月下の恋歌 笑傲江湖

(追記20)
今同じ金庸原作の「射鵰英雄伝」も見ていて、そちらでも主役が酷いと思ったんですが、こちらの令狐冲も原作は知りませんが、本ドラマでは全く感情移入できません。

岳霊珊の事は好きだったけど林平之に取られたので諦めます。儀琳には興味ありません。東方不敗は好きだったけど邪教で人殺したので嫌いです。任盈盈は尽くしてくれたから好きです…なんか全く同調できませんね。

このドラマでは東方不敗は少なくとも令狐冲に対しては任盈盈以上に誠実でしたし、そもそも邪教よりお前の師匠の岳不群の方がよっぽど極悪人。

令狐冲の行動基準がどうにも納得できないのでドラマが終わった後もなんの感慨も残りません。

最後はとってつけたような感じですし。
原作とは色々と違うようですが東方不敗が報われなくて気の毒でした。

金庸原作作品は今の所、2勝2敗です。

(追記19)
第42話最終回まで見ました。
予想通り、任我行に殺されそうになった令狐冲は東方不敗に救われました。任盈盈を救ったのも東方不敗でしたが、その方法は意外でした。

全体的には視聴前に金庸の最高傑作と言われる笑傲江湖が原作であること、ヒットメーカーの于正製作であること、キャストが有名どころばかりとあまりにも期待値が大き過ぎて、その割には面白くないなと思ってたのですが最後で少し挽回しました。

俳優陣には責任はありません。令狐冲の感情表現に違和感を感じる所がありましたが、それ以外はみんな高い演技レベルで流石でした。

やはりストーリー展開自体に問題がありますね。
左冷禅が強いのか弱いのかよくわからない設定でしたし、令狐冲が任我行を救った事で大きな災いを招きましたし、結局任我行を死なせる事になった訳で。

東方不敗と儀琳は共に報われぬ愛でしたね。特に東方不敗は気の毒。令狐冲はどうでもいい相手に気を遣う割にはもっと感謝すべき人間には冷淡だし。

一本筋が通ってたのは岳不群のクズ具合です。最初から最後まで清々しい程のクズっぷりでした。この役者さんが演じた「傾城の雪」での役もとんでもない偽善者でしたが、この人は本当にこういうのが巧いです。

ハン・ドンは確かにこういう役もこなせますけど無駄遣いのような…

金庸原作ドラマの中では並の出来ですかね。
「天龍八部」が話としてはあまりにもよく出来てたので。

ただ、40話台でまとめてくれたのは良かったです。
いつまでも岳不群の本性に気付かす、東方不敗と儀琳に冷たい令狐冲に感情移入出来なかったので好きな作品ではないですが、逆に東方不敗には感動しました。
「射鵰英雄伝」よりは良かったかな。

(追記18)
第40話まで見ました。
ユエン・シャンシャン迫真の演技でした。
この人の評価は「宮廷の泪・山河の恋」の時より断然上がりました。ま、ヤン・ロンさん辺りはいつもこういうのやってるんですけどね。

基本的にドラマって主人公は大袈裟な演技はせずに脇役の方が大仰な演技をする傾向にあります。だから脇役の方が力量もいるし大変なんですが。

さて、あらかた登場人物も死んで残り僅かとなりました。最後は任我行と令狐冲の戦いになるんでしょうが、東方不敗の乱入が予想されます。そうなると、令狐冲はすんなり任盈盈と結ばれるのか?毒の問題もありますし。悲劇で終わるかハッピーエンドになるか…

(追記17)
第39話まで見ました。
東方不敗はかなり早い段階で退場となったので不審に思ってたのですが、やはり生きてましたか。
東方不敗は妹の儀琳さえいなければ身を引くことなく、令狐冲への想いを貫き通したでしょうにね。

さて話は佳境ですが、この物語主人公は当然令狐冲ではあるのですが、裏の主人公は岳不群ですね。そもそもこのオッサンの野望が全編を支配してサイドストーリーが令狐冲の恋愛となっています。

