開封府~北宋を包む青い天~

(追記20)
第58話最終回まで見ました。
ラスト2話の戦闘シーンでかなり予算を使ったんでしょうね。

それにしても諸悪の根源だった張子栄と周児が幸せになるのは納得がいきません。
謀反を起こす気などサラサラなかった張徳林は息子とその嫁のせいで追い詰められて死ぬ羽目になった訳で。

皇帝のその後が一切描かれてないのはなんか不自然ですね。
宋の皇帝は初代を除けば愚鈍揃いで結局他国に侵略される訳ですけど。
この仁宗が登場する「花と将軍~Oh My General~」でも范仲淹は重用されてましたが肝心の皇帝が優柔不断ではどうしようもありません。

ラストシーンで義姉と雨柔が出てきました。
子供は生きてたんですね。

さて総評ですが複雑な権力闘争は知能戦の様相を呈して凄く期待したのですが竜頭蛇尾のような結末でちょっと不満。
同じく包拯を題材にした「七侠五義」と面白さのレベルとしてはどっこいどっこいな感じですね。

(追記19)
第57話まで見ました。
張子栄の浅はかな計略と周児が余計な事をしたせいで何故か張徳林が謀反を起こさざるを得なくなるという不思議な展開。
包囲された皇帝側は王延齢が前皇帝が作らせた抜け穴を教えてくれたことで城外へ脱出。
そして援軍を求める為に包拯は江湖の任侠達に協力を求める。

張徳林軍と任侠の戦いは水滸伝のラストを思い出させます。
いよいよ次回は最終回です。

(追記18)
第56話まで見ました。
非常に複雑な話ですが張子栄が策士策に溺れるでそれに張一家含めて周りが皆巻き添えになってる状況です。

張徳林「父親を董卓にするつもりか!」
張子栄「いえ曹操です」
→中国の古装劇では歴史からの引用のセリフが多いので学べば学ぶほど理解が深まります。

ところでこのドラマは皇帝の表情がずっと陰鬱で愚鈍な印象ですがこれも演出なんでしょうかね。
張一族の反乱に皇帝側は王延齢を頼らざるを得ず結局は無力な皇帝というのは変わりそうにありません。

さて残り2話でどんなケリを付けてくれるのでしょうか?

(追記17)
第54話まで見ました。
西夏との争いで人質の争奪戦。
結局、人質は死にましたが辺境軍は范仲淹の自らを危険に晒した策略で半分だけ助ける事が出来ました。
そしてこの事態を招いた首謀者である王延齢は失脚。

一方、皇后に目の敵にされた周児は一座に戻りますが、そこへ張子雍が来て難癖をつけて都から出て行けと。
張子栄が現れて兄弟で殴り合いに。そして周児を本当に愛してると告白。

基本的に仁宗は政に関しても恋愛沙汰に関しても全てにおいて暗愚でどうしようもない。
その上張一家は父(張徳林)・姉(皇后)・兄(張子雍)・弟(張子栄)と戦略がバラバラで潰し合いをしている。

このドラマ面白さ的には同じ包拯を描いた「七侠五義」と同レベルなんですよね。

複雑な権力闘争で凄く期待を抱かせるのですがどのエピソードも結末がグダグダでどれも竜頭蛇尾。
面白くなりそうでどの話も結末はすっきりしない。そんなストーリーの連続。

あと4話で終わりですが見終わった感想も「七侠五義」と同じになりそうです。

(追記16)
第50話まで見ました。
やっと陳世美の話が終わりました。

包拯は妻と甥を失い(はっきり描かれてませんがどうやら叔母と子供も死んだか?)、何のためにここまで頑張ってきたのかわからない感じに。
皇帝は板挟みばかりでこちらも気の毒ですが・・そもそも生母の太后がロクでなしです。

青女さん、凄い美人でしたが駙馬を処刑されて仏門へ。
なんか誰も幸せになってないという悲惨な展開。

(追記15)
第48話まで見ました。
秦香蓮も端午も揃って馬鹿女ですね。
秦香蓮の方は夫を信じたい、まさか夫が自分を殺すなんてという気持ち。
端午の行動は理解不能、飛んで火にいる夏の虫で、そもそも身重なのにウロウロするなと。

陳世美は極悪人ですが、馬鹿女二人のお陰で窮地を凌げるか?

