名家の恋衣

(追記12)
第35話最終回まで見ました。
ずっと文句ばかり書いてきましたが、最終回だけはまあまあ良かったです。
少しだけサプライズもありましたしね。

何度も書いてますがメインの周邵天、江余、呉彩虹が感情表現、表情共に乏しく、脚本も特に山場もなく淡々とした印象です。画面はカラフルなんですけど、ストーリーは淡色ぽいというか。

むしろメインの3人より陸曼が主役なんじゃないかと思うほどです。この人だけ感情豊かでしたし。
物語全体を通して呉彩虹の父親を殺したのは誰か?という謎と3人の恋の行方で引っ張ってましたが、犯人に関しては後出しジャンケンでとってつけたように明かされ、恋の行方も第1話から想像した通りでなんの捻りもありません。

ただ最終回ではちょっと考えさせられるセリフとかあったし、ちょっとしたサプライズもあったので大きな不満が少しだけ解消された感じです。

んーちょっとオススメできるレベルではなかったですね。

(追記11)
第34話まで見ました。
周邵天がとっても良い奴に思えてきました。
方菲菲も火事以来急に物分りの良い優しいキャラになってるし。

ところで江余が呉彩虹を好きなのは最初からずっと表現されてたので良いのですが、呉彩虹側に関しては確かに江余に終盤はいい印象を持ち出してはいたでしょうが、それが結婚してもいい位まで高まってるというのはどこにも表現されてなかったと思うのです。だから普通に一緒になる前提で話出すのはちょっと違和感を感じます。

陸曼は精神に異常をきたしてるし、江余の母親は最初呉彩虹を気に入ってたのに今は頑なに拒んでるし、ちょっと極端な演出のようにも思えます。

(追記10)
第32話まで見ました。
なんかここへきてやっとみんな素直になってきたというか、感情を顕にしだしました。
呉彩虹と江余を演じる二人は元々感情表現のダイナミックレンジが狭いですね。
周邵天役の人はまだマシですが。呉彩虹と江余は感情を押し殺してるという性格設定もあるのでしょうが、それならここからはもうちょっと表情を豊かにしないと対比が表現できないですよね。

江余がやっと呉彩虹への思いを認めましたが、試練は続きます。

(追記9)
第30話まで見ました。
このドラマがイマイチパッとしないのはメインキャストの3人が揃って感情をひたすら押し殺してるからでしょうね。勿論演技レベルが低いんじゃなくてそういう設定なんでしょうが、周邵天と江余の態度には納得いかないところが多いです。

それに比べて秘法に執着する陸曼や兄を取られる事を恐れて呉彩虹に敵意をむき出しにする方菲菲は感情表現がストレートで分かりやすいのですが・・

主役3人が感情を押し殺すという演出は勿論狙いがあってのことでしょうが今のところ上手く作用してるようには思えません。

(追記8)
第28話まで見ました。
全35話なので真相が分かるのはもっと後かと思ってましたが、ほとんどの種明かしが行われます。周邵天やっぱりお前が刺してたのかよ。
それにしても内通者が大量にいて問題が起こったのにまだ排除できない警察って何なんでしょう?陸曼がどうやらラスボスぽいですが果たして・・

テキストのコピーはできません。
通知を有効にしますか?    はい 結構です