Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ads

鹿鼎記 ロイヤルトランプ

LINE@登録

(追記14)
第47話まで見ました。
残り3話ですがもう既に自分的には大大大傑作決定ですね。
中国だけじゃなくドラマだけじゃなく全てのジャンルのエンタメでこれほど楽しい作品は思い出せない位です。
特に男のロマンというか出世してお金もいっぱい嫁もいっぱいで言うことなしの人生で本当に羨ましい。

同じ金庸原作の「天龍八部」とは色んな点で真逆ですがどちらも傑作だと思います。天龍八部は群像劇でしたがこちらは韋小宝が常に中心なので演じたハン・ドンに掛かる負担は大きかったと思うのですが、見事に演じきってましたね。「宮廷の泪・山河の恋」のドルゴン役とかは簡単な役どころだったでしょうが、こちらはかなり難しかったと思います。

本作は原作が素晴らしいのも勿論、演出も良かったです。
本当の意味での美女というのは神龍教の教主の妻である蘇荃を演じたチャン・シンユーさん位かと思いますが、なかなか個性的でバラエティに富んだ女優さんを揃えてたのでビジュアル面でも楽しめました。

おっさんの太監連中も良かったですし、皇帝も意外と良かったです。

映像的にはグリーンバックの合成で辮髪の頭の禿げてる部分がウニウニするのが若干気になりましたが衣装とかは良かったですね。

久しぶりに最終回で寂しくなってしまう本当にいい作品です。

(追記13)
第45話まで見ました。
ここまで全方向に良い顔をして良いこと尽くめだった韋小宝ですがとうとう全てが皇帝にバレてしまいました。
せっかく苦労して築いた信頼信用も水の泡。反清復明の組織を全て捕まえろと厳命されます。
ずっと能天気なお気楽ドラマでしたがここにきてシリアスな展開になってきましたね。

(追記12)
第39話まで見ました。
ジア・チンさんはどのドラマでも一人二役をやってますね。
「天龍八部」では阿朱と阿紫を一人で演じてましたし、「聊斎志異」では普通の状態と妖怪に取り憑かれた狂気の女を演じ分けてました。今作では母親と娘を一人二役です。本当に器用な女優さんです。

さて韋小宝ですがせっかく苦労して集めた「四十二章経」に入っていた地図を天地会の総舵主の陳近南に自分から渡してしまいます。幸運にも総舵主は韋小宝に保管しておくように命令しますが。皇帝には神龍教討伐を命じられるし、あちこちに良い顔してきたツケがとうとう回ってきそうです。

(追記11)
第36話まで見ました。
これほど「痛快」という言葉が当てはまるドラマは見たことがありません。
逆に言えば主人公のやる事なす事全て上手くいくのでまるで日本のライトノベルみたいですが。

ついに集めていた「四十二章経」をコンプリートさせた韋小宝。
ところが呉三桂の謀叛の計画を知り、いかに敵陣から無事に帰京するか・・

ところで「天龍八部」ではチャン・モンちゃんより断然ジア・チンちゃんの方がカワイイと思ったのですが今作では逆ですね。
ジア・チンは鼻だけが残念です。

関連記事
スポンサーリンク
ads

シェアする

スポンサーリンク
ads