蒼穹の昴

蒼穹の昴

(追記11)
25話最終回まで見ました。

蒼穹の昴

梁文秀は無事妹と日本へ脱出。

蒼穹の昴

伏線の龍玉を回収・・

蒼穹の昴

やはりこのドラマの最大の見どころは西太后の人となりです。
田中裕子さんがこんなに凄い女優さんだとは思いませんでした。
台詞は吹き替えですが撮影時にちゃんと中国語の台詞を言ってるのかそれらしく口を動かしてるだけなのか気になります。

蒼穹の昴

紫禁城を追い出される春児。

蒼穹の昴

西太后の居所は「儲秀宮」。
清朝ドラマをある程度見た人にはお馴染み。
「エイラク」ではあの恐ろしい高貴妃が住んでいました。

調べてみると富察皇后も長春宮に住む前は儲秀宮に住んでいましたし、なんとエイラクも一時住んでたそうです。

蒼穹の昴

まさかのワンショットと字幕だけで片付けるという荒業。
いや、その辺をじっくり見たかったんですが・・

普段中国ドラマの話数が長いと文句を言ってますが本作はやはり短すぎました。

西太后の苛烈な性格とその裏側の人間らしい一面が混在する複雑なキャラクターをよく表現できていましたし、抑圧された光緒帝も流石チャン・ボー(張博)といったところ。

でも架空の兄弟の話で話数取られたので歴史ドラマとして扱えた範囲が狭かったのが残念で描き方も浅かったですね。

(追記10)
24話まで見ました。

蒼穹の昴

話数的に戊戌の政変だけで終わりそうで肩透かし・・

蒼穹の昴