Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ads

宮廷の泪・山河の恋

LINE@登録

(追記11)36話最終回まで見ました。
最後まで重苦しい雰囲気のまま終了。新帝のくだりは必要なのか?と思いながら終盤見てましたが順治帝出家説を取り入れて康煕帝即位のところまでやりましたね。順治帝が死んだのではなく出家したというのは「鹿鼎記」でも採用されてたので中国では根強い説なんでしょうか?

オープニング・エンディングテーマ曲とも于正さん作詞だそうです。

全体的にまあまあ面白かったですが、なんとなくモヤモヤした終わり方ではあります。

(追記10)34話まで見ました。
フリンとボゴルの戦いは面白いです。
娜木鐘の息子だけあってなかなか卑怯ですね。娜木鐘役の人は悪巧み顔が巧いです。
最後まで飽きずに見れそうで少しポイントあがりましたね。

(追記9)32話まで見ました。
皇太后になった玉児と侍女の蘇瑪以外の初期のキャストは一斉に退出。
新しい皇帝の妃選びに関する話になっています。

皇太后になった途端、主役の顔が怖くなるところなんかも「宮廷の諍い女」と同じですね。

皇帝が町へお忍びで出かけた時に知り合った男装した女の子は「ハンシュク~皇帝の女傅」に女学徒役で出てる子ですね。

なんとなく30話以降は後日談というかおまけみたいな感じです。

余談ですがこのドラマで一番カワイイと思ったのは侍女の蘇瑪ですね。
「宮廷の諍い女」でも側室連中より侍女の方が圧倒的にカワイイ子が多かったです。なんででしょうか?

(追記8)30話まで見ました。
史実通り、ホンタイジ亡き後フリンが即位しドルゴンが摂政王となります。
そう言えばフリンは順治帝となりますが、「鹿鼎記」に出てくる皇帝の父、すなわち先帝が順治帝でしたね。そして順治帝の息子が康熙帝であり、その後を継いだのが「宮廷の諍い女」の皇帝である「雍正帝」となります。この辺り一応歴史を覚えておくと繋がってるのがよく分かります。史実通り進むならドルゴンの独裁体制となるはずです。

関連記事
スポンサーリンク
ads

シェアする

スポンサーリンク
ads