あと、包勉も大概間抜け過ぎですね。

正義を貫こうとすれば身内も犠牲にせざるを得ない…
つまり陳世美を死罪にしようとするならば包勉も助からない。

包拯には辛いジレンマで話としては面白いです。

(追記14)
第46話まで見ました。
駙馬の妻子が訪ねて来た後の下りはかなり話数を割いていますが、皇帝と張徳林、王延齢との権力闘争とも絡んで複雑な展開に。

包勉救出の際に手練が二人介入して、駙馬側が色々深読みし過ぎて誤解する所がリアリティがあって面白い。ドラマでは普通、超人のごとく劇中の登場人物がなんでも見透してしまいがちですが、今作は包拯含めてそういうスーパーマンみたいな人はいないので現実的でいいと思います。

(追記13)
第36話まで見ました。
放火事件の次が科挙の替え玉事件でしたが、其の実は権力闘争の続きであり、悪貨が良貨を駆逐する状態に。

皇帝は早く実権を握りたいと思うものの、結局は張氏や王宰相の力を借りねばならず、奸臣の排除もままなりません。この辺りは古今東西変わらないのですね。

融通が利かない包拯の改革はなかなか進みません。その辺はリアルでいいんでしょうけど。

(追記12)
第30話まで見ました。
包拯を題材としたドラマは以前「七侠五義」というのを見て、そこでも陳琳と展昭という人物は登場してたんですが、その時の陳琳ってラスボスだったのですが今作では割と早く退場しちゃうんですね。

それにしても火事の一件は長い話数使った割にはくだらない結末で拍子抜けです。

ガン・ティンティンさんも退場みたいです。

(追記11)
第24話まで見ました。
結構複雑な敵対関係ですね。
皇太后と張徳林は愛人関係ですが皇太后は張徳林の事を死んでもいいと思っている。
皇太后をお姉さまと呼ぶ楊太妃は夏懐敏と愛人関係に。これもそもそもは張徳林を牽制したい皇太后の発案。その夏懐敏が統領を務めている禁軍の副統領の王守忠は張徳林の長男子雍と組んで包拯を殺そうとしたり割と悪行三昧。
皇太后の張徳林への不満を真に受けた楊太妃が夏懐敏に張徳林の殺害を指示。張徳林は毒矢を受けて瀕死になるが夏懐敏と和解して毒消しを貰う。その一部始終を宰相の王延齢の配下が諜報。王延齢は夏懐敏を自分の側に引き入れる。

皆が本当の敵が誰かわからず、しかも味方を本当に信じていいのか疑心暗鬼なところがスリリングで面白いです。

(追記10)
第22話まで見ました。
王副統領演じてるのは昔「三国志ThreeKingdoms」で曹爽やってた人ですね。一度見たら忘れられない悪そうな顔。

包拯田舎にいる間は目を見開くの緩めてたのにまた頑張ってます。演じるビクター・ホァンは共演女優から本当にそれで行くの?って言われたそう。

「七侠五義」と同じで刑事ドラマ風になってきました。視聴者は犯人知ってるので刑事コロンボみたいな倒叙ミステリー型ですけど。

今回の火事はその後の殺人事件も加わって「誰が得をするか?」だけではなかなか解き難い難問です。

(追記9)
第18話まで見ました。
よくある途中で数年後にタイムワープするパターン。
幼かった仁宗も青年となりました。
未だに皇太后、宰相の王延齢、張徳林の権力闘争が続いています。

