天龍八部〈新版〉

(追記19)
実は初見時は11話から見たので今回再放送始まったので第1話から見てます。
王語嫣の配音がこの前まで見た「王女未央-BIOU-」の主人公未央の声を充てていた人だとすぐにわかりました。この配音の女性は主役級の人の吹き替えを数多く担当しています。

あと今更ですがドラゴンボールって中国の武侠モノを参考に作られてますね。

改めてこれだけの大勢の登場人物をまとめあげる金庸の能力は凄いと感心しました。

(追記18)
54話(最終回)まで見ました。
武侠モノをこれまで食わず嫌いで見なかった事を後悔しました。
中国のいわゆる古装劇は沢山見てきましたが面白さで言えば断トツNo.1です。

このドラマ、何回か1話の中で色んな謎が解き明かされる内容てんこ盛りの山場回があり、動と静のバランス、配置とも凄く考えられていました。

最後も最終話の少し前に発狂した慕容復の顛末を片付けてからいよいよ簫峯達の最期となります。
エンタメとしても最高でしたが、民族間国家間の争い、恩讐と復讐の連鎖の愚かさ、真実の愛など教えられる事の多い話でした。簫峯の義を貫く精神にも感動しました。

大量のキャストが出演しており、実力者ばかりで演技レベルも総じて高かったですが、中でも一人挙げるとするならばやはり阿朱と阿紫の一人二役で清楚な阿朱と狂気じみた阿紫を見事に演じ分けたジア・チンがこの作品の軸と言っても過言ではないでしょう。彼女は「聊斎志異」の「江城」でも妖怪が憑依した女性を普段の大人しい状態と上手く演じ分けていましたし制作者の間でも演技力の評価は非常に高いのでしょうね。

最期も色々余韻を感じる終わり方で良かったです。

(追記17)
51話まで見ました。
残り3話ですが、もう十分傑作だと思っています。

歴史上繰り返されてきた復讐の連鎖、その無意味さ。
真の愛とは何か?全てを犠牲にして野望を追い求める事がいかに虚しいことか・・
色々と人生について考えさせられました。

中国ドラマは本当に沢山見てきましたが確実にTOP3に入る作品だと思いますし、何度でも繰り返し見たいと思える物語です。

(追記17)
50話まで見ました。
終焉に向けて一気に登場人物が大量に死んでいきます。
暴走する慕容復は憐れで愚かですが、段正淳の好色が諸悪の根源のような気もします。
一捻りも二捻りもする展開は圧巻です。色々と人生について考えさせられるところも良いです。

(追記16)
48話まで見ました。
てっきり虚竹と夢姑である西夏の公主はすれ違いのままなのかと心配させられましたが意外とあっさり出会えてめでたしめでたし。それにしても慕容復は何をやっても上手くいきませんね。性格的に好きになれないタイプですがなんか自分と似てて憎めません。大望を諦めきれずあれこれ手を出すところなんて自分と同じで・・

段誉の異母妹がどんどん増えていってますが遂にあの人まで妹かも?!という衝撃の展開へ。

そう言えば先日本作の原作者である金庸氏が死去されました。
武侠ものは食わず嫌いでしたが最近になってやっとその良さを知りました。
なんでも経験しないとわからないものです。
今作も何年も前に見る機会があったのに武侠モノということでスルーしてしまいました。
こんなに面白いならその時に見ておけば良かったと思います。

(追記15)
44話まで見ました。
まあよくこんな展開考えつくなあと感心するばかりです。
最強の上の更に最強が出てくる展開はドラゴンボールみたいですが、最強の父親はさらに最強で、でももっと最強の坊主が出てきて、宿敵同士の父親二人を共に出家させてしまうという斜め上の展開。

あと段のお父さんは一体何人の女性に何人の子供を産ませてるのでしょうか?
異母姉妹が大量に発生、しかもそのうちの多くが異母兄である段誉が好きというトンデモな設定。

コピーはできません。