三国志 Secret of Three Kingdoms(三国機密之潜龍在淵)

(第54話最終回まで)

第54話最終回まで見ました。
曹操が死んだ後はやっつけ仕事のように単に史実をなぞるだけの展開。

皇帝の座を曹丕に禅譲。

山陽公になった劉平は伏寿と再会。

文帝です。

予想通りの着地。

この二人に関してはラブ史劇風にハッピーエンドにしたかったみたいですね。

後の歴史に関してはテロップとナレーションで解説して終わり。

(第52話まで)

第52話まで見ました。

皇后は父親に連座して処刑・・

楊修と荀彧は死ぬことになりましたが全て司馬懿の謀。

司馬懿の意図を汲んで一芝居打ったと皇帝は言いますが、そこまで利口なら今日の事態を招いてないはずで・・

いかにも都合の良い台詞ですね、これ。
後世の結末が分かってるから言えるよう言葉で違和感。

史実に則り曹節が皇后に。

固定ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

コピーはできません。