三国志 Secret of Three Kingdoms(三国機密之潜龍在淵)

このドラマが「三国志らしい」と思うのは主人公が特に定まってない所かもしれません。
ここまでのところは楊平・郭嘉・司馬懿・曹丕が中心ですが終盤は史実通りなら人数が減るはず・・

(第36話まで)

第36話まで見ました。

曹操が娘の曹節を皇后にしたがっていると・・

第1話が伏線となってとうとう楊平だとバレた。

この辺は史実通りに行くんでしょうね。

献帝はそもそも無能な皇帝で最後は曹丕に簒奪されてしまうのですが、本作でも双子とは言え色々と考えが甘すぎて同じ運命を辿るんでしょう。

(第32話まで)

第32話まで見ました。

今回色んな点を史実に合わせてきました。

楊修は曹植と仲良くなり・・

袁紹が死に息子達が見捨てて置いていった妻達は捕虜になり、袁煕の若奥さんは曹丕に与えられる事に。

司馬懿が去ります。本来司馬懿が献帝や曹丕と絡むのはもっと後のはずですしね。

(第31話まで)

第31話まで見ました。

なんだ、死なないのかよ!

ドラマ半分過ぎてやっと曹操登場。大昔の旧三国演義の頃のイメージに近い。

初めから貂蝉だと知ってたらしい。

固定ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

コピーはできません。