三国志~趙雲伝~

(追記14)
第37~40話を見ました。
三国志パートが多めになってきてますね。

水鏡先生が意地の悪い爺として登場。
関羽が劉備と離れ離れになり、劉備夫人を守る為やむを得ず曹操に下り、曹操から赤兎馬を賜り文醜を斬るくだりはスリキンでも見た有名なシーンですが全体的に雑です。
文醜を斬った後、いきなりセリフ上だけで官渡の戦いが終わったことになってるとか端折りすぎ。

馬超役のイケメン、どこかで見たことある顔だなあ・・どこだっけ?調べて張暁晨という俳優さんだと判明。
それでググると・・あ!「皇帝の恋 寂寞の庭に春暮れて」の長慶役の人だった。

結局、高則は曹操の配下になり、趙雲は勿論劉備に仕えるという対立の構造が続く訳ですね。

そしていきなり何の前フリもなく三顧の礼。突然過ぎます。このドラマ基本的にラブ史劇にたまに三国志の有名なシーンをちょろっと挟んでおけばいいとでも思ってそうです。
俳優陣は結構有名どころを沢山起用してるのに支離滅裂な脚本でちっとも良さを活かせてません。一番の被害者は劉備役のイェン・クアン(厳寛)ですね。彼もまさかこんな駄作になるとは思わなかったでしょう。

(追記13)
楚喬伝というドラマを見て、主役が趙雲の人だとすぐにわかり、ケニー・リンという俳優だと今更知ったんですが、「宮廷女官 若曦」にも出てるとのこと。え?ジャクギにこんな人いたっけ?と考えてみたら…あ!14皇子か!確かにそうだ…今になってやっと14皇子=趙雲だと分かりました。

(追記12)
第35話を見ました。
趙雲パートは飛ばして三国志パートだけ見てみました。

ところで関羽と張飛役の人は所謂「旧三国」三国演義のドラマに出ていた俳優さんですよね。初めはそっくりさんかなと思いましたがどう見ても本物ですよね。

劉備は「隋唐演義」の主役、秦 叔宝を演じたイエン・クアンです。

捕縛した呂布を曹操の面前に引っ立てるシーンはこれまで三国志ドラマでいくつか見てきましたが、本ドラマでは非常に雑。特に張遼が曹操に降る場面は色々端折り過ぎて違和感が半端ない。

恋愛シーンには時間割くのに史実の場面は手抜きとかやはりクソドラマです。

(追記11)
全59話中19話まで見た段階で脱落。
三国志の要素はオマケ程度でたまに付け足しで挿入される程度。メインは趙子龍の恋愛要素その他イザコザで話が全くつまらない。
映像は綺麗だし女性もいっぱい出てくるけど肝心の話がクソつまらないとやはり見続けるのは辛い。

と言う事で久々に途中脱落です。

(追記10)
第19話まで見ました。
しかし、山賊との戦いみたいなどうでもいい話でどれだけ話数を稼ぐつもりなんでしょうか?
ちょっとあまりにもつまらなくて我慢の限界かもしれません。

(追記9)
第18話まで見ました。
なんていうか中国ラブ史劇の典型的なパターンをありったけ詰め込んだようなドラマですね。

楽毅の兵法書みたいな「これを手に入れられたら無敵になれる秘密の書」もそうですし、恋の三角関係ならぬ四角関係とか、愛した相手が親の仇の子とか、もう何から何までどっかで見た事ある設定ばかりで目新しさは皆無です。

「麗姫と始皇帝~月下の誓い~」もそうですけど史実とラブストーリーのバランスが悪い。

本作は特に三国志の話が付け足しになっている。
今回も最終盤に忘れていた呂布と貂蝉が一瞬だけ登場。三国志の要素要らなかったんじゃないの?これ。

(追記8)
第16話まで見ました。

中国ドラマあるある
・崖から落ちても死なない
・洞窟に閉じ込められる

しかも洞窟の壁に奥義が記されてるというのは
「麗姫と始皇帝~月下の誓い~」
「月下の恋歌 笑傲江湖」
でも見た。

趙雲パートが9割で三国志パートが1割だから、たまに呂布とか出てきても「そういえばこれ三国志だったな」とたまに思い出す程度。

同時並行で見てる「麗姫と始皇帝~月下の誓い~」もつまらんが本作も負けず劣らず酷い。

(追記7)
第12話まで見ました。
ん〜つまらんなあ〜
映像とかはスタイリッシュで戦闘シーンもカッコいいんですが、肝心の話が面白くない。

見るの止めようと思ったまさにその時にジアチンちゃん登場。なんかやたら女性が多くなりました。

趙雲パートは中国ドラマのありきたりなパターンばかりだし三国志パートはもっと酷くてなんか要所だけなぞってる感じで人物描写も浅いから全く面白くない。こんな面白くないものを三国志ドラマ初めての人が見たら三国志=つまらんって誤解されそう。

