少林問答

少林問答

    (追記8)
    第42話最終回まで見ました。
    23~41話まですっ飛ばしましたが最後だけ見てみました。
    結局無想の父は明徳でみんな仲良くなってて全員で倭寇と戦うという、なんじゃそれ!という展開で最初から見なければ良かった。

    恩讐を乗り越え、恨みを捨てるというのがメインテーマかと思ってましたが、半分以上は反日ドラマみたいなものですね。

    高剣雄だけは最初から最後までマトモでしたけど残りの人達の行動は全く意味不明です。無想がいきなり無敵になって、最後高僧になってたのもご都合主義ですし、李蓁蓁は尼になるとか理解に苦しみます。

    これ本国ではどういう評価なんですかね?

    (追記7)
    第22話まで見ました。
    無敵の少林寺拳法の使い手である正行から能力を移されて急に怪力の持ち主になった程聞道(無想)。
    このご都合主義的なトンデモ設定でイッキに見る気が失せました。

    あと、せっかく操を守ってきた李蓁蓁は割と簡単に高剣雄に身体許して、しかも自分の父親の配下だった田氏を高剣雄が殺したと聞いて喜ぶところもちょっと納得いきません。確かに田氏は無想の邪魔はしてましたが殺して喜ぶのはどうなのかと。

    固定ページ: 1 2 3 4 5 6 7

    テキストのコピーはできません。
    通知を有効にしますか? はい 結構です