三国志~趙雲伝~

三国志~趙雲伝~

    (追記14)
    第37~40話を見ました。
    三国志パートが多めになってきてますね。

    水鏡先生が意地の悪い爺として登場。
    関羽が劉備と離れ離れになり、劉備夫人を守る為やむを得ず曹操に下り、曹操から赤兎馬を賜り文醜を斬るくだりはスリキンでも見た有名なシーンですが全体的に雑です。
    文醜を斬った後、いきなりセリフ上だけで官渡の戦いが終わったことになってるとか端折りすぎ。

    馬超役のイケメン、どこかで見たことある顔だなあ・・どこだっけ?調べて張暁晨という俳優さんだと判明。
    それでググると・・あ!「皇帝の恋 寂寞の庭に春暮れて」の長慶役の人だった。

    結局、高則は曹操の配下になり、趙雲は勿論劉備に仕えるという対立の構造が続く訳ですね。

    そしていきなり何の前フリもなく三顧の礼。突然過ぎます。このドラマ基本的にラブ史劇にたまに三国志の有名なシーンをちょろっと挟んでおけばいいとでも思ってそうです。
    俳優陣は結構有名どころを沢山起用してるのに支離滅裂な脚本でちっとも良さを活かせてません。一番の被害者は劉備役のイェン・クアン(厳寛)ですね。彼もまさかこんな駄作になるとは思わなかったでしょう。

    固定ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9

    テキストのコピーはできません。
    通知を有効にしますか? はい 結構です