皇帝の恋 寂寞の庭に春暮れて

皇帝の恋 寂寞の庭に春暮れて

(追記13)
第40話最終回までみました。
色々文句も言いましたが、同じスタッフ・メインキャストの「名家の恋衣」よりは10倍良かったと思います。

皇帝役のハウィック・ラウ、琳琅役のジェン・シュアンがどちらも感情の振れ幅が小さいので、見ている方としてもそれ程感情が揺さぶられないというか…
それに加えて納蘭容若、長慶も感情を押し殺さないといけない役どころなのでちょっと全体的に淡い印象になったと思います。

反面、芸初と小徳子は良かったですね。
芸初は泣き虫でいつも泣いてましたが本当に可哀想でした。

最後、安直なハッピーエンドにしなかったのは良かったと思います。ただこの手のドラマに有りがちな○○年後〜は蛇足だったかな。その一つ前の二人の最後のシーンで終わらせた方が余韻が残ったと思いますね。

ハウィック・ラウはいつもこんな感じなので、特になんとも思いませんが、ジェン・シュアンに関しては幸薄い美人顔なので確かにこの役にハマってるとは思うのですがもうちょっとだけ感情を強く表現できたらもっと良かったと思います。

(追記12)
第38話までみました。
いよいよ大詰め。
長慶の正体がやっと皆にバレましたが、推理に基づく解決じゃなくて、琳琅と一緒に逃げようとしたところを捕まったからというお粗末な結末・・

それにしても琳琅は長慶に向かって人殺しと非難した割には兄を守る為に皇帝刺しちゃうとか支離滅裂です。
原作は小説だそうですが、こんな意味不明の展開でよく売れましたね。それとも脚本化するにあたって改変されてるんでしょうかね。

皇帝の一途な恋心はまあわかります。問題は琳琅の皇帝、納蘭容若、長慶への複雑な思いがイマイチちゃんと表現されてないというか・・ジェン・シュアンの表現力が足りないのか演出が悪いのか・・しかも3人に対して単純ではないもどかしい気持ちのはずでしかも種類の違う感情な訳ですからこれを細かいニュアンスで演じ分けるのは結構演技力要ると思うんですよね。でも3人に対して同じような「混乱してます、私」の演技で通してるので、見ていても同情しないというか・・

劉詩詩(リウ・シーシー)とかならもっと上手に表現できると思うんですよね。
流石に「名家の恋衣」に続いてこのレベルではちょっと駄目かな~

(追記11)
第34話までみました。
ここまでチンタラと引き伸ばしてきた割にはこの2話で一気に話が進みました。
長慶に対して琳琅は自分こそが実の妹だと告白。
これでほぼ秘密らしき秘密はお互いに知り尽くした感じですが、残るは恩讐を乗り越えられるかどうかですね。

(追記10)
第33話までみました。
やっと琳琅の秘密が彼女の口から直接、康煕帝に明かされます。
長かったですね。
色々文句はありますが、それでも「名家の恋衣」よりは10倍マシですね。