皇后の記

(追記17)
総評です。

最近はスタイリッシュなカッコいい映像の古装劇・ラブ史劇も多い中で本作はOP・EDからして安っぽい&古臭く、映像や演出も一昔前のレベルです。恐らくかなり低予算だと思われます。

キャストも主役のジン・ティエン(景甜)のギャラだけで予算の大部分を使いきったような感じで残りはホンタイジ役のニエ・ユエン(聶遠)を除けばほぼ無名。

ただ唯一の救いは昨今では珍しい位の史実に忠実な脚本。ここだけは最近の古装劇が史実完全無視の脚本が多い中で評価できるところです。

あと無名ながら出演陣の演技は悪くなかったです。でもやっぱりジン・ティエン(景甜)は無難にこなしてはいたもののこの役柄には合ってないと感じました。

話自体は特段面白いこともなかったのですが、清朝ドラマが非常に多い中、基礎知識を入れるのにちょうどいい作品と言えます。だから清朝ドラマを沢山見たい人はまず最初にこれを見て勉強すべきですね。

清の初代皇帝ヌルハチから二代皇帝ホンタイジ、三代皇帝順治帝、四代皇帝康熙帝まで出てきますのでこのドラマを観ておけば他の清朝ドラマを見る時に助かると思います。

なお時代的には「宮廷の泪・山河の恋」と丸かぶりでドラマとしての面白さはあちらの方が上です。

(追記16)
第50話最終回まで見ました。
最後のフリンのロマンスは単なる付け足しかと思ったら成る程、失踪への導線だったんですね。

髪は銀髪なのに顔は若いままで違和感だらけのユアル。この人は結局最後まで頑なでそれ故にドルゴンやフリンをはじめ多くの人を不幸にしましたね。勿論自分自身も。

全編通して愚か者しか登場しないドラマでした。

(追記15)
第47話まで見ました。
一応脚色の部分も史実と齟齬がないように辻褄を合わせてきました。

ドルゴンの骸を鞭打つとか割と細かいところまでちゃんと史実通り進行して偉いです。

もうすぐ終わりですが、結局ユアルもドルゴンも愚かな決断の連続だったという感想しかないですね。フリンはバカ息子だし、賢い人物が一人もいないという…

(追記14)
第46話まで見ました。
ドルゴンは最初から最後まで気の毒な生涯でしたね。
演じてる俳優さんも地味な人ですが、よく演じ切れたと思います。

ここまで割と史実に忠実な進行でしたがドルゴンの最後だけは大胆な脚色です。

ユアルはどうしても息子可愛さ故に冷静さを失ってるような感じです。演じてるジン・ティエン(景甜)は「ハンシュク~皇帝の女傅」の時とは打って変わって、泣くか怒るかという面倒くさい役どころですがちゃんと無難にこなしてると思います。

(追記13)
第42話まで見ました。
天地会と陳近南がドルゴン襲撃。

「鹿鼎記」でも登場する反清復明勢力とその棟梁ですがかなり長い期間暗躍してる事がわかります。

フリンとドルゴンの対立は決定的です。裏にホーゲがいるのですが、この後ドルゴンはホーゲを取り除き、その事がフリンの反感をより強める事に。

本作ではユアルが最初は賢い女性として描かれていたのにフリン誕生後は典型的な親バカぶりが強調されています。

見てる方としてはドルゴンに同情を禁じえない。

それにしても中国ドラマって洞窟とか秘密の抜け穴が好きですね。フリンが抜け出す下りは本作では珍しい大胆な創作かも。

最初から思ってましたがここまで見ても景甜はこの役に合ってないですね。別に下手という訳でもないのですがこういう役どころには向いてない感じ。

(追記12)
第41話まで見ました。
愚直に史実をなぞる展開。
先帝ホンタイジの息子であるホーゲとフリンがなんとかドルゴンの力を削ぐ為に頭を捻りますがこの二人では敵いそうもありません。