一方地方にいる包拯の元には仁宗の生母がやってきます。この仁宗と生母の対面の下りは同じ包拯を扱ったドラマ「七侠五義」でもありましたし、仁宗が登場する「花と将軍~Oh My General~」でもありましたから中国人にとっては馴染みのあるエピソードなんでしょうね。

幼い頃一緒に育った娘を見つけ出して陛下に会わせた皇太后。その策を見抜いた張徳林の次男。仁宗を取り巻く人間達の駆け引きは見どころですね。

青女役の人はなかなかの美人ですね。
張徳林の次男は名軍師になれそうな位頭が良くて武芸のみの長男より有望です。

(追記8)
第16話まで見ました。
急転直下包拯は雨柔と相思相愛に。
雨柔を連れて帰郷したものの、義姉と雨柔の父親の反対により破局。
このタイミングで物語は数年後にジャンプ。え?

(追記7)
第15話まで見ました。
陳林は「七侠五義」においては最初から権力者でしたが、本作では最初は無力な宦官から始まってるんですね。

やっと極悪人の劉復が打首に。
皇太后役のガン・ティンティンは中国の超美人女優の中では演技が上手い方ですね。

包拯の眼の見開き加減が若干緩くなってきて、瞬きも増えてきました。流石に初期の開き方は極端過ぎですね。途中で諦めるなら最初からやらなきゃいいのに。

弟を見殺しにした皇太后。やはり権力を失う方が嫌だったみたい。

チャン・モンちゃんはやっぱりいいねえ〜
この人の出てるドラマ何故か全部大好きなんですよね。友情出演的なチョイ役も含めて。

(追記6)
第14話まで見ました。
やっと包拯と展昭がお互いの身分を明かして対峙しました。

劉復の事件にかなり話数割いてますね。
劉復役の人、名前は知りませんがスネ夫をリアルにしたような顔でこの下衆野郎にピッタリ。多分こんな役ばかりなんでしょうね。

さて皇太后、宰相の王延齢、張徳林が三すくみの状態に。なかなか面白い展開ですが国舅の劉復は結局生き残るんですかね?

(追記5)
第11話まで見ました。
范仲淹という人物が、王延齢の側近として登場。
范仲淹は同じ宋代のドラマ「花と将軍~Oh My General~」でも仁宗に仕える忠臣として活躍してましたから、本作でもいずれはそうなるのでしょうか。

皇太后と張徳林が微妙な緊張関係に。
宰相の王延齢含めて配下に手練を有してますが、あの
展昭と互角にやり合った白装束の女は何者なんでしょうね。

(追記5)
第10話まで見ました。
複雑な構図になってますね。
皇太后の弟、劉復がロクでなしで悪行三昧。
皇太后と張徳林は恋愛関係。
張徳林と宰相の王延齢は敵対しつつも決定的な争いは敢えて避ける緊張状態。
皇帝の側に仕える宦官の陳林はまだ皇帝が幼く実権を握ってないので皇太后に対してひたすら低姿勢。
そこに江湖の展昭と謎の女。
無理やり包拯と結婚させられそうになった妓女も劉復の命を狙ってるみたいだし、多数の人間の思惑が交錯する展開。

話は面白いのですが、やはり包拯のキャラクター設定が納得できません。抜群の推理を見せる割には振る舞いが愚かでこれでは賢いのか愚鈍なのか分かりません。

「七侠五義」で包拯を演じたアレックス・マンと差別化する為に敢えてこんな風変わりな演出をしてるのかと穿って見てしまいます。

さて、皇帝と血の繋がりのない皇太后が権勢を振るって幼い皇帝を抑圧し続け、後に親政を始めた皇帝に復讐されるのは中国の歴史ではよくあるパターンですが、果たしてどうなりますか…

(追記4)
第7話まで見ました。
なかなか面白い力関係ですね。
兵権を握る張徳林と皇太后の劉娥は一緒に権力奪取を目論んでる。
そして宰相の王延齢はそれを恐れている。
勿論、陛下の側近の陳林も。

