三国志 Secret of Three Kingdoms(三国機密之潜龍在淵)

こういうのを観ると中国凄いと思います。

アメリカの作品でこういうシーンを見たら即座にVFXだと思うんですが中国の場合はリアルに人を使った方が安上がりでしょうしね。

楊平・司馬懿・曹丕の関係で言えば納得がいき難い箇所がいくつもあるのですが・・
曹丕と司馬懿はお互いに関して知っている事・相手に知られていると了解してる事・相手にバレているのに未だ気付いて無い事があり、その差異が今後の戦略に大きく影響するはずです。
この辺が本格ミステリーのようにちゃんとフェアプレイで守られていれば知的なドラマとしてもかなり評価できると思うのですが若干筋立てにミスやご都合主義もあるのでちょっと微妙なところではあります。

非常に大胆な独自設定を入れつつ要所は史実通りというアクロバティックなストーリーです。

司馬懿による曹家の子女皆殺しの企みは思い切った設定です。
そりゃ確かに後々にはそういう事になるんですけど、こんな早い段階でそういう思いを抱いて曹丕にこの後仕えれるのかと思いますよね。

えらい言われよう・・

はい、フラグが立ちました。

(第37話まで)

第37話まで見ました。

本作は三国志のIFストーリーで史実に齟齬がない範囲でフィクションを織り込んでいますが・・

この辺の組み立て方は非常に巧みだなと感心します。

作中の楊平(羲和)(劉平)(偽皇帝)(劉協の弟)にはいつもイライラさせらます。

おそらく皇后もイライラしてるので感情移入の対象が皇后になります。

だから見ていて楊平に同情できず酷い目に遭えばいいとすら思ってしまいます。

全く気づきませんでしたが曹操役の人は謝君豪さん。
「月に咲く花の如く」で沈四海役だった人です。
「名家の恋衣」ではヒロインの父親役。
眉毛と髭を変えるとこんなに別人になるんですね。

固定ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

コピーはできません。