開封府~北宋を包む青い天~

(追記20)
第58話最終回まで見ました。
ラスト2話の戦闘シーンでかなり予算を使ったんでしょうね。

それにしても諸悪の根源だった張子栄と周児が幸せになるのは納得がいきません。
謀反を起こす気などサラサラなかった張徳林は息子とその嫁のせいで追い詰められて死ぬ羽目になった訳で。

皇帝のその後が一切描かれてないのはなんか不自然ですね。
宋の皇帝は初代を除けば愚鈍揃いで結局他国に侵略される訳ですけど。
この仁宗が登場する「花と将軍~Oh My General~」でも范仲淹は重用されてましたが肝心の皇帝が優柔不断ではどうしようもありません。

ラストシーンで義姉と雨柔が出てきました。
子供は生きてたんですね。

さて総評ですが複雑な権力闘争は知能戦の様相を呈して凄く期待したのですが竜頭蛇尾のような結末でちょっと不満。
同じく包拯を題材にした「七侠五義」と面白さのレベルとしてはどっこいどっこいな感じですね。

(追記19)
第57話まで見ました。
張子栄の浅はかな計略と周児が余計な事をしたせいで何故か張徳林が謀反を起こさざるを得なくなるという不思議な展開。
包囲された皇帝側は王延齢が前皇帝が作らせた抜け穴を教えてくれたことで城外へ脱出。
そして援軍を求める為に包拯は江湖の任侠達に協力を求める。

張徳林軍と任侠の戦いは水滸伝のラストを思い出させます。
いよいよ次回は最終回です。

(追記18)
第56話まで見ました。
非常に複雑な話ですが張子栄が策士策に溺れるでそれに張一家含めて周りが皆巻き添えになってる状況です。

張徳林「父親を董卓にするつもりか!」
張子栄「いえ曹操です」
→中国の古装劇では歴史からの引用のセリフが多いので学べば学ぶほど理解が深まります。

ところでこのドラマは皇帝の表情がずっと陰鬱で愚鈍な印象ですがこれも演出なんでしょうかね。
張一族の反乱に皇帝側は王延齢を頼らざるを得ず結局は無力な皇帝というのは変わりそうにありません。

さて残り2話でどんなケリを付けてくれるのでしょうか?

(追記17)
第54話まで見ました。
西夏との争いで人質の争奪戦。
結局、人質は死にましたが辺境軍は范仲淹の自らを危険に晒した策略で半分だけ助ける事が出来ました。
そしてこの事態を招いた首謀者である王延齢は失脚。

一方、皇后に目の敵にされた周児は一座に戻りますが、そこへ張子雍が来て難癖をつけて都から出て行けと。
張子栄が現れて兄弟で殴り合いに。そして周児を本当に愛してると告白。

基本的に仁宗は政に関しても恋愛沙汰に関しても全てにおいて暗愚でどうしようもない。
その上張一家は父(張徳林)・姉(皇后)・兄(張子雍)・弟(張子栄)と戦略がバラバラで潰し合いをしている。

このドラマ面白さ的には同じ包拯を描いた「七侠五義」と同レベルなんですよね。

複雑な権力闘争で凄く期待を抱かせるのですがどのエピソードも結末がグダグダでどれも竜頭蛇尾。
面白くなりそうでどの話も結末はすっきりしない。そんなストーリーの連続。

あと4話で終わりですが見終わった感想も「七侠五義」と同じになりそうです。

(追記16)
第50話まで見ました。
やっと陳世美の話が終わりました。

包拯は妻と甥を失い(はっきり描かれてませんがどうやら叔母と子供も死んだか?)、何のためにここまで頑張ってきたのかわからない感じに。
皇帝は板挟みばかりでこちらも気の毒ですが・・そもそも生母の太后がロクでなしです。

コピーはできません。