三国志~趙雲伝~

(追記9)
第18話まで見ました。
なんていうか中国ラブ史劇の典型的なパターンをありったけ詰め込んだようなドラマですね。

楽毅の兵法書みたいな「これを手に入れられたら無敵になれる秘密の書」もそうですし、恋の三角関係ならぬ四角関係とか、愛した相手が親の仇の子とか、もう何から何までどっかで見た事ある設定ばかりで目新しさは皆無です。

「麗姫と始皇帝~月下の誓い~」もそうですけど史実とラブストーリーのバランスが悪い。

本作は特に三国志の話が付け足しになっている。
今回も最終盤に忘れていた呂布と貂蝉が一瞬だけ登場。三国志の要素要らなかったんじゃないの?これ。

(追記8)
第16話まで見ました。

中国ドラマあるある
・崖から落ちても死なない
・洞窟に閉じ込められる

しかも洞窟の壁に奥義が記されてるというのは
「麗姫と始皇帝~月下の誓い~」
「月下の恋歌 笑傲江湖」
でも見た。

趙雲パートが9割で三国志パートが1割だから、たまに呂布とか出てきても「そういえばこれ三国志だったな」とたまに思い出す程度。

同時並行で見てる「麗姫と始皇帝~月下の誓い~」もつまらんが本作も負けず劣らず酷い。

(追記7)
第12話まで見ました。
ん〜つまらんなあ〜
映像とかはスタイリッシュで戦闘シーンもカッコいいんですが、肝心の話が面白くない。

見るの止めようと思ったまさにその時にジアチンちゃん登場。なんかやたら女性が多くなりました。

趙雲パートは中国ドラマのありきたりなパターンばかりだし三国志パートはもっと酷くてなんか要所だけなぞってる感じで人物描写も浅いから全く面白くない。こんな面白くないものを三国志ドラマ初めての人が見たら三国志=つまらんって誤解されそう。

今GYAOで中国ドラマ8本同時に見てますが下位3本に入りますね。

(追記6)
第10話まで見ました。
ロケ地が風光明媚で見ていて癒やされます。
話自体は相変わらず子龍パートと三国志パートをたまにリンクさせてる感じです。

固定ページ: 1 2 3 4

コピーはできません。