皇后の記

(追記17)
総評です。

最近はスタイリッシュなカッコいい映像の古装劇・ラブ史劇も多い中で本作はOP・EDからして安っぽい&古臭く、映像や演出も一昔前のレベルです。恐らくかなり低予算だと思われます。

キャストも主役のジン・ティエン(景甜)のギャラだけで予算の大部分を使いきったような感じで残りはホンタイジ役のニエ・ユエン(聶遠)を除けばほぼ無名。

ただ唯一の救いは昨今では珍しい位の史実に忠実な脚本。ここだけは最近の古装劇が史実完全無視の脚本が多い中で評価できるところです。

あと無名ながら出演陣の演技は悪くなかったです。でもやっぱりジン・ティエン(景甜)は無難にこなしてはいたもののこの役柄には合ってないと感じました。

話自体は特段面白いこともなかったのですが、清朝ドラマが非常に多い中、基礎知識を入れるのにちょうどいい作品と言えます。だから清朝ドラマを沢山見たい人はまず最初にこれを見て勉強すべきですね。

清の初代皇帝ヌルハチから二代皇帝ホンタイジ、三代皇帝順治帝、四代皇帝康熙帝まで出てきますのでこのドラマを観ておけば他の清朝ドラマを見る時に助かると思います。

なお時代的には「宮廷の泪・山河の恋」と丸かぶりでドラマとしての面白さはあちらの方が上です。

(追記16)
第50話最終回まで見ました。
最後のフリンのロマンスは単なる付け足しかと思ったら成る程、失踪への導線だったんですね。

髪は銀髪なのに顔は若いままで違和感だらけのユアル。この人は結局最後まで頑なでそれ故にドルゴンやフリンをはじめ多くの人を不幸にしましたね。勿論自分自身も。

全編通して愚か者しか登場しないドラマでした。

(追記15)
第47話まで見ました。
一応脚色の部分も史実と齟齬がないように辻褄を合わせてきました。

ドルゴンの骸を鞭打つとか割と細かいところまでちゃんと史実通り進行して偉いです。

もうすぐ終わりですが、結局ユアルもドルゴンも愚かな決断の連続だったという感想しかないですね。フリンはバカ息子だし、賢い人物が一人もいないという…

(追記14)
第46話まで見ました。
ドルゴンは最初から最後まで気の毒な生涯でしたね。
演じてる俳優さんも地味な人ですが、よく演じ切れたと思います。

ここまで割と史実に忠実な進行でしたがドルゴンの最後だけは大胆な脚色です。

ユアルはどうしても息子可愛さ故に冷静さを失ってるような感じです。演じてるジン・ティエン(景甜)は「ハンシュク~皇帝の女傅」の時とは打って変わって、泣くか怒るかという面倒くさい役どころですがちゃんと無難にこなしてると思います。

(追記13)
第42話まで見ました。
天地会と陳近南がドルゴン襲撃。

「鹿鼎記」でも登場する反清復明勢力とその棟梁ですがかなり長い期間暗躍してる事がわかります。

固定ページ: 1 2 3 4 5

コピーはできません。