Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ads

曹操

LINE@登録
この記事は書かれてから1年以上が経過しています。
読む際にはご留意下さい。

曹操は三国志の中で一番好きな人物です。
なかなか記事を書かなかったのは史実と三国演義による創作の部分が入り乱れて激しく突っ込まれそうだったからです。

今回は史実かどうかはあまり気にせずに書きたいと思います。

冷徹な現実主義者

私が曹操の事を気に入ったのは「呂伯奢殺害」の一件からです。
董卓の元を逃れて(董卓暗殺未遂は演義の創作)、自分の首に賞金が掛けられてるにも関わらず匿ってくれた父の義兄弟である呂伯奢。

呂伯奢が酒を買い出しに行った後、休んでいた曹操は刀を研ぐ音と「縛って殺せ」という言葉を聞いて家人が懸賞の為に自分を殺そうとしていると思い込み皆殺しにします。ところがその後縛ってある豚を見つけて誤解だと気づいて逃走。その途中で酒を買って戻ってきた呂伯奢と遭遇。曹操は呂伯奢も殺してしまいます。

自分を助けてくれた恩人を殺すとはなんと冷血な恩知らずでしょうか。
普通の人ならそう思うでしょう。

でも私はここに曹操の冷徹な現実主義者の一面が垣間見えると思うのです。
もし曹操が呂伯奢に正直に誤解で家人を皆殺しにしたと告白したら許してもらえたでしょうか?
それとも何も言わずその場から逃げ出せば、家に帰って惨状を見た呂伯奢は通報して追っ手を寄越すでしょう。
このように先読みをすれば「誤解して家人を殺してしまった以上、主人も殺さざるを得ない」という結論に至るのは当然の事なのです。

曹操は大志を抱いてました。
その志を実現する為にはこの後も犠牲は付き物です。
だから自分がここで捕まる訳にはいかない。
そうだとすれば残念ながら情に溺れて呂伯奢を生きて家に帰す訳にはいかないのです。

歴史に名を残す人間は必ずどこか冷酷な一面があります。
曹操はこの時「我が人に背くとも、天下の人が我に背くことは許さない」と言ったとされます。
なんという傲慢、自分勝手な考えなんでしょう。
しかし、これ位の傲慢さがなければ天下など獲る事は出来ないのです。

曹操の現実主義的な残虐さは徐州大虐殺にも現れています。
ここでは陶謙に父である曹嵩を殺された報復の為としているが当然ながら本当の目的は徐州を手中に収める為です。

曹操は身内を殺された怒りで我を失って暴挙を犯すような愚かな人間ではありません。
その証拠に自分の長子である曹昂と甥の曹安民、猛将の典韋を殺した憎き相手である張繍と賈詡をその後、配下にしています。普通の感情を持っている人間ならば自分の息子や甥、部下を殺した相手など八つ裂きにしているでしょう。それを許して重用するとはなんという度量の広さでしょうか?賈詡は軍師として曹操の覇権確立に大きく貢献した。有能な人材であればたとえ仇であっても重用する。ここにも曹操の現実主義者としての凄さが確認できます。

人材こそ最も重要だと理解していた

関連記事
スポンサーリンク
ads

シェアする

スポンサーリンク
ads