ところで金庸の作品って頑固な主人公が多い印象です。「射鵰英雄伝」の郭靖は最初から最後まで融通がきかない愚鈍な人間で昔約束した許嫁と結婚しないといけないからと最愛の黄蓉を捨てようとしましたし、「天龍八部」なんかは燕の復興に拘り続けた為発狂した慕容復、死んだ阿朱にいつまでも拘る簫峯に脈なしの王語嫣をいつまでも追っかけ回す段誉…本作の令狐冲ももっと早く岳不群の本性に気付くべきというか、見切るべきでそうしたなら不要な犠牲者も出なかったんですけどね。

それにしても東方不敗は妹と令狐冲が危機なのに肝心な時は出て来ないですね。

(追記16)
第36話まで見ました。
見せ場が続きます。
遂に林平之が両親の仇を討ちます。
忘れていたオカマ設定を思い出したように持ち出して女形風味の林平之。

チェン・シャオ、ヤン・ロン、タン・ジャー、ユエン・シャンシャンと于正一座の面々が一堂に会するのは迫力があります。ウォレス・フォだけはプロデュースも自らやるような人なので格が一枚違いますが。奥さんルビー・リンだし。それにしてもウォレス・フォのようなイケメンならもっと若くて綺麗な女優さん選び放題だったと思うのですが、どうしてルビー・リンだったんでしょうかね。まあ自分で制作室持つ位のやり手なのでビジネスパートナーとしても尊敬できるとかでしょうか?

さて林平之が岳霊珊に対して父である岳不群の悪行三昧を全てぶちまけてしまいます。
それどころか二人共もう男でないことも・・
父親と夫がオカマになったなんてこんなショックな事はそうそうないですね。
それを盗み聞きしてた令狐冲と任盈盈。
大体この物語って左冷禅より岳不群の方が悪人なんですよね。
この後は恐らく岳不群に令狐冲がどう対峙していくか?っていうところが見どころでしょうか?

(追記15)
第35話まで見ました。
岳不群悪ぅ~~~~~
武侠ドラマお決まりの大会でしたが、策略家の岳不群が左冷禅を目潰しで倒しました。
偽の秘伝書をわざと盗ませていたんですね。
ところで岳不群と林平之のオカマ設定はすっかり忘れてますね。普通に男に戻ってます。

(追記14)
第33話まで見ました。
基本的に金庸の作品って主人公に関わる女性キャラの数が多すぎると思います。
今作の場合は令狐冲の周りに岳霊珊、儀琳、任盈盈、東方不敗(原作ではオカマだけど)と4人もいて、令狐冲の気持ちの揺れ動きの表現がぶれてしまう。

「天龍八部」でも段誉とその父親の周りには大量の女性がいて、キャラの薄い存在意義のない者も結構いたし、「鹿鼎記 ロイヤルトランプ」の主人公の韋小宝には7人の妻ができたが数人は空気みたいな存在だった。

それはさておき、今作は秘伝書に書かれてる奥義を身につける為に、去勢する人が多発。オカマだらけになってしまいました。
うっとおしいオッサンだった岳不群もオカマぽくなり、林平之が自分でイチモツを切るシーンは本当に痛そうで見てるこっちまでギャーってなりました。

岳不群の奥様が夜を期待するところは気持ち悪かったですが、岳霊珊は新婚そうそう夫がチンコ切ったとか可哀想過ぎます。

岳不群と林平之がオカマ同士、女向けの色の布が気に入ったシーンは面白い。

そういえば中国のドラマは宦官がいっぱい出てくるのでオカマの演技が上手な俳優さん多いですね。「三国志ThreeKingdoms」で袁紹役だった俳優さんが、「項羽と劉邦 King’s War」で趙高という宦官の役を見事なオカマ風味で演じてました。

