三国志~趙雲伝~

(追記14)
第37~40話を見ました。
三国志パートが多めになってきてますね。

水鏡先生が意地の悪い爺として登場。
関羽が劉備と離れ離れになり、劉備夫人を守る為やむを得ず曹操に下り、曹操から赤兎馬を賜り文醜を斬るくだりはスリキンでも見た有名なシーンですが全体的に雑です。
文醜を斬った後、いきなりセリフ上だけで官渡の戦いが終わったことになってるとか端折りすぎ。

馬超役のイケメン、どこかで見たことある顔だなあ・・どこだっけ?調べて張暁晨という俳優さんだと判明。
それでググると・・あ!「皇帝の恋 寂寞の庭に春暮れて」の長慶役の人だった。

結局、高則は曹操の配下になり、趙雲は勿論劉備に仕えるという対立の構造が続く訳ですね。

そしていきなり何の前フリもなく三顧の礼。突然過ぎます。このドラマ基本的にラブ史劇にたまに三国志の有名なシーンをちょろっと挟んでおけばいいとでも思ってそうです。
俳優陣は結構有名どころを沢山起用してるのに支離滅裂な脚本でちっとも良さを活かせてません。一番の被害者は劉備役のイェン・クアン(厳寛)ですね。彼もまさかこんな駄作になるとは思わなかったでしょう。

(追記13)
楚喬伝というドラマを見て、主役が趙雲の人だとすぐにわかり、ケニー・リンという俳優だと今更知ったんですが、「宮廷女官 若曦」にも出てるとのこと。え?ジャクギにこんな人いたっけ?と考えてみたら…あ!14皇子か!確かにそうだ…今になってやっと14皇子=趙雲だと分かりました。

(追記12)
第35話を見ました。
趙雲パートは飛ばして三国志パートだけ見てみました。

ところで関羽と張飛役の人は所謂「旧三国」三国演義のドラマに出ていた俳優さんですよね。初めはそっくりさんかなと思いましたがどう見ても本物ですよね。

劉備は「隋唐演義」の主役、秦 叔宝を演じたイエン・クアンです。

捕縛した呂布を曹操の面前に引っ立てるシーンはこれまで三国志ドラマでいくつか見てきましたが、本ドラマでは非常に雑。特に張遼が曹操に降る場面は色々端折り過ぎて違和感が半端ない。

恋愛シーンには時間割くのに史実の場面は手抜きとかやはりクソドラマです。

(追記11)
全59話中19話まで見た段階で脱落。
三国志の要素はオマケ程度でたまに付け足しで挿入される程度。メインは趙子龍の恋愛要素その他イザコザで話が全くつまらない。
映像は綺麗だし女性もいっぱい出てくるけど肝心の話がクソつまらないとやはり見続けるのは辛い。

と言う事で久々に途中脱落です。

(追記10)
第19話まで見ました。
しかし、山賊との戦いみたいなどうでもいい話でどれだけ話数を稼ぐつもりなんでしょうか?
ちょっとあまりにもつまらなくて我慢の限界かもしれません。

固定ページ: 1 2 3 4

コピーはできません。