琅邪榜(ろうやぼう)<弐> ~風雲来る長林軍~

もっとも林奚役の女優さんもとってつけたような表情でぎこちないですけど。

対照的に蒙浅雪役のトン・リーヤー(佟麗婭)は感情表現が上手ですね。

(追記10)
第23話まで見ました。
夜凌子と濮陽纓の秘密が明かされます。

蕭元啓の側にいた泰と済風堂の雲娘子が夜凌子だと判明。
雲は平旌を刺殺しようとしたところを平章の妻、蒙浅雪に取り押さえられます。

濮陽纓のこれまでの生い立ちもここで詳らかになりました。

ところで琅邪榜1は敵側がショボすぎるのが難と感じ、それに比して2は改善されてると思ってましたが物語中盤でもう悪役サイドの全貌がほぼ解明されてしまい、ちょっとこの後が心配です。

それと・・
濮陽纓役の人、どっかで見たことある顔だなと思って調べたら「少林問答」で主人公の恋敵だった高剣雄やってた人でした。
あのドラマではこの人だけある意味マトモだったんですよね。
真逆のキャラクターですが上手ですね、グオ・ジンフェイ(郭京飛)という俳優さんです。
この人の顔、「隋唐演義」で宇文成都役のチェン・ハオ(陳昊)や「三国志Three Kingdoms」で陸遜役、「射鵰英雄伝」で丘処機役だったシャオ・フォン(邵峰)と系統が似ています。
この手のあっさり塩顔のイケメンは好感が持てます。

(追記9)
第21話まで見ました。
疫病が蔓延して庶民がパニック状態になる描写は現在のコロナ禍と重なります。
でもこれ中国では2017-2018に放送された作品なんですよね。
しかもこの疫病は人為的に流布されたもの・・なんか色んな事を暗示してますね。


偶然とは言え若い人は死なないというところも新型コロナと共通しています。
これ今だったら放送許可下りなかったかもしれませんね。

濮陽纓はラスボスでもうちょっと終盤まで気づかれずに暗躍するのかと思ってましたけど流石にそういう訳にもいかなかったみたいです。
荀白水ももう少し1人で秘密を抱え込むのでは?と予想してましたが意外とあっさり濮陽纓が黒幕であることを簫平章に打ち明けましたので話の流れがスッキリしてきました。

(追記8)
第19話まで見ました。
簫平章の出生の秘密が明かされます。そしてそれは蕭元啓の父親との繋がりが・・

固定ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

コピーはできません。