孤高の花~General&I~

(追記24)
第62話最終回まで見ました。
長かった・・やっと終わってくれたって感じです。

終盤はもう予定調和で特に意外な展開もなく、色んなものが順番に片付いていくって流れでした。
全体的な感想としては何度も書いてますが、せっかく4国出してるのに結局は晋と白蘭がメインで燕と涼は空気で設定が活かされない脚本だったと思います。

そもそも楚北捷が最初に何侠を殺しておけば何の問題も起こらなかった訳です。それと白娉婷が大人しく楚北捷のそばにいればいいものを勝手にウロチョロした挙げ句大勢の民が犠牲になるというところにもイライラしました。

前半は色々謀略とかも凝っていてそれなりに期待もしたのですが後半は割と単純な展開になっていきました。

取り柄としては女優陣が美人揃いだったところと映像が綺麗なところ位ですかね。
史実に基づく話なら制約があるので止む得ないと思いますが完全なフィクションにしてはちょっと勿体無い脚本でした。

まあそれでも最近途中で切るドラマも多い中で完走したのはそれなりに楽しめたという事なので及第点といったところでしょうか。

(追記23)
第59話まで見ました。
晋の皇帝が死にましたが無事に楚北捷への継承も済んで、なんか終盤に入ってからは何もかもスムーズ過ぎて緊張感がないですね。

醉菊との再開シーンも取ってつけたような雑な展開でアッサリし過ぎ。しかも楚漠然と醉菊は相思相愛だったはずなのにその目の前で誘拐した城守と一緒になるのを認めるとかどうにも理解しがたい。醉菊はまるでストックホルム症候群のようで、それを周りがなんとも思わないのがまた不思議。

白娉婷はコリもせずまた自分が囮になって何侠を誘き出すとか宣ってるし。

原作がそもそも雑なのか脚本のせいなのかはわかりませんがどうも全体的にストーリーが不自然に感じます。

(追記22)
第54話まで見ました。
それにしてもツッコミどころの多いドラマです。
53話で感動の再開を果たした白娉婷と楚北捷。
でもすぐに去ろうとする白娉婷。思わず「また去るのか?」と突っ込む楚北捷。
そりゃそうでしょ、そもそもこの馬鹿女が勝手にウロチョロするから多くの人が酷い目に遭ってるのに。
この物語のほとんどの不幸はこいつのせい。

あと陽鳳は自分と自身の子供を連れて去るのはいいけど他人の子供まで勝手に連れ去ってはいかんだろう。せめて許可取ってから連れて行けと。どいつもこいつも訳のわからん自分勝手な行動をするので呆れ返ります。

「お腹空いてるでしょ?何か作るわね」となんと麺を打ち始める白娉婷。いやいやそれ時間掛かり過ぎ。
この白娉婷が女軍師という割には頭が悪すぎるので随所に違和感を覚えてしまう。

(追記21)
第52話まで見ました。
碁で対決のシーン。こういうのは中国でないと撮れないですね。巨大なセット、綺羅びやかな衣装。大勢のエキストラ。
巨大な碁盤で大勢の見物人の前で打つシーンは「大秦帝国」でもありましたが、こちらはそれの何百倍も経費が掛かってるはずです。

しかもかなり初めの頃の白娉婷と楚北捷が碁を打ったシーンがここに来て回収されるとは。
この伏線回収は素晴らしいです。

(追記20)
第50話まで見ました。
どうでもいいところにダラダラと話数を使う癖に、たった1話で何侠が白蘭の貴丞相一派と燕と涼を滅ぼしてしまうという端折り具合。なんというアンバランスな。結局、燕とかなくても良かったんじゃない?なんか結局複雑な四ヶ国の構図を活かす展開には出来ず雑な処理になってしまいましたね。

(追記19)
第49話まで見ました。
他の人の感想見てたら諸悪の根源は白娉婷だと思ってる人が他にも沢山いました(笑)。

ところでこのドラマの美人度数だけは半端なく高い。少なくとも今まで自分が見た中国ドラマの中では最高かもしれない。最近登場した燕十三娘もめちゃくちゃ美人。最初見た時「ヤン・ミー?」かと思ったが調べると劉萌萌という女優さんだそうです。完璧過ぎて「整容(整形)疑惑」が中国語サイトに一杯出てた。

