Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ads

画皮2

LINE@登録
さて今回がCGとVFXにワイヤーアクション満載でこの1話だけで随分制作費掛かってそうです。 話自体もこれまで別々に進行していたバイ・ビンの小唯パートとインアルの公主パートが合流。いきなり王生に思いを寄せる二人の女性という構図になりました。 (追記1) 第4話まで見ました。 このドラマはバイ・ビンの狐妖パートとルビー・リンそっくりインアルの公主パートを交互にやるのかと思ってたら更にもう一組追加で3次元放送みたいになってます。 それにしても美人がバイ・ビンしかいない・・・ *** 以前見た「聊斎志異」ではオムニバスの中の一つのエピソードだった「画皮」が単独でフルサイズのドラマになったものですね。 「隋唐演義」で気に入ったバイ・ビンが出てるので見てました。なんかこの頃はちょっと顔が違いますね。 今気が付きましたがBGMが「隋唐演義」と同じです。 違うと言えばハウィック・ラウも「宮廷の泪・山河の恋」とは雰囲気違いますがこれは単に髪型のせいでしょう。 公主役のインアルは顔も表情もルビー・リンにそっくり。調べたらこの作品ルビー・リンのプロデュースとのこと。自分に似た女性を起用するなんてルビー・リンらしい。 さてストーリー自体は狐の妖怪であるバイ・ビンさんが人間を愛して悪い人間を殺した罪で氷の世界に閉じ込められるという話とインアルとハウィック・ラウのパートが並行して進んでいきます。 この手のラブ史劇は于正さんのなら安心して見れるのですがルビー・リンがプロデュースとなると不安しか感じません。
関連記事
スポンサーリンク
ads

シェアする

スポンサーリンク
ads