(追記11)
第38話まで見ました。
昨今は史実完全無視のラブ史劇が多い中、本作はWikipedia通りの忠実な進行。

ホーゲをドルゴンが殺そうとした時にフリン(後の順治帝)が泣いて庇った下りもウィキペディア通り。

まるで教育ビデオみたい。

(追記10)
第33話まで見ました。
新帝の座を巡っての権力闘争はなかなか真実みがあります。

このドラマ見始めた当初は安っぽくて嫌だなあと思ってたのですが概ね史実に沿った進行で実際にもこんな感じだったんだろうなと思えるところが良い所です。

エンタメ要素は皆無ですが歴史ドラマとして充分楽しめますし、他の清朝ドラマを見る際の参考にもなりますね。

ま、わざわざジン・ティエン器用する程でもなかったですけどね。ちょっと本作のユアルには合ってないと思います。

(追記9)
第32話まで見ました。
とうとうホンタイジ崩御。
幼いフリンを即位させ、実権をホーゲとドルゴンで争う展開です。史実通りの進行なのでなんの文句もありませんが相変わらずドルゴンが馬鹿なのがちょっと…

(追記8)
第31話まで見ました。
このドラマは割と史実に忠実で恋愛要素と政治要素のバランスもいい感じで歴史の勉強にもなります。

ただドルゴンがあまりにも激情型で愚かな男に描かれてるのがちょっと違和感を感じます。

ホンタイジは冷徹なリーダーですがその裏で孤独に苦しんでいる様がよく表現されています。

いよいよホンタイジの命も尽きようとしています。
ドルゴンに敵意剥き出しで何度も命を狙ったホーゲに復讐するターンがやってきましたね。

(追記7)
第22話まで見ました。
地味ではありますがモンゴルの各部族を帰順させる難しさがよく理解できます。

清としてはまだ明の残党がいる間はこれとモンゴルの部族が結んで歯向かわれては一大事なので色々と神経を使います。

この辺りは歴史の勉強になりますね。

奴婢に落とされたユアルを演じるジン・ティエンのスッピン可愛いですね。

ユアルの姉のハルジョルは不幸続きだったせいか健気な良い子ですね。調べたらハルジョルって海蘭珠なんですね!海蘭珠と言えば「宮廷の泪・山河の恋」でチャン・モンが演じてたかなり性格悪い女でユアルに敵意むき出しでしたが、本作では今のところユアルに同情的。この後変わってしまうんでしょうか?

(追記6)
第20話まで見ました。
このドラマではドルゴンが一貫して女々しく全く同情できないんですよね。

ユアルは感情が薄いですし、感情移入できるのはホンタイジのみ。従来悪く描かれる事が多いのですが本作では支配者の苦悩がよく現れています。

全体的にはパッとしないドラマです。

(追記5)
第18話まで見ました。
本ドラマは割と史実に忠実な進行でこの時代を扱うものの中では基準になり得るんじゃないでしょうか?

ホンタイジ役の俳優さん、趙雲の時は真面目な青年で単調な役どころだったので魅力がわかりませんでしたが本作ではその苦悩がよく表現されています。

エンタメ要素は少ないですが愚直な歴史ドラマとして評価できると思います。

ドルゴンも芋っぽいですが、誠実さが出ています。本来はそんなに誠実ではないはずなんですが、本心を隠して誠実を装ってるといったところです。

ジン・ティエン演じるユアルはどんどん存在感が薄れて添え物みたいになってます。もっと安い女優さんで良かったんじゃないですかね?

今回のホンタイジが言った
「利口過ぎる女は信用できぬ」
は名言ですね。

ホンタイジの苦悩がよく描かれていて今のところ彼がドラマの中心。ドルゴンやユアルにはちっとも同情できません。別のドラマだとホンタイジがもっと悪く描かれてドルゴンとユアルがメインなんですが演出次第でこんなにも印象が変わるんですね。

(追記4)
今更なんですがホンタイジ役の人、「三国志ThreeKingdoms」で趙雲をやってた人だと某掲示板で知りました。全く気づかなかった。言われてみれば確かにそうだ。趙雲の時は正統派の男前だと思ったけど本作のホンタイジではそこまでハンサムと思えない。辮髪のせいなのか?