今GYAOで中国ドラマ8本同時に見てますが下位3本に入りますね。

(追記6)
第10話まで見ました。
ロケ地が風光明媚で見ていて癒やされます。
話自体は相変わらず子龍パートと三国志パートをたまにリンクさせてる感じです。

今回子龍が荊軻の故事を引きました。
中国の歴史ドラマではセリフに故事の引用が非常に多いです。
燕太子が荊軻を見送った際に
「風蕭蕭として易水寒し、壮士一度去りてまた還らず」と荊軻が詠んだ詩は同じ三国志ドラマ「三国志ThreeKingdoms」で司馬懿が諸葛亮の火計に掛かり死を覚悟した時にも同じように謳いました。

荊軻は今同時視聴してる「麗姫と始皇帝~月下の誓い~」で準主役として出てきます。

中国の歴史ドラマは最初の頃はよくわからなくても色んな時代のドラマを沢山見ていくと「あのセリフはこの時代の事か!」と後でわかるようになります。

三国志のドラマだと前の時代、春秋戦国時代から引用する事が多いですね。

映像が毎回綺麗なんですが、今回は特にこんな綺麗な場所で琴を奏でたらさぞ気持ちがいいだろうなと思いました。やけにスタイリッシュな演出でしたし、物語というよりPVみたいな感じ。

映像は素晴らしいんですが肝心の話が面白くないんですよね…

楽毅百戦術という兵法書が出てきます。楽毅は春秋戦国時代の燕の将軍です。諸葛亮が尊敬してた事でも有名です。

このドラマ三国志パートがなんか付け足しのオマケみたいな扱いなんですよね。取り敢えず史実をなぞってるだけで本筋ともあまり関係ないし、そもそも本筋自体が面白くない。

しばらく忘れていた劉備関羽張飛の三兄弟と十八鎮諸侯(このドラマでは何故か十八郡諸侯と呼ばれてる)が華雄と対峙。ここの下りはどのドラマでも全く同じで酒が冷めない間に関羽が華雄を斬るという流れ。

曹操、孫堅、袁紹、袁術と揃ってますが基本オマケなのでなんの思い入れもない。

中国では史実と恋愛を絡めるラブ史劇というのが一大ジャンルとして成立してるけど、今まで見た限り、史実は人物の名前を借りる位にしておいて話自体は完全フィクションにした方が上手くいく。

中途半端に史実通りにしようとして破綻するケースが多い。

(追記5)
第7話まで見ました。
「武」という漢字は「止」と「戈ほこ」から成る。
なんか漢字の成り立ち講座以外見る価値があまりないドラマです、今のところ。

(追記4)
第6話まで見ました。
高則はなかなか義理堅い、いい奴だと思う。

このドラマ基本は趙子龍のパートで忘れた頃に三国志のエピソード挟んでくる形式ですね。

王允役の人は「隋唐演義」で隋の皇太子役だった人ですね。基本情けないタイプの男を演じるのが上手な俳優さんです。

貂蝉役の人も美人ですが、夏侯軽の侍女と同系統の顔で紛らわしいですね。貂蝉役はグーリー・ナーザーさんという女優さんです。

(追記3)
第5話まで見ました。
夏侯軽の侍女役の女性、「射鵰英雄伝 レジェンド・オブ・ヒーロー」の穆念慈をやってた人にそっくりだなと思って調べたら当たりでした。孟子義という女優さんです。こちらの方が先なので出世したんですね。

今中国ドラマ7本同時に見ていて流石に無理があるので半分位に削らなければなりません。

このドラマは今のところ非常に微妙なラインです。
三国志はほぼ関係ない。でもストーリー自体はそれなりに面白いし、可愛い女の子が多い。

(追記2)
第3話まで見ました。
ジア・チンちゃん登場。
公孫瓚の娘という役どころ。
早速関羽の弟子に。

「義」という漢字は我(私)が羊を病気の友人の為に背負って持っていくところから出来たんですって!

やはり本作は完全フィクションで2本の宝剣と男女の恋の行方がテーマ。申し訳程度にたまに三国志の出来事を挟む程度。

ちょっと最後まで完走できるか微妙…

(追記1)
第2話まで見ました。
王允役は「隋唐演義」で隋の皇太子だった人ですね。

一応貂蝉出て来てので美人計やるんでしょうね。

劉備、関羽、張飛の三兄弟登場。
関羽と張飛はドラマ「旧三国」と同じような顔。
劉備は「隋唐演義」の主役・秦叔宝(秦瓊)役、イエン・クアン(厳屹寛)ですね。

***

三国志の登場人物を利用したラブ史劇。
あまり評判も芳しくなく、見るつもりなかったのですが、大好きなジア・チン(賈青)さんが出てるので、それだけを楽しみに見てみます。

第1話見ましたが、三国志ほとんど関係ないですね。
確かに董卓、呂布が出てきましたが、メインストーリーは趙子龍が失われた2本の宝剣を探すこと。

他の人の感想見てもたまに三国志の史実を織り込んでくるだけでほぼフィクションの宝物探しゲームみたいな感じでしょうね。

とにかくジア・チン登場までは我慢します。

コピーはできません。