ところで、岳霊珊役のヤン・ロン(楊蓉)さんは芸達者ですね。今作では凄く可愛いですが、 「後宮の涙」「雲中歌~愛を奏でる~」では全く違うキャラクターを演じていて同一人物とは思えない位。「傾城の雪」の時もそうでしたがヒロインの側で不幸になる役どころが多いですね。

儀琳役のタン・ジャー(鄧莎)さんも器用ですし、中国の女優さんは演技レベル本当に高いです。

(追記13)
第32話まで見ました。
映像がもうファンタジーRPGみたいで。
CGとVFX多用で古装劇という感じでもないんですが。

東方不敗と令狐冲が戦わないといけないというのもイマイチ納得出来ません。セリフにもあるように正派邪派に拘る令狐冲が頑固で愚かなだけのように思います。お互いに色々誤解もあり、中には岳不群の仕業が原因というものも多々あり、この辺は令狐冲が師匠を盲信していたせいでもあります。

東方不敗も凄い情報網を持ってるはずなのに、令狐冲の自分に対する振る舞いの原因が全く理解できず、単純に売られた喧嘩を買ってしまっていてなんか無用の対立にしか思えません。

金庸作品の主人公って頑固で融通の利かないのが多いですね。そのために苦労ばかりしているような感じです。

(追記12)
第29話まで見ました。
相変わらず岳不群が諸悪の根源なんですが…
自分の悪行を全て東方不敗になすりつけて、また令狐冲がそれを信じてしまうところがなんとも…また任盈盈も自らの利益を考えて東方不敗が悪いと令狐冲に思い込ませてよって集って悪者扱いされる東方不敗が憐れです。

ところで本作でのユエン・シャンシャンはとても表情のコントロールが巧いです。「宮廷の泪・山河の恋」の時は一本調子な演技だと思ってたのですが、見直しました。それに魅力的だと思えるようになりました。

さて、話の方は東方不敗と令狐冲は決別。一方で岳不群は奥義を極める為、自分の「息子」と決別。痛そう…

(追記11)
第26話まで見ました。
岳不群が一番の悪人に思えてきました。
根っからの悪人より、善人ぶってるだけ余計たちが悪い。演じてる俳優さんは「傾城の雪」でも善人ぶって実は大悪人だった訳で、于正さん的には「善人を装う悪い奴」ならこの人!って配役を決めてるんでしょうね。

左冷禅も含めて正派の方がやってることは極悪非道です。

林平之はやっと岳不群の悪辣さに気付きましたが、逃げようがありません。

令狐冲は金庸作品の主人公に共通する性格ですが、ちょっとお人好し過ぎますね。普通の感覚だったらもっと早くに師匠の悪意に気付くはずです。

(追記10)
第24話まで見ました。
日月神教の前教主、任我行を演じてるのは「射鵰英雄伝」で欧陽鋒役だったヘイズ(黒子)という俳優さんですね。この人はいつも迫力ありますね。

話の方は囚われてた任我行を意図せず救うことになり、その上内傷も治った令狐冲がとうとう日月神教の現教主と前教主の板挟みになることに…

これ、任盈盈を選ぶか東方不敗を選ぶかの選択でもあるのですが、原作通りなら可愛い女の子を選ぶかオカマで女装してるオッサンを選ぶかという聞くまでもない話なんですが、本ドラマでは一応両方とも女性という設定なので確かに悩みますね。

(追記9)
第23話まで見ました。
今まで武侠ドラマは色々見てきましたけど、割と彩度は抑え目なものが多かったように思いますが、本作は于正作品だけあって派手な色遣いです。

