晩媚と影~紅きロマンス~

ファンタジーラブ史劇が苦手

    自分の「ファンタジーラブ史劇嫌い」を決定づけた作品。
    ヤン・ミー(楊冪)自体は好きなので中盤から倍速にし、それでも耐えきれず流し見でなんとか最後まで見たが酷い。

    後から訳のわからぬ設定増やして、なおかつこんなに話数を増やす必然性がゼロ。
    とにかく酷い。お金を溝に捨てるとは正にこのこと。

    「招揺」

    辛うじて合格点を与えても良いなと思えたのはこれ位。
    でも矛盾だらけで設定もプロットも酷い。

    ただコメディ要素多めで気軽に見れるのと映像が綺麗、あと一人二役をする女優さんの演技力が秀逸で見どころ自体はあった。

    中盤は結構面白かったのに最後がメチャクチャで台無しにしてた。

    「晩媚と影~紅きロマンス~」

    固定ページ: 1 2 3

    テキストのコピーはできません。
    通知を有効にしますか? はい 結構です