セレクション




デス・プルーフ in グラインドハウス

YouTubeチャンネル&LINE@登録

この記事は書かれてから1年以上が経過しています。
読む際にはご留意下さい。

クエンティン・タランティーノ監督作品は
「パルプ・フィクション」
「キル・ビル Vol.1、Vol.2」
と今作しか観ていません。
だからファンという訳ではないです。

前半冗長だったので流し見してしまい女の子が入れ替わってるの気づかなかった・・
道理で最初可愛かったと思ったのに後半ブスばかりになってるのは違う人だったからですね。

スタントマンのおっさんが女の子3人が乗ってる車にぶつけまくる。
最初はやられっぱなしのガールズが反抗に転じておっさんをフルボッコにする。

文字にすると他愛もない話なんですがこのカーチェイスのシーンが迫力満点。
おっさんを追い詰めてボコボコに痛めつけるところがスカッとします。

タランティーノさんの芸風にも慣れてきましたが冒頭に挙げた2作品と比べると単純で全く頭を使わない気軽な映画と言えます。

AD
スポンサーリンク
ads
ads

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ads