水墨画をバックに戦う演出は非常に芸術的で素晴らしかったです。映像的にもよく出来てると思いました。

どの武侠ドラマでも恋愛要素は多少あるものですがこの作品は男女の恋模様に重点が置かれて江湖の勢力争いはどちらかというと添え物になっていますね。

ストーリーの方はどうやら任盈盈が囚われの身の父親=日月神教の前教祖を令狐冲を利用して救出しようとしてるのですね、それ位は自分も分かります。

ところで大荘主である黄鐘公役の人は…
「ハンシュク」では寇蘭芝の父親役、
「天龍八部」では遼の皇帝、
「隋唐演義」では羅成の父親北平王などあちこちのドラマに出まくって自分の中では高橋英樹似のおっちゃんと覚えてるのですが、今やっと王建新という俳優さんだとわかりました。
「水滸伝」にも出てた。
こんなにも見かけたら他人とは思えなくなってきたw

(追記8)
第21話まで見ました。
なんだ、任盈盈は東方不敗の配下に甘んじていたのか…

令狐冲と東方不敗のラブシーン。
本ドラマでは東方不敗は女性という設定なので良いのですが、これがもし原作通りならオカマのオッサンな訳で綺麗なシーンもブチ壊しでした。過去のドラマ化の際はどうしてたんですかね?ま、オカマのオッサンの乙女な振る舞いが面白さの一部でもあったのでしょうからそういう気持ち悪い面白さは本作では排除されてます。

それにしても正派ってロクな奴がいないですね。正義ぶってやってることは邪派よりよっぽど悪辣で義も徳も欠いてます。そこが金庸の狙いなんでしょうね。実際正義を語る奴程、行いは矛盾してる場合が多いですし。岳不群はエセ君子もいいところでこんな師匠からは破門にされて良かったと思います。

(追記7)
第20話まで見ました。
行く先々で江湖の好漢に歓待を受けてちやほやされる令狐冲。
露骨に嫌な顔をする師匠の岳不群。
ところで一体誰の命令でこんなもてなしをしているのか?
聖姑様の言いつけだそう・・ここでてっきり自分は聖姑様=東方不敗と思い込んでしまいました。
実は前回登場の琴の名手・・ユエン・シャンシャ演じる任盈盈。
東方不敗がクーデターで実権を握った日月神教の前教祖である任我行の一人娘。
ということは任盈盈と東方不敗は日月神教と令狐冲の2つを巡って争うという構図になりそうですね。

(追記6)
第18話まで見ました。
やっとメインキャストの一人ユエン・シャンシャン(袁姗姗)再登場。

ところで岳不群役の黄文豪(ウォン・マンフウ)は腹に一物ある役が上手というか、そういう役専門というか・・「傾城の雪」でも、悪いのに善人ぶった感じでしたし。

(追記5)
第14話まで見ました。
東方不敗役の女優さんは初めて見る顔ですが、なかなかいいですね。
宝塚の男役みたいで、完全に女を消し去って存在感も抜群で素晴らしいです。

話自体はのんびりした進行で特に大きな進展もなく・・

ところでウォレス・フォ(霍建華)は個人的には20歳そこそこの新人を除いたある程度キャリアのある中国の俳優さんの中では一番のイケメンだと思うのですが、最初は「花千骨 〜舞い散る運命、永遠の誓い〜」の白子画があまりにもインパクト強かったので、ああいうクールな役の方が向いてるんじゃないかと思ってたんですが、こういう親しみやすい兄ちゃんの役でもそれほど違和感ないですね。

それにしてもなんでルビー・リン(林心如)と結婚したんだろ?お互いプロデュース業もやってるからかな。
ルビー・リンは自分の制作室持ってる位ビジネスでもやり手だし、ビジネス上のメリットは大きそうですが。

(追記4)
第12話まで見ました。
序盤どんどん登場人物を大量に追加してきましたが、ここへ来てピタッと進行が止まり林平之と岳霊珊のロマンスの話が3話に渡り続きました。二人の関係に嫉妬する令狐冲でしたが洞穴である秘密を見つけます。

一方、東方不敗は儀琳が生き別れになった実の妹だと知り、無事再会。
ところで東方不敗は原作では男が去勢して女の格好をしているという設定だったはずですが、このドラマでは女性が男の振りをしているという設定に変更されています。だから俳優じゃなくて女優を起用しているのか。

