Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ads

「偶然」の統計学

LINE@登録
この記事は書かれてから1年以上が経過しています。
読む際にはご留意下さい。

出だしは自分が出演した作品の原作本を探そうとしてた俳優のエピソードから。
彼はロンドン中の本屋を回るがどこも売り切れ。
地下鉄の駅で電車を待ってると椅子にその本が捨て置いてあった。
彼は原作者に会った時にその話をするとなんと彼は友人に本を貸してそれを駅で忘れたという。

ありえない位の偶然。これをどう考えるべきか?
パリ市内を歩き回る人間が交通事故で死ぬ確率は100万分の1らしい。
そしてポーカーでロイヤルフラッシュが出る確率は65万分の1。こちらのほうが2倍強確率が高い。

多くの死者を出した飛行機事故に居合わせて奇跡的に助かった男性。
数年後同じように多数の死傷者を出した列車事故に乗り合わせたが助かった妻。

人はこういう事態に直面するとそこに偶然ではない何か?を感じ取る。
このような様々な奇跡的な出来事を確率論から「神の見えざる手」の可能性を排除していきます。

関連記事
スポンサーリンク
ads

シェアする

スポンサーリンク
ads