大秦帝国之崛起と大秦帝国4

(2018/09/25:加筆修正)
日本でもチャンネル銀河で放送が開始されてDVD-BOXも発売されました!

http://plus.lastscene.com/archives/9214

まだ大秦帝国3もいつ日本で放送されるかわからないのだが本国では4の予告編が流れていた。
とうとう呂不韋と嬴政が登場。

呂不韋役の人は旧三国で曹操を演じてた人。

嬴政の俳優さんはちょっとわかりません。

それにしても第6部まである予定なのに第4部で嬴政登場と言うことは始皇帝になった後の胡亥のところまでやるんでしょうかね?

さて第3部の「大秦帝国之崛起」は日本でも中国サイトで見ることができます。
中国語の字幕付きなので雰囲気だけわかる感じ。

冒頭から贏疾、白起、魏冄、羋八子が同じ俳優で登場。

http://plus.lastscene.com/archives/3102

それどころか贏稷まであのひ弱な男の子がそのまま登場。
あれ?確か昭襄王は三国志Three Kingdomsで孫権を演じた張博になるはずでは?
もう少し後で入れ替わるのでしょうか?
第1部の嬴駟は第2部の冒頭から富大龍に入れ替わっていましたからちょっと意外でした。

進んでいくとなんと死んだはずの魏紓と贏壮が。
ここでわかりました。第2部の最終回をおさらいとして繰り返してるのだと。
第三部の第1話と第2話は第二部の最後の2話をそのまま流していたのでした!

・・で第3話からやっと新しい話がスタート。
羋八子のみが同じ女優さんで贏疾、白起、魏冄は別の役者さん。
(と思ったら贏疾は同じ俳優の老けメイクでした)
そして張博演じる昭襄王が登場しました。

そして蘇秦登場。
それにしても蘇秦と張儀の活躍時期がイマイチよくわかりません。
第二部で張儀が出て第三部で蘇秦というのはどうも逆じゃないか?という気がします。
何故なら蘇秦が活躍して出世したのを聞いて、貧しかった張儀が彼の元に仕事の斡旋を頼もうと訪問し、そこで屈辱的な扱いを受けたので発奮して秦に行き恵文王に取り立てられたからです。

中国語がわからないので内容がどれだけ掴めるかわかりませんがまたある程度見終わったら感想を書いていきます。

コピーはできません。