名家の恋衣

(追記12)
第35話最終回まで見ました。
ずっと文句ばかり書いてきましたが、最終回だけはまあまあ良かったです。
少しだけサプライズもありましたしね。

何度も書いてますがメインの周邵天、江余、呉彩虹が感情表現、表情共に乏しく、脚本も特に山場もなく淡々とした印象です。画面はカラフルなんですけど、ストーリーは淡色ぽいというか。

むしろメインの3人より陸曼が主役なんじゃないかと思うほどです。この人だけ感情豊かでしたし。
物語全体を通して呉彩虹の父親を殺したのは誰か?という謎と3人の恋の行方で引っ張ってましたが、犯人に関しては後出しジャンケンでとってつけたように明かされ、恋の行方も第1話から想像した通りでなんの捻りもありません。

ただ最終回ではちょっと考えさせられるセリフとかあったし、ちょっとしたサプライズもあったので大きな不満が少しだけ解消された感じです。

んーちょっとオススメできるレベルではなかったですね。

(追記11)
第34話まで見ました。
周邵天がとっても良い奴に思えてきました。
方菲菲も火事以来急に物分りの良い優しいキャラになってるし。

ところで江余が呉彩虹を好きなのは最初からずっと表現されてたので良いのですが、呉彩虹側に関しては確かに江余に終盤はいい印象を持ち出してはいたでしょうが、それが結婚してもいい位まで高まってるというのはどこにも表現されてなかったと思うのです。だから普通に一緒になる前提で話出すのはちょっと違和感を感じます。

陸曼は精神に異常をきたしてるし、江余の母親は最初呉彩虹を気に入ってたのに今は頑なに拒んでるし、ちょっと極端な演出のようにも思えます。

(追記10)
第32話まで見ました。
なんかここへきてやっとみんな素直になってきたというか、感情を顕にしだしました。
呉彩虹と江余を演じる二人は元々感情表現のダイナミックレンジが狭いですね。
周邵天役の人はまだマシですが。呉彩虹と江余は感情を押し殺してるという性格設定もあるのでしょうが、それならここからはもうちょっと表情を豊かにしないと対比が表現できないですよね。

江余がやっと呉彩虹への思いを認めましたが、試練は続きます。

(追記9)
第30話まで見ました。
このドラマがイマイチパッとしないのはメインキャストの3人が揃って感情をひたすら押し殺してるからでしょうね。勿論演技レベルが低いんじゃなくてそういう設定なんでしょうが、周邵天と江余の態度には納得いかないところが多いです。

それに比べて秘法に執着する陸曼や兄を取られる事を恐れて呉彩虹に敵意をむき出しにする方菲菲は感情表現がストレートで分かりやすいのですが・・

主役3人が感情を押し殺すという演出は勿論狙いがあってのことでしょうが今のところ上手く作用してるようには思えません。

(追記8)
第28話まで見ました。
全35話なので真相が分かるのはもっと後かと思ってましたが、ほとんどの種明かしが行われます。周邵天やっぱりお前が刺してたのかよ。
それにしても内通者が大量にいて問題が起こったのにまだ排除できない警察って何なんでしょう?陸曼がどうやらラスボスぽいですが果たして・・

(追記7)
第27話まで見ました。
前回も書きましたが、このドラマはメインキャストの3人が揃いも揃って感情表現が乏しいのでどうにも盛り上がりに欠けてしまいます。
江余も周邵天ももっと反論しろよ!って思ってしまいますね。
陸曼役の人はいたってまともな演技をしてるんですけどね。
そもそもストーリー自体がパッとしない感じです。

(追記6)
第25話まで見ました。
このドラマがイマイチなのは登場人物に魅了を感じないところが一点。
特に呉彩虹役の人は可愛い顔立ちではあるのですが表現力に乏しい。
江余役のハウィックラウは「宮廷の泪・山河の恋」でも感情をあまり表に出さない感じでしたし、周邵天役のリー・トンシュエもなんかもさっとしてますし。

