Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ads

孔子

LINE@登録

(追記16)
第38話最終回まで見ました。
全38話という構成の中で幼少期にかなりの話数を割き、子供からいきなり成人になり、あっという間に老人に。
それは実際の人生においても体感的には子供の頃は長く感じて壮年を超えると一気に年月が過ぎ去る速度が加速するのと同じです。

何度も書いてるように芸術的な映像で画面はほとんど暗くてかつ彩度も低いので淡い画作りが人生の儚さを現してるようでもあります。

孔丘、陽虎、少正卯の三人の物語として終盤まで続き、孔子と弟子との関係は中盤からオーバーラップしながらその重要度を増しては来ましたが、バランス的は三人の物語の比重が高くて弟子との関係は最終盤になってやっと主題に昇格したのでその辺は物足りなさも感じます。実際、顔回が死んで孔子が悲しむというのは史実通りではありますが、顔回の良さというのをちゃんと描いて来なかったのでその悲しみの深さの訳が見てる者には伝わりません。

春秋戦国時代の有名な人物も出てきたものの、斉の景公と晏嬰の扱いはあまりにも酷くて歴史ドラマとしては不満もあります。

ただ一人の頑固な人間の生き様を描いたドラマとしては自分の人生と重なるところもありしみじみと味わい深く見ることができました。

最後「人に仁を説きながら自分は全く親孝行できなかった」というセリフにはジーンときました。

(追記15)
第36話まで見ました。
人生なんてあっという間。幼少期からその生涯を閉じるまでを描くこのドラマを見ると人生の虚しさ、儚さを否応無く感じさせられます。若いうちは自分の人生は延々と続くように錯覚し、無為な時間を過ごしがちですが後で振り返ると必ず後悔しますね。しかし人間なんて皆そういう愚かな生き物なのかもしれません。

今回なるほどなと思ったセリフ。

(追記14)
第35話まで見ました。子貢は弟子の中で一番賢いと思うのですが、それ故理想主義者の孔子とは合わなかったみたいですね。それがドラマでも度々描かれています。

今回は印象的なセリフが多かった。

関連記事
スポンサーリンク
ads

シェアする

スポンサーリンク
ads