(追記3)
第5話まで見ました。
ホンタイジめっちゃカッコええやん。
策略家だし、武芸にも優れてるし、大ハーンだし。
ドルゴンなんか比べものにならん。

ところでこのドラマ心情描写の演出が古臭い。
ジン・ティエンが下手くそに見えてしまって可哀想。
「ハンシュク~皇帝の女傅」を先に見てなかったら可愛いだけの大根女優だと勘違いするところでした。
なんか全体的に演出が垢抜けない感じです。

ドドは激情型。ドルゴンは生きてましたが、後金とホルチンのみんなは死んだと思い込んでいます。

話変わりますが

ジン・ティエン(景甜)
ティファニー・タン(唐嫣)
ユエン・シャンシャン(袁姗姗)

この辺の雰囲気が似ていてたまにごちゃごちゃになります。たぬき顔とでもいうんでしょうか。

ちなみに、

ファン・ビンビン(范冰冰)
ガン・ティンティン(甘婷婷)
チャン・シンユー(張馨予)

この3人も同系統の顔ですよね。

(追記2)
第4話まで見ました。
ドルゴンは演じてる俳優もイマイチだし、ホンタイジの方がまともに見えてしまいます。

ドドってどのドラマでも反抗的に描かれてますね。

ホルチン部とモンゴルと後金の関係は勉強になります。よく考えてみれば金は宋をボコボコにして皇族女性を大量に拉致して慰安所に放り込んだり、中国征服まであと一歩だったのにモンゴルに総取りされたんですよね。そのモンゴルの元から漢民族が国土を取り戻したのが明。その明を倒したのが後金のちの清。
漢民族からすれば清は憎き異民族の王朝なのにこれだけ沢山清朝のドラマが許可されるのは不思議です。

(追記1)
第3話まで見ました。
ホンタイジはなかなかの策略家ですね。
自分の長兄たちを抑える為、ドルゴン三兄弟に対しては懐柔を図ると。

ホンタイジより年上の兄弟は皆凶悪そうな顔で視聴者向けに見分けが付きやすいよう配慮されてますね。

ジン・ティエンの良さが一向に活かされない展開ですね。

これ我慢して見たら少しは面白くなるんでしょうか?
***

時代設定は「宮廷の泪・山河の恋」と同じ清朝ですね。登場人物もホンタイジにドルゴンそしてユアルと同様の顔ぶれ。

主人公のユアルを演じるのは、「ハンシュク~皇帝の女傅」でも主役だったジン・ティエン(景甜)。この人そもそもハリウッドにも進出してるし、格的には中国女優でもトップクラスですよね。おめめ大きいし、映える顔立ちです。「ハンシュク~皇帝の女傅」はすごく良く出来たドラマでお気に入りなんですが、ジン・ティエンの演技も良かったです。

本作はジン・ティエン以外は知らない俳優さんばかりなので完走できるかどうかわかりませんが…

第1話冒頭いきなり白髪の老婆になったジン・ティエンが登場。この導入部は「武則天」の冒頭でファン・ビンビンが老婆として出て来たのと全く同じ演出ですよね。でも白髪なのに肌が若過ぎて違和感半端ないです。

で、時計の針を戻して清の初代皇帝ヌルハチ登場。
清って元々は金という女真族の国だったんですよね。
ヌルハチの後継者争いで早速ホンタイジがドルゴンを陥れます。この一族はずっと後継者争いで兄弟同士諍いを起こしてる印象。

ヌルハチ→ホンタイジ→順治帝→康熙帝→雍正帝→乾隆帝…と続きますが、特に康熙帝と雍正帝の時代は沢山ドラマ化されてますね。

ヌルハチがホンタイジを問い質す時に曹植の七歩の詩を引用したのは興味深い。中国の古装劇では必ずと言っていい程故事の引用の台詞があります。歴史に学ぶ重要性が古代から多くの人に浸透していたのでしょうね。

さて少し見てみましたが、BGMとか演出とかがちょっと古臭い感じです。2015年の作品だそうですが、もっと前のものと言われてもおかしくない位垢抜けてないというか…

あとジン・ティエン以外が無名の人ばかりでホンタイジもドルゴンもパッとしません。「宮廷の泪・山河の恋」のホンタイジ=ハウィック・ラウ、ドルゴン=ハン・ドンと比べると地味過ぎて何の魅力も感じない。

肝心のジン・ティエンも演出が稚拙なせいで良さが全く出ていない。

筋書き自体はどうせ「宮廷の泪・山河の恋」と同じくドルゴンがホンタイジに抑圧されてユアルも奪われるという流れでしょうし、ちょっといつまで我慢して見続けれるか…

コピーはできません。