それと設定上主要人物が皆賢くないというのもなんか疲れます。江余は賢いつもりなんでしょうけどなんか中途半端ですし。

話の方はやっと呉彩虹の父親を殺した犯人がわかりそうな感じです。
そもそも容疑者3人なんでミステリとしては貧弱ですし、呉彩虹を巡る恋の行方についても別にどうでもいいとしか思えませんが残り10話なんで辛抱して見ます。

(追記5)
第22話まで見ました。
キャラ設定でわざとそうしてるのは重々承知してますが江余があまりにもハッキリ言わない事が多くてイライラします。呉彩虹に父を殺したと言いがかりを付けられた時もちゃんと否定すればいいのに。あと栄達との染織技術対決でも布をミョウバンに浸されるという妨害行為をされたのをわかった上で何も言わないし。

ていうかそもそもどうでもいい話で引き伸ばし過ぎですね。

(追記4)
第20話まで見ました。
ここに来てやっと呉彩虹が江家と呉家の因縁を知るというちょっと不自然な展開。
玲瓏の元の持ち主が江だと知らなかったのか、江という姓はいっぱいいるのでまさか江余の父親がオーナーだとは思わなかったのか。

それにしても特に大きな展開がある訳でもなく呉彩虹の父親は何故死んだのか?という謎と呉彩虹がどっちの男を選ぶのかという恋の行く末だけで引っ張るのは本来かなりしんどいですね。ここまで見たから最後まで見ますけど。

(追記3)
第14話まで見ました。
そもそも江余がハッキリ言わないから呉彩虹との間でずっと誤解が生じていましたが、盗み聞きの応酬でお互いに対する悪意が消えて、やっと正常な関係になりつつあります。

このまま順調に行けば周邵天が食わせ者だとバレるのも時間の問題でしょうね。

(追記2)
第12話まで見ました。
このドラマ見ていてモヤモヤするのが江余が一体何をどうしたいのかがよくわからんところです。

周邵天はお金を横領した悪人だからいいとして、江余も呉彩虹も別に悪人ではなく単なる被害者なんですよね。呉彩虹の方は父親は悪人でしたけど本人に罪はないし、江余の方は完全に被害者の立場から自らの才覚で店を取り返しただけですし。

江余の考える着地点がよくわからないのがモヤモヤの原因ですね。復讐だったらもう大方終わってる訳ですし、逆に呉彩虹の父親を殺した犯人だと疑われてるからこれ以上呉家の連中に関わるメリットがない。

勿論、呉彩虹への淡い恋心が下地としてあるんでしょうけど、その割には母親が怪我を負わされた時は真剣に怒ってますし、よくわからんですな。

(追記1)
第8話まで見ました。
ここ数年大量の中国ドラマを見てますが、珍しくメインキャストの3人以外は完全な脇役で、構成が非常にシンプルです。
さてハウィック・ラウはイケメンランキング上位に入ると思っていたのですが、某サイトで整形前の写真を見てしまいかなり衝撃を受けました・・こんな野暮ったい顔でもここまでイケメンになれるのなら自分でもなれるな・・

肝心のお話ですが、誰が呉彩虹の父を殺したのか?という謎以外は特に関心を持てるような事もなく、呉彩虹を二人の男が奪い合うという単調なお話になりそうで、ここ最近見ていたドラマと比べると非常にレベルが低くてちょっと脱落しそうですが全35話と中国にしては短めなので我慢しようかと・・

***

こちらは馴染みの俳優さん二人がメインキャストでヒロインを奪い合う設定。
一人は「宮廷の諍い女」で皇帝の妃を陰ながら愛する果郡王を演じたリー・トンシュエ。もう一人は「宮廷の諍い女」の完コピー作品「宮廷の泪・山河の恋」で皇帝を演じたハウィック・ラウ。

商売敵の2つの家が登場するところなんかは「傾城の雪」を思い出します。

復讐の連鎖という設定になってますが、ちょっと盛り上がりに欠ける展開になりそうな予感・・

しばらく我慢して見てみます。

コピーはできません。