謎の強いおじさんが登場しましたが、この俳優さんは「天龍八部」で蕭峯の父親役だった人ですね。

このドラマ、脇役が最強の布陣なので演技に関しては安心感がありますが、演出が武侠ドラマというよりラブロマンスに振れているので少々物足りない感もあります。

(追記3)
第8話まで見ました。
確かに自らを正派と名乗り敵を邪派と呼ぶ割にはやってる事が極悪非道でどちらが正義かわからないところなんかは金庸作品に通底しているテーマですね。

劉正風は単に引退して曲洋と音楽を奏でながら生きたかっただけなのに。
弟子、奥さん、息子を皆殺しにされてこれでは日月神教の方がよっぽど正義だと思います。

(追記2)
第4話まで見ました。
金庸の作品は江湖の色んな組織が出てきて登場人物も異常に多いので把握するのが大変です。
それにしても脇役レベルもお馴染みの顔ぶればかりです。
そしてダン・シャーさんとハン・ドンさん登場。この二人は本当に芸達者です。

まだ話は、どの派とどの派が対立してるかとかを説明してる段階なのでこれからといったところです。

(追記1)
第3話まで見ました。
ヤン・ロンとチェン・シャオ(陳暁)の絡みは「後宮の涙」を思い出しますね。このコンビは「雲中歌~愛を奏でる~」も含めて多いですね。

中国のドラマ、特に于正ドラマは俳優の役どころが大体決まってるので、どの役者が当てられるかでこの登場人物は悪者か正義の見方か見当が付きます。

チェン・シャオは少し前に出てきていきなり殺されたのですが、その息子役で再登場。
もしかしたらユエン・シャンシャンも娘役で再登場するのかもしれません。
それにしても超豪華な俳優陣ですね。
この後も続々、有名どころがわんさか出てくる予定です。
***

金庸原作の武侠小説は何度も繰り返しドラマ化されていますので同じタイトルでも何バージョンもあって混乱します。
今まで視聴したのと視聴中は以下の通りです。

この2作品は同じ監督・スタッフによるもので出演者もかなりの数が重複しています。
金庸の後期の作品が原作で、どちらも素晴らしい傑作です。

こちらは金庸の出世作でかなり初期であるもの故、まだあまりストーリーがちゃんと練られて構築されていなくて行き当たりばったりな印象で、しかも主人公に魅力がないので感情移入も出来ず、上記の2作品と比べるとかなり質が落ちます。

さて今作の原作の「笑傲江湖」は金庸の代表作と言われているものでドラマ化も数多くされていますが、今回見るのは于正プロデュースでウォレス・フォが主役のバージョンです。

射鵰英雄伝にも出ているおっちゃんが日月神教役で登場。フー・ドンをはじめ「水滸伝」「隋唐演義」に出てた面々が数多く出演。大体見覚えある顔ばかりです。

「宮廷の泪・山河の恋」で主役だったユエン・シャンシャンがいきなり登場してすぐに殺されてしまいます。于正作品なので特別出演ですかね。

于正ドラマ常連の楊蓉(ヤン・ロン)さんもいますね。
宗峰岩とか黒子(ヘイ・ズー)は今見てる「射鵰英雄伝」にも出てます。
宗峰岩は「天龍八部」では慕容復でした。
黄文豪(ウォン・マンフウ)は「傾城の雪」で主人公一家を痛めつける杭敬亭をやってた人ですね。

于正のドラマは衣装も豪華で花が多く色彩豊かで映像が綺麗です。本作はほとんどファンタジーばりのVFX多用です。

なお東方不敗は陳 喬恩(ジョー・チェン)という台湾の女優さんが演じています。原作では去勢した男が普段は女装しているという設定なので確かに男が演じるよりも女優が演じた方がいいのかもしれませんが・・

射鵰英雄伝よりは期待できそうです。

Visits: 92
コピーはできません。