風中の縁

(追記9)
第35話最終回まで見ました。
あの飛び降りシーンもっとちゃんとできなかったのか・・

ま、それはさておき全体的には素晴らしい作品でした・・と自分は思ったのですがレビュー見てると割と批判的な意見が多くてちょっとビックリしました。確かに秦湘がこだわってきた復讐とやらが結局よくわからず仕舞いでしたし、ツッコミどころはいっぱいあります。

主題は「無償の愛」だと思うんですよね。その視点から行くと九爺の行為は感動を誘うものだと思えるのですが・・

全体を通して一本調子にならずバラエティに富んだ展開で退屈になるところはなかったし、35話という話数もちょど良い。昨今の50話以上の話数の割に同じパターンの繰り返しという中華ドラマが多い中では非常にコンパクトにまとまって優秀。

あとはやはり演技レベルが非常に高い。脇役・端役レベルまで下手な人は一人もいません。
勿論一番凄いのは主役のリウ・シーシー(劉詩詩)。この人は飛び抜けて美人という訳ではないですが、本当に表情が豊かで魅力的ですね。感情表現もダイナミックレンジが広いです。

次は何度も書いてますが秦湘役の女優さん。精気を失った顔というんでしょうか、そういうのも巧いし微妙な表情のコントロールが卓越していました。

それと石謹言役の俳優さん。ベテランバイプレイヤーの実力を十二分に発揮といったところでしょうか。

確かに結末は色んな意見が出そうな感じではありましたが、自分的には心に染みる名作と感じられました。

(追記8)
第31話まで見ました。
シン月は秦湘から散々酷い目に遭わされてきたのにどうして秘密を守り続けるのでしょうか?ハン・ドン演じる李佶は割と冷静に秦湘が復讐の為動いてると見抜いて諦めるように諭すところまでは良かったのですが、結局は情愛に負けてしまったようです。

それにしても秦湘は非常に難しい役どころですが演じてる女優さんは本当に上手ですね。
こういう露骨ではない内に秘めた悪意を表情として表現するのは非常に高度な技術だと思うのですが。まあこのドラマは他のキャストも含めて皆演技レベルが高いです。他に優秀だと思うのは九爺の側近である石謹言役の人とかですかね。

今の所全体的に非常にいい作品だと思います。 

(追記7)
第29話まで見ました。
皇后と万家、敵対する秦湘、そして万家にこれ以上力を持たせたくない陛下の権力闘争が複雑で興味深い。
復讐に生きる秦湘が哀れです。シン月は相変わらず本当に砂漠育ちかと疑う程、頭が良すぎる。
3人の恋模様と宮廷の権力闘争が絡み合って盛り上がってきた終盤です。

(追記6)
第25話まで見ました。あーシン月可哀想です。同情できる面があるとは言え、今日の状況の責任は、やはり九爺にあると言わざるを得ないです。

メインの3人の演技は良いですね、脚本の良さと相まって素晴らしい作品に仕上がってると思います。特にリウ・シーシーは最高です。

(追記5)
第22話まで見ました。シン月を巡る二人の男という主題でしばらく続いてきましたが、ここに来て史実をなぞる展開に変わってきました。この辺りの構成はシリーズ次作の「雲中歌」と同じですね。しかもベースになってる時代背景も共通。

テキストのコピーはできません。
通知を有効にしますか?    はい 結構です