【アメドラ大事典】1.24 -TWENTY FOUR-

この記事は書かれてから1年以上が経過しています。
読む際にはご留意下さい。

 

今回からお勧めのアメドラをバンバン紹介していきます。
子供の頃からアメリカのドラマが大好きでよく観てきました。

だから古い作品も紹介したいのですが・・・
現在DVDやブルーレイが入手可能もしくはケーブルテレビで頻繁に放送されているものに絞る事にします。

という事で今回からしばらくはアメドラ初心者向けの作品となります。
だから既にアメドラをよく見ている方にとっては「何を今更」と思われるかもしれません。

前置きはこれ位にして・・

第1回は「24 -TWENTY FOUR-」です。

アメリカの対テロリストの為の組織CTUを舞台に主人公のジャックバウアーがテロリストと奮闘する様を描いたドラマです。

シーズン1~8まで各24話ずつ続いて一旦終了。
2014年に復帰作「リブ・アナザー・デイ」が公開されましたがこちらは12話の構成となっております。
基本的には1話=1時間でリアルタイムに物語が進行していくというスタイルをとっています。

この24はとにかくハラハラドキドキの連続でジェットコースターのようなドラマです。

実際にテロが行われてバンバン人が死んでいきます。
犯人を追い詰めようとジャックバウアーをはじめとするCTUのメンバーが死闘を繰り広げますが・・

・CTU内にテロリストに協力する内通者がいる
・黒幕を確保したと思ったらその上にさらにボスキャラが。それを捕まえたらまたその上にラスボスが・・というなかなか安心できないストーリー展開。
・味方の数人は必ず死ぬ。

 

など色々とお約束事があるのです。

私はシーズン1~8まで全話観ましたがお勧めはS3とS5ですね。
でも過去のネタバレがあるので(そしてそれを知ってしまうと楽しみが半減する)やはりS1から順番に見ていくのが良いです。

このシーズン1はまだ色々と試行錯誤な部分もあり、ジャックバウアーの妻と娘が超ウザいというか間抜け過ぎてイライラするのですが我慢してなんとか最後まで見てください。
衝撃のラストが待ち受けております。

このシーズン1の前半がイライラするので脱落する人が結構いて勿体無いなあと思うのです。
これを乗り越えればシーズン2からは割とテンポよくダレる事なく楽しめると思います。

あまり書きすぎるとネタバレしそうなのでこの辺にしておきますがとにかくアメリカドラマブームの火付け役となった作品ですので未だ見たことない人はぜひご覧下さい。