2020最新版!中国歴史ドラマを10年見てオススメの作品PART9「独孤伽羅」「隋唐演義」「武則天」

2020最新版!中国歴史ドラマを10年見てオススメの作品

PART8からの続きです。

歴史の流れを学べるドラマ

中国ドラマを見る切っ掛けは「三国志 Three Kingdoms」だったのですが、その後同じスタッフで多くのキャストが重複する「項羽と劉邦 King’s War」というドラマを観ました。

すると秦~漢~三国~晋という一連の歴史の流れがよく理解できるようになります。
やはり教科書や書籍などの文章で読むより実際に歴史上の人物がどういう思いでその行動を決断したのか?など心理面がよりリアルに読み取れるんですよね。

中国歴史ドラマを見始めた当初はバラバラだったピースが隣接する時代のドラマを見る事により繋がって歴史の流れが理解できる、そういうメリットがありました。

そこで今回は全く別個の独立したドラマですが続けて見ると歴史の流れが分かる3本を紹介します。

独孤伽羅~皇后の願い~

先程、秦~漢~三国~晋という流れの話をしましたが、その後中国は五胡十六国時代という国家が乱立する混乱の時代に突入します。
それは南北朝時代へと収斂していくのですが本ドラマはその南北朝時代のお話です。

中心になるのは3姉妹なのですが、一応主人公は一番下の伽羅となっています。
紆余曲折あって彼女と結婚するのが次の王朝である隋を建てた楊堅。

ドラマ的な見どころとしては3姉妹の真ん中、曼陀役のリー・イーシャオ(李依暁)の怪演ですね。
自分だけ身分が低い母親の娘ということで姉と妹を妬み恨み色々と嫌がらせをするところが非常に楽しいです。
彼女は前述の「項羽と劉邦 King’s War」では項羽の愛人である虞美人を演じていましたがこの時は清楚な女性だったのが本作では真逆の破天荒なキャラクターを熱演しています。

そして史実的に言えば曼陀の孫が次の次の王朝、唐の創始者となるのです。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~

独孤伽羅では楊堅が隋を建てたところで話は終わります。
日本人なら遣隋使・遣唐使で隋と唐の名前はよく知ってると思いますがそれらの国がどのような経緯で建てられたかは歴史が好きな人以外はなかなかご存知ないかもしれません。

テキストのコピーはできません。
通知を有効にしますか?    はい 結構です