Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ads

孤高の花~General&I~

LINE@登録

(追記24)
第62話最終回まで見ました。
長かった・・やっと終わってくれたって感じです。

終盤はもう予定調和で特に意外な展開もなく、色んなものが順番に片付いていくって流れでした。
全体的な感想としては何度も書いてますが、せっかく4国出してるのに結局は晋と白蘭がメインで燕と涼は空気で設定が活かされない脚本だったと思います。

そもそも楚北捷が最初に何侠を殺しておけば何の問題も起こらなかった訳です。それと白娉婷が大人しく楚北捷のそばにいればいいものを勝手にウロチョロした挙げ句大勢の民が犠牲になるというところにもイライラしました。

前半は色々謀略とかも凝っていてそれなりに期待もしたのですが後半は割と単純な展開になっていきました。

取り柄としては女優陣が美人揃いだったところと映像が綺麗なところ位ですかね。
史実に基づく話なら制約があるので止む得ないと思いますが完全なフィクションにしてはちょっと勿体無い脚本でした。

まあそれでも最近途中で切るドラマも多い中で完走したのはそれなりに楽しめたという事なので及第点といったところでしょうか。

(追記23)
第59話まで見ました。
晋の皇帝が死にましたが無事に楚北捷への継承も済んで、なんか終盤に入ってからは何もかもスムーズ過ぎて緊張感がないですね。

醉菊との再開シーンも取ってつけたような雑な展開でアッサリし過ぎ。しかも楚漠然と醉菊は相思相愛だったはずなのにその目の前で誘拐した城守と一緒になるのを認めるとかどうにも理解しがたい。醉菊はまるでストックホルム症候群のようで、それを周りがなんとも思わないのがまた不思議。

関連記事
スポンサーリンク
ads

シェアする

スポンサーリンク
ads