Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ads

暴力の解剖学: 神経犯罪学への招待

LINE@登録
この記事は書かれてから1年以上が経過しています。
読む際にはご留意下さい。

この本を読んだ。

冒頭で著者がキャリアをスタートさせる切っ掛けがリチャード・ドーキンスの「利己的な遺伝子」だと述べている。

暴力が遺伝子に因るものだという論拠が数多く述べられていくが、そもそも何故暴力が未だに残ってるかというとそれはまさしく生存戦略に基づいた行為なのだ。

私は最近この話題を取り上げた。

これに関連した内容も同著では取り上げている。

継親からの虐待で殺される子供の数は実の親からの虐待で死亡する子供の数の100倍に上る。

そして「実の父親だと信じている」が実際は血縁関係がない男性が10%存在していて、どうやら虐待する親はこの中に多く含まれてるかもしれないということだ。

つまり薄々「この子は自分と似てない」と感じていてそれで暴力を振るうのかもしれない。

つがいで雛を育てる鳥はパートナーが死ねば雛を育てるのを放棄して次のパートナーを探す。

人間でも子供の虐待事件のほとんどは

シングルマザー X その彼氏

関連記事
スポンサーリンク
ads

シェアする

スポンサーリンク
ads