晩媚と影~紅きロマンス~

暗殺者としては完全にポンコツ。

身の上を洗いざらい話した晩媚を哀れんで自ら死んでくれた韓修。
凄く良い人やん。

今回のエピソードは悲哀を感じる話で良かったですね。
これなら見続けようかなと思いました。

人殺しをゲーム感覚にしてるところは観る人によっては不快に感じるでしょうね。
今の所良い人ばかりが暗殺対象になってるし。
もっともこれが根っからの悪人なら遠慮なく殺せてしまうから話としては全然面白くない訳で・・

とりあえず最低ランクの地殺からスタート。
上が天殺、絶殺だそうです。

(追記3)
第6話まで見ました。

前回の予想的中。
やはり寧王と晋王は兄弟でした。

必ずしも晋王自身が寧王に敵意むき出しという訳ではなく側近がけしかけてるような感じですかね。

弟の方が地位が上のようです。

目が見えないから生かしたということのようです。

寧王の視力は回復してるのですがそれがバレると命が危ない。
晋王は寧王の乳母を煮込んでそのスープを飲ませて盲目が偽りかどうか確認します。

本作は冒頭から一貫して残虐な描写が多いですね。

固定ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9

コピーはできません。