でも前回も皇太子を殺そうとしたのや、謀反を起こそうとしたのも八賢王だった訳で、今回の皇帝毒殺未遂も皇太后と張徳林の仕業だと王延齢は睨んだが、当の
皇太后と張徳林はお互いがやったと思い込んで、違う事がわかると、じゃあ誰?と悪人が悪人を探す羽目になるという、おかしな展開に。

なかなかミステリアスでいい感じです。

やっと展昭登場。展昭というキャラクターは「七侠五義」にも出てましたが、これは元々原作の小説に出てくるんですよね。

チャンモンちゃんは相変わらず可愛いです。

(追記3)
第6話まで見ました。
まだたったの6話なんですが、いきなりクライマックスです。
宋の皇帝真宗の子供を殺していたのは弟の八賢王でした。
クーデターを企て、真宗はその八賢王に兵符を渡して窮地に陥ります。

散々犯罪者扱いされていた包拯は自らの叡智で疑いを晴らした上、宰相に認められ八賢王の悪行を暴きます。

ですが時既に遅しで、最終的には劉娥と張徳林が真宗を救う事になります。

で、真宗は崩御し劉娥は皇后になり、益児は皇帝に即位してめでたしめでたし・・・

多分「七侠五義」と同じで一つの事件を数話で描くのを続けていくというスタイルでしょうね。

ガン・ティンティンはファン・ビンビンに似てますね。

(追記2)
第4話まで見ました。
結局皇子を連れ戻す事に。
また命狙われるのかね。

包拯の方は科挙を受ける事になりました。
茶色いメークは良いとして、ずっと目を見開いてるのはちょっと気持ち悪いですね。ビクター・ホァンのインタビュー読んだら共演した女優さんからも、本当にずっと目を見開いたままで押し通すのか?と訊かれたそうです。んーどうも頭が悪そうにしか見えないのでこの演技方針はどうかと思ってしまいます。「七侠五義」の包拯はかなり良かったので見劣りしていますね。

ビクター・ホァンは「三国志ThreeKingdoms」の周瑜役とか「琅琊榜」の誉王役は上手くハマってたのでこちらはちょっとミスキャストのような気がします。

さてチャン・モンちゃん登場。
中国のドラマは俳優女優の自分の声であることはほとんどなく、配音という吹き替えで、しかも俳優と声優の組み合わせはドラマ毎に違うので、すぐにチャン・モンだと気付きませんでした。

笑天猫と言う変な名前の人らしい。
師匠は展昭。こちらは七侠五義で準主役だったのでわかります。ということは将来的に包拯の下で働くんでしょうね。

今のところ美人はガン・ティンティンだけです。

皇子を育てた男の人は気の毒な事に…

(追記1)
第2話まで見ました。
包拯の幼少期と北宋第三代皇帝真宗の後宮周りの話が並行して描かれます。

皇帝の子供が相次いで5人も謎の死を遂げ、どう考えても誰かが毒を盛ってるに違いないのですが、次に産まれた皇子を避難させて身代わりを手元で育てます。

替え玉とか子供の入れ替えはこの手のドラマではよくある話ですね。

どうもこの調子だと主役が活躍するようになるまでしばらく掛かりそうです。

***

以前見た「七侠五義」と同じく実在した名裁判官である包拯を描いたドラマで包拯を演じるのは「三国志ThreeKingdoms」で周瑜役だったビクター・ホァンです。最初色黒過ぎてわからなかったです。つうか、「琅琊榜」で誉王を演じたのもこの人だったのか!全然わからなかった。周瑜の時よりかなり太った印象。

そんなことよりまた58話もあるの!
最近中国政府のドラマを管轄する部局が「ドラマ長過ぎるから40話出来たら30話で収めるように」と通達を出しましたが本当にそう思います。

ガン・ティンティンとかチャン・モンちゃんが出るのでとりあえず見てみます。

コピーはできません。