Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ads

孔子

LINE@登録

それはさておき、孔子が子路を説き伏せるシーンはここまでで一番の名シーンと言ってもいいですね。

なお子貢と共に回想シーンに出てくる曾参は曾子の事で劉邦の配下の曹参とは勿論別人である。

(追記6)
第12話まで見ました。
これまでゆっくりとした展開でよく言えば「丁寧に描いてる」悪く言えば「チンタラ遅い」という感じでしたがやっと軌道に乗ってきました。

弓を教えてくれた男装の女の正体は最初からそうじゃないかと思ってました。

演出も過去の孔子の話と弟子が振り返るパートの分量が今回はちょうど良かった。
やっと面白くなってきた気がします。

(追記5)
第11話まで見ました。
孔丘、陽虎、少正卯の成長物語みたいな体裁で進んでます。しかも孔丘よりも感情の起伏の激しい陽虎が主人公に見えます。相変わらず孔丘は間抜けな男として描かれてますしこの先が心配です。

(追記4)
第9話まで見ました。
このドラマ、撮影手法が逆光でシルエットだけ浮かび上がらせるとかアーティスティックな絵作りでカメラワーク辺りは非常に勉強になります。

話自体は孔子が何故あのような思想を抱くようになったかを説明するため非常にまどろっこしい展開となっておりちょっと見ていてダレてきます。恐らくこのまま地味な話が続くんでしょうねえ。

(追記3)
第8話まで見ました。
孔子と季札の交わりについてはよくわからないんですよね。
孔子が季札を尊敬していたのは確かみたいですが一緒に旅をしたなんて本当でしょうか?

それにしても季札はただの酒飲みとして描かれて特に何もせずすぐ死にますし、孔子の母親も何故か自死しますし全体的に重たい展開です。今の所孔子は確かに親に対する孝行心は強いですが単なる愚か者として描かれてます。

(追記2)
第5話まで見ました。
季札と孔丘は旅に出ます。
道中、古代中国の歴史について教えるのですがこれは我々が見ても勉強になります。

(追記1)
第3話まで見ました。
カメラワークや画作りが芸術的です。
まだ孔子が子供の頃の話ですがここは流石に創作でしょうね。
母親の名前や身分が低かった事は史実通りですが。
とんでもないバカ息子として描かれてます。

関連記事
スポンサーリンク
ads

シェアする

スポンサーリンク
ads