岳飛伝 -THE LAST HERO-

この記事は書かれてから1年以上が経過しています。
読む際にはご留意下さい。

 

中国のドラマの悪いところは初めは余裕かましてチンタラのんびり物語を進めて最後に駆け足で詰め込むところ。

これも最初がダルい。
そもそも岳飛役が文武両道のヒーローに思えない。
チャラいイケメンにしか見えない。

一応史実に沿った展開で宋と遼と金の関係がよく理解できる。
徽宗と欽宗及び宮廷の女性が皆拉致されてその後の境遇は悲惨の一言。
この後の秦檜の悲壮な体験を見れば国賊としちゃうのはちょっと可哀想な気もする。

だから中盤以降、この秦檜に注目してみればそれなり考えさせられる作品ではある。
残念なのは岳飛パートが全く面白くない事である。
それを除けば漢民族が異民族に蹂躙される様がまことに憐れで悲しみを誘う。

一番悪いのは高宗だな。