燕十三娘が妓楼で踊るシーンは「隋唐演義」で曲尼次仁が演じる張麗華にも似てる。

さて肝心の物語の方ですが、自分の子とは知らずに会った楚北捷。燕十三娘はその母親が白娉婷と薄々気づいてるはずだが、楚北捷には知らせない。

何侠はまんまと貴丞相の息子を死に追いやった。
これ結局最後は楚北捷と何侠の一騎討ちになるんでしょうけど、最初から何侠を始末しておけばこんな大事にならなくて済んだのに。ていうか62話は長すぎるだろうと。

楚北捷と白娉婷はニアミスするもすれ違い・・

(追記18)
第46話まで見ました。
なんか「数年後」ってテロップ出た後、もう動き回れる子供いてるし。
白娉婷が醉菊の墓(元は自分の墓)の前で琴を叩き壊すところなんかは「伯牙断琴」だし、軍師が隠遁後、商売で成功するのなんかはまるで范蠡。フィクションだから古典の色んなところからエピソードを借りてきています。
それにしても特に物語が進展しない話数稼ぎが多いですね。

(追記17)
第43話まで見ました。
なんつうかRPGみたいな感じになってきました。狼のCGもゲームみたいだし。
バカ女のせいで無駄に話数が長くなってます(笑)。大人しく楚北捷を待って合流すればめでたしめでたしで終わるものを(笑)。嫌でも涼までは付き合わされるんでしょうね視聴者も。このドラマ多分38話位で完結するような構成にすれば随分良くなったと思うのですが、こんな調子で62話も続けるとかぞっとします。

「白娉婷、楚北捷が死んだと思いこむ」
「楚北捷、白娉婷が死んだと思いこむ」
この流れだけで12話位話数を稼ぐつもりですね。

(追記16)
第39話まで見ました。
周りの状況やら白蘭皇女、何侠の言動からも楚北捷が生きてるというのが分かりそうなものなのに気づかない白娉婷。
その癖、楚北捷を撃退する策を皇女に献じてしまうおっちょこちょいな女諸葛亮こと白娉婷。
これで楚北捷を「知らずに」殺そうとするの何回目でしょうか?
楚北捷が生きているという推論は天才の領域なのに、そもそも生きていると気づかないというのは設定に無理があるような気がします。

(追記15)
第36話まで見ました。
以前にも書いたように本作は4つの国の対立だけではなく各国それぞれ内部対立があるのが凝った所です。
白蘭一つとっても皇女、貴丞相、何侠とそれぞれの思惑があり、一枚岩ではありません。
晋もまた皇帝司馬弘と楚北捷は微妙な緊張関係にあります。
まあなんとなく先は読めますが、それなりに面白いです。

(追記14)
第34話まで見ました。
晋の皇帝司馬弘はそこまで馬鹿ではなかったということです。

アンジェラベイビーの演技については否定的な意見もよく見かけますが、私は充分によくやってると思いますけどね。
「雲中歌~愛を奏でる~」の時は確かに平坦な演技でしたけど。美形の主人公が顔芸すると酷い事になるのでそこまで顔を歪ませる訳にもいかないですし。

このドラマ、張貴妃役の鄧莎(タン・ジャー)さんが一番頑張ってると思うのですが、顔立ち自体がそもそも悪役には不向きなのですが、その限界をなんとか超えてると思います。

完全フィクションなのである程度ご都合主義の脚本は仕方ないですが、まあそれなりに面白いです。

(追記13)
第27話まで見ました。
反乱を鎮圧、張父娘の破滅、晋の皇帝と楚北捷・白娉婷の間の誤解も解けて一件落着。
もうこれが最終回でも良いんじゃない?という感じですが、全62話なのでまだ半分にも来てないんですよね。
正直これで終わらせて欲しい位。まだ引っ張るのか・・

(追記12)
第26話まで見ました。
このドラマ、最初は「燕と晋」の関係からスタートし、それぞれ国内の勢力が2分しているという設定でしたが、その後、「晋と白蘭」になり、それが「晋と白蘭と涼」と三国関係になり、ここへ来てそこに燕が加わって「晋と白蘭と燕」という構図に移り変わりました。流石に一度に描くのは3国が最大みたいです。燕が復活した代わりに今度は涼がしばらくお休みですね。

(追記11)
第24話まで見ました。
なかったことにされていた燕が久しぶりに登場。
何尚書は失敗した企てを全て何侠になすりつけます。
それによって楚北捷と女=白娉婷にとっての敵と敵が疑心暗鬼になっていくようです。

