皇帝の恋 寂寞の庭に春暮れて

皇帝の恋 寂寞の庭に春暮れて

    (追記13)
    第40話最終回までみました。
    色々文句も言いましたが、同じスタッフ・メインキャストの「名家の恋衣」よりは10倍良かったと思います。

    皇帝役のハウィック・ラウ、琳琅役のジェン・シュアンがどちらも感情の振れ幅が小さいので、見ている方としてもそれ程感情が揺さぶられないというか…
    それに加えて納蘭容若、長慶も感情を押し殺さないといけない役どころなのでちょっと全体的に淡い印象になったと思います。

    反面、芸初と小徳子は良かったですね。
    芸初は泣き虫でいつも泣いてましたが本当に可哀想でした。

    最後、安直なハッピーエンドにしなかったのは良かったと思います。ただこの手のドラマに有りがちな○○年後〜は蛇足だったかな。その一つ前の二人の最後のシーンで終わらせた方が余韻が残ったと思いますね。

    ハウィック・ラウはいつもこんな感じなので、特になんとも思いませんが、ジェン・シュアンに関しては幸薄い美人顔なので確かにこの役にハマってるとは思うのですがもうちょっとだけ感情を強く表現できたらもっと良かったと思います。

    固定ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

    テキストのコピーはできません。
    通知を有効にしますか? はい 結構です