Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ads

聊斎志異

LINE@登録

(全36話を見た感想)
私は幽霊とか妖怪とかあの世とか転生とか全く興味がないので1話見て面白くなかったらすぐに見るのを止めるつもりでした。
しかし原作500篇の作品から厳選された6本というだけあって非常に凝った話ですぐに引き込まれました。
VFXを多用した映像、美人女優も多くビジュアル的にも楽しめました。

何よりも大昔の人の死生観とか想像力の豊かさに舌を巻きました。
私はよく「転生がもしあるのなら記憶のないのがおかしい」と言ってたのですが、昔の人はちゃんと先回りして「転生したら記憶は消される」と予防線を張っていたのですね。

まだ科学も発達していない時代ゆえ、人間にとって最大の謎である「死」について、その恐ろしさ故様々な空想を創り出していたのであろう。

今回の映像化された作品はハッピーエンドもあれば残酷な結末もあり、バラエティに富んで飽きなかったです。
最後の「庚娘」は登場人物がほぼロクでなしだらけなので途中までは腹が立つだけの展開でしたが最後は非常に味わい深く、また予想外で大変良かった。その他も個人的には「画壁」「江城」が好きですがどれも面白かったです。敢えて言うなら「公孫九娘」だけがあまり好きではない展開でしたがそれでもまた何年後か筋を忘れた頃に見返してみたいと思います。

(追記14)
最終回36話までみました。
流石ラストにもってきたエピソードだけあって複雑なプロットです。
最後は非常に考えさせられる内容です。

人間の恨み・復讐・怨念・・こういった感情に対しての批判精神をこの時代から持ってたのかと感心します。
また話の終わらせ方もここまでの5つのエピソードみたいにハッピーエンド・バッドエンドとはっきり区分けできるものではなくなんとも言えない微妙な感じです。

なんとなく「バタフライ・エフェクト」に似ていて深い感慨に浸りました。

(追記13)
35話までみました。
それにしても「庚娘」には胸くそ悪い人物しか出てきませんね。
夫の金大用は人が良すぎる馬鹿だし、十八は大量殺人鬼だし、その弟の十九は兄が殺人鬼なのがわかった後でも庚娘に敵意むき出しだし、閑雲という妖怪研究のおっさんは十八が殺人を犯して自業自得だとわかってるのに十九に力を貸すし。
これまでのエピソードとは違って徹底的に気分が悪い話です。

関連記事
スポンサーリンク
ads

シェアする

スポンサーリンク
ads