(追記10)
第23話まで見ました。
このドラマ・・
面倒臭い男=楚北捷と女=白娉婷
悪い男=何侠と女=張貴妃
が中心ですが、ここ数話の誤解は解けて、陰謀は暴かれて次の段階へ。

複雑な構図のまま、ずっと引っ張るのかと思いきや、何侠と張父娘の悪玉3人をこれからどうやって倒すかという割とシンプルな話に収束していきそうな感じです。

(追記9)
第18話まで見ました。
張貴妃の父親、張文征ですが最初からどうも若い俳優が特殊メイクで老け役をやってるような違和感を感じましたが正しかったですね。なんと「琅琊榜」で蕭景睿を演じていた俳優さんでした。あちらは年相応の若い役だったのにどうして無理のあるおっさんを配役されてんでしょうね。最初てっきり「ハンシュク~皇帝の女傅」でハンシュクの恋人役の俳優がやってるのかと思ってましたがそれはハズレでした。

さて話を複雑化させる為に燕、晋、涼、白蘭と4つの国を登場させたのに、燕は最初だけでもうなかったことになってるし、涼も一旦お休みでしばらくは晋と白蘭を交互に描いていくんでしょうかね。

女優は本当に美人揃いですが俳優の方はメインの二人が中国人というより韓国人みたいな顔立ちでそのせいか中国ドラマを見ている気になれません。

(追記8)
第16話まで見ました。
大体、白娉婷は小賢しいんだよ。結局こいつの浅知恵のせいで物事がどんどん複雑になってしまってるし。

皇后このドラマで一番の美人なのに殺されちゃった。
張貴妃役の人は本当にいいですね、「ハンシュク~皇帝の女傅」の姚娟と同一人物とは信じられません。「宮廷の泪・山河の恋」の小玉児とはまだ近いですが、いい人から悪い女までなんでもござれですね。

(追記7)
第15話まで見ました。
14話と15話の間でいきなり話がかなり飛んでるのだが端折りすぎじゃないか?
涼にとっては憎き敵の楚北捷を白娉婷が救うのを手助けするとかどう考えてもその間に一悶着があるはずなのに説明すっ飛ばしてるし、晋に普通に戻ってきた楚北捷がいきなり15話で拷問されてるし、本当は間にもう1話あったんじゃないかという位の飛躍。なんかこういう所が中国って雑ね。まあ当局からの検閲もある国だから制作スタッフのせいなのかどうかは謎だけど。

(追記6)
第13話まで見ました。
愛する男女が戦い合うのは「Mr.&Mrs. スミス」と似てるプロットだなと思った。

しかし、さっきまで涼の軍師として将軍各位に命令を下していた立場なのにいきなり敵の大将軍とおてて繋いでお散歩はいかんだろう。

あと、中国の古装劇って必ず洞窟が出てくるね。出てこなかったドラマはないんじゃないかという位。「困ったら洞窟」みたいな。

13話かあ、日本のドラマだったらこれで終わりなのに中国のドラマだからなあ・・62話とかどうやって話を膨らませるんだろう?

(追記5)
第12話まで見ました。
愛してる男女が戦うという設定自体はちょっと無理があるかなとも思いますが、お互いの戦略の読み合い、騙し合い、裏をかくというところはなかなか面白いです。

三国志丸パクリの琴を弾きながらの空城の計はとってつけたような感じだし、蜂の毒を樹液を煎じて飲めば大丈夫というのも中国ドラマ特有の都合のいい設定ではありますが・・後、基本空飛べるというのはちょっと卑怯です。

古装劇ですが完全フィクションなので脚本は自由自在、実話ベースのものより面白くなって当たり前なはずなので今後に期待です。

(追記4)
第11話まで見ました。
いい感じに複雑化してきました。

白蘭は涼に圧迫されている。
晋の皇帝は白蘭の後ろ盾になって代わりに涼を攻めてやると楚北捷を派遣。
一方、何侠は白蘭の庇護を得て、涼に扮して晋の商隊を襲う。

涼の大将軍の妻は白娉婷と幼馴染。
白娉婷は涼に助太刀する。
白娉婷の策略で晋を一度は撃退。
楚北捷は涼に白娉婷がいるのを知る。
白娉婷は晋を襲ったのは涼ではなく何侠だと気づく。

