趙氏孤児

趙氏孤児

    (追記40)
    全体の感想。

    壮絶なる復讐劇。
    物語というのは主役に対する敵、悪役が強くて賢い程面白いと思うのですが、本作はまさにその典型。悪役の屠岸賈が非常に先見の明があり冷徹で魅力のある人物なのがこのドラマの最大の見所でした。

    対して主役である程嬰は賢いものの、いつも屠岸賈の方が一枚上手であり策謀でも上回れてしまいその決断には疑問符が付く事も少なくなかった。

    最後の最後に見事これまでの恨みを果たす事にはなりますが、そもそもこのような事態になったのは程嬰の判断があまり良くなかったからだと感じてしまいます。

    ところでこのドラマで屠岸賈を演じた孫淳さんは本当に素晴らしい俳優です。別の役者だったらここまでの名作になってなかったかもしれません。

    次に宋香役のリャン・シューメイさん。
    「瓔珞<エイラク>〜紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃〜(延禧攻略)」で愉貴妃をやってた人でそれなりに綺麗な人なのにこんな汚い老婆の役を演じきって感心しました。

    固定ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18

    テキストのコピーはできません。
    通知を有効にしますか? はい 結構です