と演技力のみで勝負といったところ。

脇役陣に見覚えのある顔が多数。沈家の奥様とか、花嫁の父親の胡志存役の人はあちこちのドラマに出てますね。

メインキャストより侍女役の方がまだ可愛い。
沈家の侍女とか、呉家の春杏とか。

周瑩が胡咏梅の代わりに花嫁役を引き受けた結果、呉聘の意識が戻った辺りのクダリは結構感動的でしたね。その上まさかの本当の花嫁になるとは。

(追記3)
第4話まで見ました。
急にミステリー仕立てになってきました。
朝廷に収める薬の原材料がすり替わって、呉家も沈家も相手が自分達をハメたと疑う。

ということは両家とも第三者に嵌められた可能性が高いのですが、今の所謎です。

沈月生は呉家の倉で謎の死を遂げて、沈家は呉家東院に殺されたと大騒ぎ。

周瑩が呉聘に今までの嘘を告白したシーンは良かったですね。もう二度と嘘をつくなという呉聘に対して、「殺されそうな時も嘘を言ってはいけない?善人を救う為の嘘でもダメと?」と相変わらず屁理屈をごねる周瑩。いやぁ〜スン・リー最高です。声は配音だと思うのですが、これまでのスン・リーとは全く別人で、演技は素晴らしいの一言。

話自体も面白くなってきたので期待です。

(追記2)
第3話まで見ました。
呉聘の父親、呉蔚文役の人は見かけた事ある人。
張晨光さん。
「則天武后〜美しき謀りの妃(美人天下)」で武則天と敵対する長孫無忌役でした。同じ于正プロデュースの「傾城の雪(倾城雪) 」ではヒロインの父親の江学文役でしたね。

それにしてもスン・リーはこの役にドンピシャですね。「宮廷の諍い女」の時より今回の方がハマってます。

薬屋の争いというのは「名家の妻たち」と同じですね。薬の原材料に混ぜものをしたら安く上がるという下りも同じでした。

(追記1)
第2話まで見ました。
スン・リーが演じてる役、周瑩っていうんですね。
でまかせの嘘八百並べ立てるシーンは面白かった。
育ちの悪い田舎娘って感じがよく出ています。

ピーター・ホーが演じてるのは呉聘、チェン・シャオは沈星移です。

あと一人、謎の男がいますね。

沈星移の兄、沈月生を演じてる人は「武則天-The Empress-」で李世民の何番目かの息子を演じてた人ですね。李解さんですか。

物語は周瑩を巡る男同士の取り合いと商売敵間の陰謀みたいな話が並行して進む感じですかね。

ラブストーリーに商売敵同士の争いを絡めるのは、「傾城の雪」「名家の恋衣」でもありましたが、こういうパターンが中国の人は好きなんでしょうかね。
***

とりあえず観てみます。
「宮廷の諍い女」で一躍トップ女優の座に躍り出たスン・リーが今回はガサツでふてぶてしい詐欺師家族の娘という役どころですが、上手いですね〜

男性陣は「三国志 Three Kingdoms」で呂布、 「項羽と劉邦 King’s War」では項羽を演じていたピーター・ホー(何潤東)と「後宮の涙」「雲中歌~愛を奏でる~」「月下の恋歌 笑傲江湖」ですっかり見飽きたチェン・シャオ(陳暁)です。
今回は辮髪ですがこの両人は余り似合いませんね。
辮髪が似合うのはハウィック・ラウですね。

さてスン・リーは美人とは思わないですが、演技力はピカイチです。早速厚かましい詐欺女を見事に演じてます。

チェン・シャオは出まくってるので安定感があります。ピーター・ホーの方は武人でしか見た事がないのでこの手の役をどのように演じるのか期待半分不安半分といったところ。

まだ1話見ただけですが、品のない女を演じてるスン・リーを見てるだけで楽しいです。

また進みましたら追記します。

コピーはできません。