宮廷女官 若曦

(追記12)
第35話最終回まで見ました。
ニッキー・ウーの泣く演技は巧いですね。思わず貰い泣きしそうになりました。

ニッキー・ウーとリウ・シーシーは本作の共演をきっかけに結婚したんですよね。

さて本作はSFファンタジー的なのは初回と最終回だけで残りは歴史ドラマの体を貫いています。途中でちょこちょこファンタジー要素入れられるより良かったです。若曦が結末を知ってる以外は純粋なラブ史劇として見れましたから。

ところで本作作ってる時には既に続作の企画立ち上がってたんですかね?続編は雍正帝が現代まで若曦を探しに来るという逆パターンらしいのですが。こちらはあまり評判良くないみたいで…

ラストシーンは続編へのブリッジみたいな感じでした。

人生な束の間の夢みたいなものと感じさせられるドラマでした。

基本的に史実に忠実で、本作を見てから「宮廷の諍い女」を見ればより深く時代背景を理解できるし、本作を見る前に「皇后の記」を見れば前後関係は完璧に把握出来そうです。

(追記11)
第34話まで見ました。
前回「やっぱり8が好き!」みたいな演出をしておいて今回は「やっぱり4が好き!」って支離滅裂な脚本ですね…単に気が多いだけなのか優柔不断か…

この若曦の行動パターンがどうにも納得がいかないので好きにもなれない。

8への純愛を貫き通した挙げ句不幸になるなら同情するけど、若曦は歴史の結末を知ってるが故にいいタイミングで4に乗り換えた訳で、それならそのままべったり雍正帝にひっついておけば良いものを中途半端に8を庇おうとしたり、やる事なす事全て悪い結果になるし、周りも皆不幸になるし。

終盤はちょっとイライラさせられるだけですね。
振り回された14も4も可哀想。

(追記10)
第33話まで見ました。
ん〜若曦が単なる尻軽バカ女としか思えなくなりました。8皇子→4→14と乗り換え過ぎだろ!と思うし。自分で自分の首を絞めてるだけだし。そもそも未来から来てるんだから結末は知ってる訳で8とか14を選ぶのって自殺行為じゃん。

あまりにも愚か過ぎて同情できないので悲しいとも思えません。自業自得としか…

(追記9)
第32話まで見ました。
なんかどいつもこいつも皆不幸になってるんですが、全員自業自得という·····

特に若曦は自分のせいで周りを皆不幸のどん底に陥れてると気づいたその直後にまた余計な事ばかりして疫病神でしかないですね。

主人公に対してこれ程イライラさせられるドラマも珍しいです。

十三皇子は若曦が二度と子を持てないと本人の前でバラしてしまってまるでコントみたいな展開に。

(追記8)
第28話まで見ました。
現代の視点から見ると頑なにも思える若蘭の一途な恋心には感動させられますね。

固定ページ: 1 2 3 4 5

コピーはできません。