なかなか面白い設定で今後に期待が持てるようになってきました。

(追記3)
第10話まで見ました。
涼という国も加わり、これで晋、燕、白蘭と合わせて4国の複雑な駆け引きを話に取り入れる事が可能になりました。

ところでこの作品、映像がやたらスタイリッシュですね。
撮り方巧いと思います。

張貴妃役の鄧莎がウザい女を好演してます。
美人度では個人的に晋の皇后>白蘭皇女>アンジェラベイビー>張貴妃だと思いますが。
・・と思ってたら今度は涼の大将軍の妻というやたらおめめパッチリの女性が登場。
麦迪娜さんという女優さんらしく、中国ぽくないなあと思ったら新疆ウイグル自治区出身という事で納得。なんか白人が混ざってそうなお顔立ち。

何侠が白蘭皇女と結託して涼に扮して晋の兵を襲うところとかこれから色んな謀略が起こる事を期待させます。

こういう政略・謀略は面白そうですが所詮完全フィクションだし、男女の恋のもつれに関しては食傷気味ないつものパターンなのでどれだけ予想を裏切ってくれるか・・

それと、晋だから「司馬」、燕だから「慕容」といかにも五胡十六国時代の実在ぽいネーミングですが完全に架空のキャラクターで騙されました。「天龍八部〈新版〉」でも燕の再興を図る人物として「慕容」姓の架空キャラクターがいましたけど、あちらでも五胡十六国の燕と言えば「慕容◯」なんでしょうね。

(追記2)
第8話まで見ました。
やっとガン・ティンティンが出てきました。「水滸伝」の潘金蓮役の時も美人だなあと思いましたがやはり美人です。

他にも晋の皇后役の王瑞子という人も美人ですね。
鄧莎はこれまで見たどの役とも全く異なるキャラクターで本当に芸達者だと思います。

さて肝心のストーリーですが、アンジェラベイビー演じる白娉婷、何回逃げて捕まってまた逃げてを繰り返したら気が済むのでしょう?まるで諸葛亮が南征で行った七縦七擒です。いい加減くどい。大概にしろ。

晋・燕に続いて白蘭という国も加わり複雑さは増しましたが話が面白くなるかどうかは微妙です。
正直美人ぞろいでなければとっくの昔に切ってました。

幼い頃出会った男女が再開するというシチュエーションもいい加減見飽きた設定ですし、敵同士の恋愛も同じく。
ありきたりな話でどうにも面白くなりそうもない。

(追記1)
花家の情けない主人役の人、どこかで見たことあるなあとずっと考えてやっと思い出した。
「隋唐演義」で煬帝の兄役だった人でこの時も情けない役柄だった。

張貴妃を演じてるのは「宮廷の泪・山河の恋」で小玉児役、「ハンシュク~皇帝の女傅」で姚娟役だった鄧莎(タン・ジャー)さんですね。この人は脇役で出まくりです。

***

中国ドラマも数が多すぎてキリがないので早く止めたいのですが、アンジェラベイビー「雲中歌~愛を奏でる~」とウォレス・チョン「天龍八部〈新版〉」が出てるので取り敢えず見てみます。全62話もあるのでつまらなければ途中で離脱するつもりです。

ウォレス・チョンは「天龍八部〈新版〉」の野性味溢れるワイルド感とは打って変わってまるで韓流スターみたいな綺麗な顔立ちになってます。

アンジェラベイビーはどの作品でも変わり映えしないです。中国の俳優女優は役どころで別人のようにキャラクターを演じ分けられる芸達者が多いですが、ABはいつでもどこでもABです。

晋と燕の対立ということで時代設定は五胡十六国時代かなと思ったのですがそもそも登場人物自体が架空の人物みたいなので時代背景も適当なのかもしれません。

燕は皇帝と敬安王家が対立、晋はウォレス・チョン演じる大将軍・楚北捷を皇帝があまり快く思ってないなどそれぞれが一枚岩ではない模様です。

晋の大将軍の楚北捷が燕の皇帝の為に敬安王・何勝を殺したのでその息子の何侠が復讐を誓うという構図になっています。
なおアンジェラちゃんは敬安王家の女軍師で何侠の恋人ぽいのですが、楚北捷が気に入ってしまいお決まりの恋のトライアングルが出来つつあります。

監督が「水滸伝」「岳飛伝‐THE LAST HERO-」の人らしくてどうもやたらチンタラ長いだけという悪い予感がプンプンするので最後まで見る確率は低そうです。

コピーはできません。