孤高の花~General&I~

(追記24)
第62話最終回まで見ました。
長かった・・やっと終わってくれたって感じです。

終盤はもう予定調和で特に意外な展開もなく、色んなものが順番に片付いていくって流れでした。
全体的な感想としては何度も書いてますが、せっかく4国出してるのに結局は晋と白蘭がメインで燕と涼は空気で設定が活かされない脚本だったと思います。

そもそも楚北捷が最初に何侠を殺しておけば何の問題も起こらなかった訳です。それと白娉婷が大人しく楚北捷のそばにいればいいものを勝手にウロチョロした挙げ句大勢の民が犠牲になるというところにもイライラしました。

前半は色々謀略とかも凝っていてそれなりに期待もしたのですが後半は割と単純な展開になっていきました。

取り柄としては女優陣が美人揃いだったところと映像が綺麗なところ位ですかね。
史実に基づく話なら制約があるので止む得ないと思いますが完全なフィクションにしてはちょっと勿体無い脚本でした。

まあそれでも最近途中で切るドラマも多い中で完走したのはそれなりに楽しめたという事なので及第点といったところでしょうか。

(追記23)
第59話まで見ました。
晋の皇帝が死にましたが無事に楚北捷への継承も済んで、なんか終盤に入ってからは何もかもスムーズ過ぎて緊張感がないですね。

醉菊との再開シーンも取ってつけたような雑な展開でアッサリし過ぎ。しかも楚漠然と醉菊は相思相愛だったはずなのにその目の前で誘拐した城守と一緒になるのを認めるとかどうにも理解しがたい。醉菊はまるでストックホルム症候群のようで、それを周りがなんとも思わないのがまた不思議。

白娉婷はコリもせずまた自分が囮になって何侠を誘き出すとか宣ってるし。

原作がそもそも雑なのか脚本のせいなのかはわかりませんがどうも全体的にストーリーが不自然に感じます。

(追記22)
第54話まで見ました。
それにしてもツッコミどころの多いドラマです。
53話で感動の再開を果たした白娉婷と楚北捷。
でもすぐに去ろうとする白娉婷。思わず「また去るのか?」と突っ込む楚北捷。
そりゃそうでしょ、そもそもこの馬鹿女が勝手にウロチョロするから多くの人が酷い目に遭ってるのに。
この物語のほとんどの不幸はこいつのせい。

あと陽鳳は自分と自身の子供を連れて去るのはいいけど他人の子供まで勝手に連れ去ってはいかんだろう。せめて許可取ってから連れて行けと。どいつもこいつも訳のわからん自分勝手な行動をするので呆れ返ります。

「お腹空いてるでしょ?何か作るわね」となんと麺を打ち始める白娉婷。いやいやそれ時間掛かり過ぎ。
この白娉婷が女軍師という割には頭が悪すぎるので随所に違和感を覚えてしまう。

(追記21)
第52話まで見ました。
碁で対決のシーン。こういうのは中国でないと撮れないですね。巨大なセット、綺羅びやかな衣装。大勢のエキストラ。
巨大な碁盤で大勢の見物人の前で打つシーンは「大秦帝国」でもありましたが、こちらはそれの何百倍も経費が掛かってるはずです。

しかもかなり初めの頃の白娉婷と楚北捷が碁を打ったシーンがここに来て回収されるとは。
この伏線回収は素晴らしいです。

(追記20)
第50話まで見ました。
どうでもいいところにダラダラと話数を使う癖に、たった1話で何侠が白蘭の貴丞相一派と燕と涼を滅ぼしてしまうという端折り具合。なんというアンバランスな。結局、燕とかなくても良かったんじゃない?なんか結局複雑な四ヶ国の構図を活かす展開には出来ず雑な処理になってしまいましたね。

コピーはできません。